« 神さま | トップページ | 『五行歌誌』5月号投稿歌 »

2009.05.06

日比谷公園

きょうは、ほとんど一日中雨だった。先日野菜の苗を植えたので、いいお湿りをもらってホッとしている。長いあいだ降ったので、かなり水が地面に浸み込んだと思う。

出光美術館
昼ごろ、水墨画展を見に日比谷の出光美術館に行った。となりの帝国劇場では森光子の「放浪記」が上演されていた。出光美術館は立派な美術館で、展示されている水墨画も、雪舟、阿弥派、狩野派、富岡鉄斎、尾形光琳、浦上玉堂、仙涯、俵屋宗達、長谷川等伯、北斎、などそうそうたる面々の作品ばかりだ。大胆な渇筆、たらしこみ、緻密な線画など、達人たちの意気込みを感じさせてもらった。南画の遠近法などにも味わいがあった。水墨画を鑑賞したあとは、皇居の見える展望室で休憩した。桜田門や富士見やぐら、お濠(ほり)、霞が関の官庁街などが小雨に煙っていた。

Hibiya021
左から、合同庁舎ビル、警視庁、皇居と桜田門

Hibiya02
内濠、中央右は帝国劇場

山野草展
ひさしぶりに日比谷に出てきたので、日比谷公園に足をのばした。雨も小降りになってきた。小さなレストランを借り切った結婚式が行われていた。また「山野草の展示会」も行われていて、珍しい植物を見ることができた。たちまち、小さな花たちの美しさに見とれてしまう。

Hibiya01
日比谷公園

Hibiya031
山野草展

Hibiya05

松本楼
小腹がすいたので、松本楼に寄って名物のカレーを食べた。ハイカラ・ビーフカレーはコクがあってクリーミーで、とても美味しかった。病みつきになりそうな味ね、と京子。760円とは良心的な値段である。公園の木々の葉が雨に濡れて、その色をいっそう濃くしていた。バラも咲き始めている。

Hibiya04

日比谷公園内の
松本楼は
創業なんと百六年
味にも雰囲気にも
風格が宿る

« 神さま | トップページ | 『五行歌誌』5月号投稿歌 »

コメント

大人の散歩コースを歩かれましたね。
味わい深いいい所を紹介して頂きました。創業106年とは
歴史有りますね。

投稿: 10月のマルコ | 2009.05.06 19:28

日比谷公園もいい季節を迎えましたね。
松本楼のカレー・・私もお気に入りです。
しばらく食していないので行ってみたくなりました。

投稿: あおむし店長 | 2009.05.07 15:13

★10月のマルコさん、
雨に濡れた新緑もまたいいものですね。
マイナスイオンをばっちり浴びた感じです。
毎年秋に10円カレーを出すので話題になる
お店です。昭和47年に放火されましたが、
その後再建されました。

★あおむし店長さん、
野外ステージではロックのリサイタルがある
そうで、雨の中を行列ができていました。
傘は使えませんよと言って、500円の合羽
を売っていました。(^-^)
あのカレーはいい味ですね、また食べたい。

投稿: ripple | 2009.05.07 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神さま | トップページ | 『五行歌誌』5月号投稿歌 »