« 雨に咲く花 | トップページ | キウリの花 »

2009.05.30

森光子に国民栄誉賞

けさの読売の編集手帳は、森光子さんに国民栄誉賞が贈られることについて触れていた。いい文章なので、全文を載せよう。

名前を聞くと、ある年齢が浮かんでくる、そういう人がいる。「昆虫記」のファーブルならば56歳――不朽の名著全10巻の執筆はその年に始まっている◆やなせたかしさん(90)ならば54歳――漫画家としてなかなか芽の出なかったやなせさんが、アンパンマンを世に送り出したのはその年である。「てのひらを太陽に」は仕事もろくになかった冬の夜、ランプの電球に手をかざしていて浮かんだ詩であると、以前に本紙で語っている◆森光子さん(89)ならば41歳――なかなか役に恵まれず、〈あいつよりうまいはずだがなぜ売れぬ〉と嘆きの句も詠んだ森さんが劇作家菊田一夫の目にとまり、初の主役「放浪記」で女優開眼を遂げたのはその年である◆暗い地中にひとりじっと根を張った人だけが、やがては太い幹を天に伸ばすことができるのだと、その人たちの人生が語っている。「放浪記」の初演からほぼ半世紀、公演通算2000回の金字塔を打ち立てた森さんに国民栄誉賞が贈られるという◆いまもどこかで、不遇の身に耐えつつ悔し涙を肥料にして、志の根を地中深く張っている人がいるだろう。幸あれ。

一回の公演でも大変なエネルギーを使うだろうに、それを2000回とは気が遠くなりそうな数字だ。しかも現在89歳というから頭が下がる。体調のすぐれないときもあるだろう。雑事もあるだろう。その集中力たるや、執念に近いものがあるのではないだろうか。多くの人々を楽しませ、励まし、どれほど徳を積んだことだろう。ただただ健康で長生きされるよう祈るばかりである。編集手帳のメインのところを五行歌風にしてみよう。

暗い地中に
ひとりじっと
根を張った人だけが
やがて太い幹を
天に伸ばす


« 雨に咲く花 | トップページ | キウリの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨に咲く花 | トップページ | キウリの花 »