« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.30

花、花、花

毎日
次から次へと
花が咲くので
追いかけるだけで
精いっぱい

everyday
so many different flowers
are coming out
I can hardly
catch up with them

| コメント (3)

作品76

No76
妻のフラワー・アレンジメント、作品76番、端午の節句
ショウブやユリが開くと豪華になる予定。

| コメント (2)

ニシキギの花

柿の木やニシキギのまわりの草取りをした。もしやと思って見上げると、ニシキギに小さな花がたくさん咲いていた。薄い黄緑色で、しかも小さいので遠くから見ただけでは花とは分からない。よく見ると、四弁のかわいい花びらを付けている。初めて見る花だ。

ニシキギはその名の通り、秋になると鮮やかに紅葉するので錦木という名前がついている。しかし、春の花はあまり知られていない。幹がほぼ四角形で皮がうろこのようになっていて、ぽろりと剥がれる。しかし、まあ、なんという可愛い花だろう。

Nisikigihana1

Nisikigihana2

秋の紅葉は
華麗だが
ニシキギの花が
こんなに可愛いとは
知らなかった

木の花は
総じて地味だが
その美しさの
虜になってしまう
こともある

| コメント (0)

ねぎ坊主

Negibouzu

浅葱色とは          浅葱色(あさぎいろ)
うすいネギの色
浅黄色でなく
すこし水色が
入っている

ま、
そんなことは
どうでもいいよ

葱坊主

Kinsenka

もう終わった
と思っていた
キンセンカ
また咲いて
得しちゃった
 

Sharinbai
車輪梅

Blueberry

寄り添って
ひそひそ話を
しているみたい
ブルーベリーの
小花たち

Barbena1
バーベナ

Barbena2
バーベナ

Karinmi

くれないの
花が終わると
花梨の
実がふくらむ
頬を赤らめて

Siransiro

真っ白な
シランも
わるくない
見ているだけで
心がやすらぐ

| コメント (0)

2009.04.29

つつじ寺2

きょうは国民の休日。国民の休日とはいっても、どれだけの人が休んでいるのだろう。他人が休んでいるときに稼がなければいけない仕事も多いだろうに。水曜日なので、うちは定休日と重なった。

午前中、宮前区の神木(しぼく)不動に行った。等覚院というお寺で「つつじ寺」とも呼ばれている。天台宗なので、深大寺と同じように「おびんずるさん」が鎮座していた。先週も行ったのだが、山門のあたりで躑躅の写真を撮るだけだった。きょうは、きちんと本堂に参拝をした。前回はまだ少し早いと思ったが、きょうは、階段の両側を飾っていた朱色のキリシマツツジが日焼けして、すでに色褪せ始めていた。オオムラサキや白躑躅など、遅咲きのツツジは今が盛りだ。

Siboku01

Siboku04

Siboku05

Siboku03

Siboku06

それから、たね屋さんに行って野菜の苗を買った。ナス、トマト、キュウリ、ピーマン、エビイモ、サトイモ。それに辛味大根、黒枝豆、モロヘイヤの種を買った。とうぜん、午後はそれらの苗を植えることになった。行楽にもいいだろうが、畑仕事にも最高の日和だった。

夕方、地域の寄り合いがあった。三峰講の集まりだ。毎年、代表が秩父の三峰神社にお参りし、その報告とねぎらいの会を持つことになっている。昔から、これを「おひまち」と呼んでいる。

| コメント (7)

2009.04.28

にほんブログ村

五行歌で検索してたら偶然、「にほんブログ村」に出た。そこのサブカテゴリーに「短詩・五行歌」というのがあり、それをヒットしたのだ。けっこう五行歌を書いている人がいるようだ。このブログ村に登録すると、人気ランキングにも入れるし、アクセス数が増えるというので、登録した。ブログのサイドメニューにバナーを貼ったり、pingを送ったりと、ややこしかったがなんとか手続きが完了した。

さて「短詩・五行歌」のカテゴリーの中に、「五行歌。まわり道」というブログがあった。人気ランキングの一位だ。なかなかいい歌が載っている。とくにこの歌が飛びぬけていい。思わず笑ってしまった。公開しているので、引用させていただこう。

気がつけば           ゆうゆう
寝間の灯りを
消すことに
何のためらいもなく
何のときめきもなく

思えば新婚時代は、寝室の電気を消すときには、ためらいもあったし、ときめきもあったものだ。それがどうだろう。いまはもう機械的に紐を引っ張って「おやすみなさい」なんて言って、電気を消している。色気もなにもありゃしない。へたをすると、家庭内別居なんてところもある。そういうところを、さらりと歌っているところが心憎い。

このブログには、福山五行歌会というのが発足したと書いてある。このあいだ、私たちの新百合ヶ丘五行歌会に来てくれた五行歌会副主宰もお祝いに駆けつけているようだ。五行歌が着実に広まっていることを知って嬉しくなった。

| コメント (3)

2009.04.27

シランの花

Siran
シランの花

見て、見て
今年も
シランの花が
こんなに綺麗に
咲いたよ

Hebiitigo
ヘビイチゴの花

ねえ
知ってた?
蛇いちごの
花びらって
ハート形なの

| コメント (2)

ベリーダンス

土曜日の「わくわくないとバザール」のときに、かわさきFMのパーソナリティーであるNISHIさんのベリーダンスを見た。素晴らしいからだの動きである。とにかく、からだの軟らかさに圧倒された。カメラの動画機能をつかって、初めて動画を撮ってみた。それをアップロードしてみる。

女性のからだは
信じられないほど
軟らかい
ベリーダンスを見て
圧倒された

| コメント (2)

2009.04.26

雨あがり

Sasatsuyu

雨あがりの朝
小笹の葉に
千粒万粒の
宝石が
煌めいている

Lira

天から
潤いを
いただいて
喜びを隠せない
リラの花

Kurume

小振りながら
精一杯
深い赤を
装う
久留米つつじ

Saya

美しい花を
かなぐり捨てて
つぎつぎ

実をむすぶ
エンドウマメ

| コメント (3)

2009.04.25

雨のバザール

雨天決行と書いてあったので、雨の中、登戸東通り商店街の「わくわくないとバザール」に行ってみた。寒いこともあって人出はさっぱりだった。こんなことは初めてだ。それでも、まずはチンドン屋さんが出迎えてくれた。「いまからベリーダンスが始まるよ」というので、そっちに行ってみた。

Wakuwaku01
景気づけのチンドン屋さん

HISHIさんという女性が、黄色の衣装で、ダンスと歌と語りを披露してくれた。FMかわさきのパーソナリティーをやっているそうで、声がとてもきれいだった。ベリーダンスは10年のベテランで、からだが驚くほど柔らかい。ウエストが細く、およそメタボとは無縁の人だ。手足や腰がなめらかなのは分かるが、肋骨で籠のようになった胸郭までがゴムまりのように動くのは驚異的だった。途中で観客もベリーダンスを教わったが、すぐ腕が重くなり、腰が疲れた。思うように体が動かない。

Wakuwaku05
フラッシュなし、こんなのもいいかな

Wakuwaku02
とにかく細い、よぶんな肉がない!

それから東屋米店に行って、バンドの演奏を聴いた。きょうは雨なので、店の中が舞台になっている。あつみさおりというストリート・ミュージシャンが店の中で弾き語りをやっていた。きゃしゃな体なのに声が伸びる。ギターの音も切れ味よかった。最後に出演者たちがみんなで「わくわくバザールの歌をうたって締めとなった。

Wakuwaku12
あつみさおり

Wakuwaku10
ラストソング

| コメント (2)

英語五行歌

きょうは本格的な雨。草木や野菜たちがさぞや喜んでいることだろう。

雨は
天のめぐみ
芽吹いた
草木が
歓喜している

五行歌のアメリカ版ホームページができた。abaoutに載っている草壁焔太先生の写真がいい。こぼれるような笑顔が五行歌のすばらしさを語りかけてくるようだ。このホームページができたことで、五行歌が海外に普及していくだろう。とくにアメリカは自由の国だから、英語でも五行歌のその自由さが受けるに違いない。

してやったり
えんた先生
満面の笑み
アメリカ版ホームページ
堂々の船出

国内でも五行歌の英語版BBSができた。そこにわたしもいくつか英語の五行歌を書いてみた。日本語で書いた五行歌を英訳するのではなく、ダイレクトに英語で五行歌を書くと、けっこう歌らしくなる。ニューヨークのエリザベスさんが英語をチェックしてくれるのがありがたい。いくつかわたしの歌を載せる。

Coming home
from shopping
my wife caught
a sakura flake
on the hair

買い物から
帰ってきた
妻の髪に
おみやげ一つ
桜の花びら

Did
shooting rockets
to the moon
make us
any happier now?

月面に
ロケットを
打ち込んで
人は
幸せになっただろうか

God tell us
way of life
all the time
only
we don't listen

天はいつも
生き方を
説いているのに
ひとは
耳を貸さない

The whole universe
is filled with
vibrations
You just tune in
to the right ones

宇宙は
波動で
満ちている
いい波動に
合わせよう

Live
in gratitude
Reckon
one is supported
by so many

感謝して
生きよう
たくさんの人に
支えられていることを
忘れないで

kids born to
international couples
used to be called "half"
but now "double"
both in name and reality

国際結婚で
生まれた子は
ハーフと呼ばれたが
いまじゃ名実ともに
ダブルだ

So easy
to find faults
with others
So difficult
the other way round


ひとの欠点は
目につくが
いいところは
なかなか
見えない

| コメント (4)

2009.04.24

きぬさや

サヤエンドウの
初ものが採れた
茹であげの緑が
口の中で
シャキッと鳴った

| コメント (2)

クレマチス

こちらは通勤途中で見つけたクレマチス(テッセン)です。とにかく、目をやれば新しい花が見つかり、うきうきの毎日です。

Tessen2
クレマチス

Tessen1

Tessen3
白いクレマチス

Tutuji9
かわしん前のピンクのつつじ

| コメント (6)

チェリーセージ

庭にいろんな花が咲いている。ハーブのチェリーセージ、ルッコラ、雑草の類に入るハハコグサ、ハルジオン(貧乏草)、綿毛など。シランやライラックも咲き始めた。春はほんとに一度に花が咲く。

Cherrysage
チェリーセージ

Rukora2
ルッコラ

Sirofuji
白藤

Hahakogusa
ハハコグサ

Harujion
ハルジオン

Watage
タンポポの綿毛

Kasiwabazera
もみじ葉ゼラニウム

| コメント (4)

2009.04.23

作品75

No75
妻のフラワー・アレンジメント、作品75。"Present Box"
バラ、アルストロメリア、マルバルスカス、エリンジウム、リュウココリウム、ブルースター、アイヴィー

| コメント (4)

ウワミズ桜

きのう、つつじ寺のあと東高根森林公園に行った。天気がいいのでここも人が多かった。小さい子どもたちが走り回ったり、ザリガニ釣りをしたりしているので、野鳥を見るのは絶望的である。それでも花でも撮ろうと思って散策した。新緑が美しい。しばらく行くと右手の山のほうに、白い木の花が見える。細いブラシのような形の不思議な花だ。

Uwamizuzakra2
新緑のあいだに白いブラシを立てたような花

帰り際に事務所に寄って、受付の女性にデジカメのモニターを見せて、「この花はなんという名前ですか」と聞いた。そうしたら「ウスズミザクラですね」と言う。「ウスズミザクラといえば岐阜の薄墨桜が有名ですが、あの桜とは関係ないのですか」と聞くと、「さあ、分かりません」。家に帰ってネットで調べると、この花は「ウワミズザクラ」ということが分かった。漢字で上溝桜と書くそうだ。

Uwamizuzakra
ウワミズザクラ(上溝桜)

名前の由来には諸説あるようだが、田邊盛光氏の解説がいちばん説得力がある。
http://www1.ocn.ne.jp/~funyu/yasou/uwamizuzakura.htm
ウワミズザクラは、古事記に出てくる有名なサクラです。当時の名前はハハカ(波々迦)でした。古事記には、天照大神が天の岩屋に閉じこもった時、八百万の神様達が集まって、占いをすることになり、その際に燃やした木がハハカであると書いてあります。以来、天皇の即位式などに、亀甲をハハカの炎で焼き、その亀裂によって占うことが行われていたとのことです。
 本種の名は、太古の卜法に由来します。卜法では、鹿の肩骨の裏に丁形の溝を掘り、これをハハカの炎にかざし、生じた割れ目で占います。その溝を裏溝またはト(うら)溝というので、そのことからハハカがウラミゾザクラと呼ばれ、その後ウラミゾザクラは、ウワミズザクラに変わりました。なお、サクラは、「咲く麗(うら)の略だとのこと。」

Uwamizuzakura1
なんか柔らかい毛糸の棒みたい

Uwamizuzakura3
およそサクラに似つかないが、よくみると個々の花はサクラっぽい。

Yamabousi
こちらはヤマボウシ

Fuji3_2
カワセミの池の藤

Higasitakane2

Amadokoro
アマドコロ

Ikarisou
イカリソウ

| コメント (2)

2009.04.22

つつじ寺

うちの菜園から収穫したサヤエンドウを食べた。初物だ。まだ小さいが、このころが柔らかくて甘くて美味しい。のらぼう菜も毎日のように食べている。きょうは定休日なので、庭の草取りをした。暑いので日陰を追いかけるようにして3時間ほどがんばった。きのう雨が降ったので、草がよく抜ける。ジャガイモの芽かきもやった。

Dum1
多摩川、下布田付近

Hakusekirei
ハクセキレイ

午後、多摩川に鳥を見に行った。ハクセキレイが草の種を食べていた。カワラヒワがピロロピロロと鳴いて飛んでいたが、写真は撮れなかった。河原には人がいて、これでは野鳥は来ない。それから東高根森林公園に向かった。途中、「つつじ寺」という看板が目に入ったので、寄り道をした。

Toukakuin01
つつじ寺(等覚院)

等覚院というお寺で、つつじ目当ての客がたくさん集まっていた。名前は聞いていたが、わたしはここに来るのが初めてだ。あざやかなツツジの朱色が目を射る。さすが、「つつじ寺」というだけのことはある。もうすこしで満開になるから、来週あたりもう一度行こう。

Tutujidera01_2

Tutujidera07

Tutujidera06

| コメント (6)

2009.04.21

鉄筋工事

Kouji
ビル工事の現場、一階の天井部分らしい。

となりのビル工事が進んでいる。今日は、鉄筋に型枠を組む仕事をしていたらしく、電動工具でネジを締める音がうるさかった。鉄筋を組んでその間に黄色いホースを通しているが、コンクリートの中に電線を通すためだろう。設計図を見ながら仕事を進めているが、けっこう専門的な知識が要求されるに違いない。肉体労働だけでなく、かなり頭脳労働もやらなければならないようだ。ときどきドッと笑い声が聞こえるのがいい。

| コメント (2)

2009.04.20

つぐみ啼く

ツグミはあまり鳴かないから、口を「つぐみ」という名前を付けられているが、最近よく鳴き声を聞く。ふだんは、たまにクェクェと二度鳴く。あまりいい声ではない。が、最近は三度も四度も続けて鳴くことが多いし、かなり頻繁に鳴き声を聞く。北へ帰るときが近づいたので仲間に合図でも送っているのだろうか。ふつう単独で行動するが、北へ帰るときは200から300の群れをつくって空を渡るそうだ。シベリアで繁殖するが、そのさえずりはえもいわれぬ美しさと聞く。

Tugumi07
ツグミ

Hiyo07
相変わらず喧しいヒヨドリ

Tukusi2
スギナのあいだから頭をもたげる土筆

| コメント (4)

卯の花

Unohana
卯の花(ウツギの花)

歌にあるように
卯の花は
垣根や地境に
植えられる
根が腐りにくいのだ

| コメント (2)

2009.04.19

横浜大道芸

午後、恒例の横浜の大道芸祭りに行った。野毛大通りの大道芸が始まりだが、観客が多くなったので、数年前から場所も日にちも分散して開催するようになった。みなとみらい、馬車道、伊勢崎町がこの週末で、野毛本通の大道芸祭りは来週に行われるという。インターネットで下調べをしておいたので、長谷川きよしが出演する馬車道の大道芸祭りに行った。アクロバット、ギター、ベリーダンス、パントマイム、ジャグリング、ジャズバンド、オペラ喜劇、腹話術、中国雑技団など、いろんなものを見ることができた。とくに、長谷川きよしの歌は澄んだ通る声で聞き惚れてしまった。馬車道は比較的見やすく、穴場ではないだろうか。お尻に敷くマットのようなものを用意するといい。

Daidogei01
くるくるシルク、シルクはフランス語でサーカスのこと。

Daidogei03
パントマイムと曲芸

Daidogei02
たらいが回る

Daidogei00

Daidogei051
長谷川きよしリサイタル 

Daidogei05
透明感のある歌が胸をゆさぶる

Daidogei06
サンキュー手塚のパントマイム、ロボット

Daidogei07
パントマイム・ソフトクリームが食べられるところ。

Daidogei09
沢田研二の振り、エマニュエル夫人も面白かった。

Daidogei04
長野文憲のクラシックギター、フラメンコも弾く 。 

Daidogei10
アルカマラーニのベリーダンス、からだがやわらかい。

Daidogei11
からだのしなり、うねりに見惚れてしまう。

Daidogei13
多少太った人の肉が揺れるところも見どころだそうだ。となりの人の話。

Daidogei131
エジプト、トルコ、イスラエルなどで盛んな踊りらしい。

Daidogei132
女性のからだは美しい

Daidogei14
刀を落とさないで腰がまわり、からだがうねる。

Daidogei15
デビッド・ラムゼイの一輪車曲乗りとジャグリング

Daidogei17
飛行機を回すとシャボン玉が飛び出した。

Daidogei20
みぎわの「アコーディオンとオペラでつづる道化芝居」。歌は本物!

Daidogei23
ウエストがきついので観客にジッパーをあげてもらう。

Daidogei21
観客も参加してのカルメン序曲

Daidogei24
左右のおじさんたちは風船を膨らませなかった。女はつよい。

Daidogei22
サービスに荒川静香の真似? ちょっと無理がある。

Daidogei25
中国雑技団、軟体少女

Daidogei26
すごいバランス感覚だ

Daidogei28
軟体少女の素顔

Daidogei27
上には上がいる、このまま一周するんだもの

| コメント (5)

2009.04.18

つつじ咲く

Tutuji

Tutuji2

Tutuji3

Tutuji4

満を持したように
躑躅が咲いた
街が
いっぺんに
明るくなった

Kodemari2
コデマリ

白くて
可憐な
コデマリたちも
街を
照らしている

| コメント (2)

2009.04.17

つみきのいえ

Tumikinoie知人のブログにURLが載っていたので第81回アカデミー賞短編アニメ賞を受賞した「つみきのいえ」を見た。もちどん動画である。なんと素朴で美しい作品だろう。こういうアニメをつくる若い日本人がいるなんて嬉しい。なんか心が温まる。監督は加藤久仁生。

つみきのいえ1
http://www.youtube.com/watch?v=IUy5o459uyY

つみきのいえ2
http://www.youtube.com/watch?v=b_Wrx8CUzh8

| コメント (2)

イチロー

満塁ホームランで
通算最多安打日本タイ記録
翌日の今日
すぐこれを更新
神がかりのイチロー

| コメント (2)

2009.04.16

ツバメの巣作り

昼休みに用事があって新百合ヶ丘に行ったら、駅のケンタッキーフライドチキンの前の壁にツバメが巣を作っていた。人のあたますれすれに飛んできては泥を塗っていく。一つの巣をつくるのに、いったい何千回運ぶのだろう。子供が生まれれば餌も運ばなければならない。田んぼも少ないだろうに。がんばってね、ツバメさん。

Tubame5

Tubame7_2

Tubame8

Tubame9

Tubame4_2  

| コメント (6)

作品74

No74
妻のフラワー・アレンジメント、作品74。”Asymmetric Triangular”

| コメント (4)

2009.04.15

しんゆり歌会

きょうは定休日。新百合ヶ丘さつき五行歌会があった。十回記念とわたしの新代表就任をかねて、五行歌副主宰の三好叙子先生や他の会の人々を招いて17人の歌会となった。京子は農協の会合があって欠席した。季節がら桜の歌が多かったが、それぞれ味があって甲乙つけがたいものばかりだった。前半はわたしが、後半は澤田さんが司会を担当した。上席の歌はつぎの三つ。

満開の夜桜は         橋詰光恵
妖気漂い
ゆららゆらと
誘うように
枝をゆする

太古の                       三好叙子
光のかけらか
ゆっくりと
らせん状に散る
深山の桜

黒潮を吸い上げて       澤田たかし
雲をつくり
降り積もった白雪が
一日百万トンの湧水となる
この壮大な輪廻

わたしの歌は、その次に選ばれた。いまは新芽の呼吸を肌で感じること、またそれゆえに景色の輪郭が滲むことを詠んだが、すこし説明っぽい感じがある。まだまだ推敲が足りない。

草木の新芽が          ripple
ハーッと
息を吹きかけるから
春の景色は
輪郭がおぼろ

Utakai
しんゆり歌会の出席者

| コメント (7)

2009.04.14

たんぽぽ

昼休みに、ビルの横でタンポポとその綿毛、オニタビラコを見つけた。開発地のタンポポはもちろんガクの垂れ下った西洋タンポポだが、群生しているときれいなものだ。オニタビラコもアスファルトの脇から生えたりして逞しい。そういえば、けさのニュースで、タケノコがアスファルトの道を突き破って出てきたといっていた。すごい力だ。

Tanpopo
セイヨウタンポポの花ざかり

Onitabirako
オニタビラコ

図書館に行ったが、多摩区役所の前のハナミズキも色づいている。色づいているといっても写真に撮ったのは白だけど、JAの通りでは赤いのも色づいている。ハナミズキは並木道になったりしているから、通勤が楽しくなる。区役所のお向いのお宅の八重桜も満開だった。おいしそうな色をしている。

Hanamizuki
ハナミズキの白

Yaezakura
八重桜

| コメント (3)

2009.04.13

ルッコラの花

Rukkora
ルッコラの花

ルッコラの花は
十字架みたい
その昔
修道院の庭に
咲いていたのかな

Endou
エンドウマメの花

いつ見ても
どう見ても
誰かの顔に
見えてくる
エンドウの花

Kijibato
キジバト(山鳩)

山鳩は
マイペース
落ち着きはらって
草の実を
啄ばんでいる 

| コメント (2)

2009.04.12

ひなげし

春の花が競って咲き始めた。かわしんの裏にはヒナゲシが咲き始めて、首を揺らしている。ハイデンスの駐車場の階段にはカロライナ・ジャスミンが咲き、近寄るといい香りがする。ツツジは赤い蕾を、藤は紫色の蕾を見せている。爆発寸前の春である。

Nagamihinageshi
ナガミヒナゲシ、長い実がつく。

Carolinajasmine1_2

Carolinajusmine2
カロライナ・ジャスミン、その名の通りいい香りが漂う。

| コメント (6)

オナガ4態

Onaga05

Onaga06

Onaga07

Onaga08

声は
わるいが
スタイルは
抜群の
オナガ

| コメント (2)

2009.04.11

なごり花

けさも暖かい。新川の一本入り橋のところで、名残りの桜の写真を撮った。左側に半分散ったソメイヨシノが、右側に枝垂れ桜が見える。川下から川上に向かって、カワセミがキーッと鳴きながら飛んで行った。新川でカワセミを見るのは珍しい。

Sinkawa5
朝の新川、まだソメイヨシノも残っている

帰りにまた新川沿いの道を通った。こんどはずっと川下で、芝桜のきれいなところを移した。芝桜のショッキングピンクとピュアホワイトとソメイヨシノを対比させて撮ろうとしたが、昼間風が強かったせいか、ソメイヨシノはあらかた散ってしまっていた。やはり、散り際の潔さが桜の魅力だとあらためて感じた。

Sinkawa6
日没近い新川、ソメイヨシノはほとんど散ってしまった。

Sinkawa7
午後5時過ぎだが 、日が伸びたものだ。(露出補正プラス1.0)

| コメント (3)

20年ぶりの正坐

ここ5年ほど、ほとんど毎週のように通ってくる女性がいる。現在、50代前半である。右の坐骨神経痛の治療が主だが、20年ほど前に左膝のじん帯を伸ばして正座ができない。左足首のねんざもある。長いあいだの痛みでからだも歪んでいた。

はり灸とカウンターストレインを使って根気よく治療をしてゆき、坐骨神経痛の痛みはだいぶ軽減し、膝もだんだん曲がるようになっていった。3年前には雪かきをして右ひじを痛めたり、その後も腰をひどく痛めてタクシーで出勤したときもあった。しかし、痛みや運動制限は徐々に軽くなっていった。

先週、左膝のぐあいを尋ねると、「おかげさまで正座ができるようになりました」という。「えっ、ぜんぜん座れなかったよねえ」と言うと、「そうです、二十何年ぶりかで座れるようになりました」と感慨深げに言う。疲労回復と右ふとももの後側の痛みを取ることに専念していたので、わたしは彼女の左膝のことはほとんど忘れかけていたのだ。二十年以上たって、曲がらなかった膝が曲がるようになり、ちゃんと正坐までできるようになった。これは患者の喜びであると同時に、わたしの大いなる喜びでもある。

| コメント (3)

2009.04.10

梨の花

ひさしぶりに自転車で通勤した。暖かく、風が気持ちいい。途中に梨園がたくさんあるが、どこも満開である。きっと農家の人は梨の花粉付けに忙しいことだろう。耳かきのぼんぼんの大きいやつを持って梨山に入っていくひとを見かけた。いまの陽射しは意外につよく、よく日に焼けることだろう。

Nasihana01
梨の花

Nasihana02
梨は桜と同じバラ科なので花が似ている。白く清楚だ。

新川沿いの桜も半分ほど散ってしまった。それが道路脇に吹きだまり、車が通るたびに舞い上がっていた。ソメイヨシノはきょう明日が見納めだろう。トキワマンサクの生垣があった。地味な花だが垣根にするときれいだ。

Chiru1
新川の桜、だいぶ散ってしまった

Tokiwamansaku
トキワマンサク  

| コメント (5)

2009.04.09

作品73

No73
妻のフラワー・アレンジメント、作品73。"Calla Arrangement"

| コメント (2)

寿福寺の桜

きのうはお釈迦様の誕生日、花祭りだった。儀式が終わったころになってしまったが、お寺に寄った。午後4時ごろだったろうか。ここの桜もみごとである。雪のように降る花びらを想像していたが、高い所にあった桜の木が切られていて、その絶景は見ることができなかった。それでも、お寺の緑と桜はよく似合う。

Otera01

Otera02

Otera04

Otera05
フルーツパークの桜坂

Otera06
同、見上げたところ

Hiru
お昼を食べた蕎麦屋の花吹雪

買い物から
帰ってきた
妻の髪に
おみやげ一つ
桜の花びら

Coming home
from shopping
my wife caught
a sakura flake
on the hair

| コメント (4)

2009.04.08

ホオジロ

定休日。PASSOで上川霊園にお墓参りに行く。八王子は少し寒いせいか、まだコブシやモモの花なども咲いていた。それから、ミツバツツジを植えている庭が多かった。上川霊園にもたくさ植えてあって、桜の花とあざやかなコントラストを見せていた。

上川霊園に行き
お墓の前で
千の風
を歌った
泣かなかった

Kamikawa1
ソメイヨシノとミツバツツジ

Kamikawa3
コブシ、ミツバツツジ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ

Aoji
アオジ♂

Kamikawa2
メジロ

Kogera301
コゲラ

Sirohara
シロハラ    

野鳥がいると思って望遠レンズを持っていったが、工事をしていたりして、はじめのうちはあまり見られなかった。しばらくすると、アオジ、メジロ、シロハラ、ツグミなどが見られ、最後にホウジロを観察することができた。ホオジロはつがいで来て、水浴びをしたりしていた。野生のホオジロを見たのは始めてである。ときどき桜が雪のように散っている。

Houjiro01
ホオジロ

Houjiro02
ホオジロ

Houjiro03
ホオジロ

Houjiro04
ホオジロの水浴び

Houjiro05
同上

きょうは花祭りでもあるので、帰りに寿福寺に寄っった。花御堂で仏陀の像に甘露の水をかけてお祝いし、甘茶をごちそうになった。ここの桜も風がくるたび花を散らしていた。

| コメント (0)

2009.04.07

花かんざし

Hanakanzasi_2

妻が
一目ぼれして
買ってきた
おしゃれな花
ハナカンザシ

| コメント (5)

2009.04.06

枡形山の桜

昼休みに生田緑地のなかにある枡形山に行った。北側の遊歩道から飯室山に登り、そこから枡形山に向かった。芽吹き始めたばかりの木々の新芽が美しい。風が吹くと、山桜の花びらが散る。枡形山の頂上広場は花見の人たちで賑やかだった。さっそく展望台に上り、目の前に広がる桜の花や、遠くの景色をながめた。暖かい穏やかな昼下がりである。枡形山の展望台は360度パノラマの風景が楽しめる。写真はいずれも展望台から写したものである。

Masugatadai001 Masugatadai003 Masugatadai004 Masugatadai005

Masugatadai006 Masugatadai007 Masugatadai008_2 Masugatadai009_2   

| コメント (3)

生田浄水場の風景

Jousuijodai生田浄水場の向こうの山が、うっすらと黄緑色がかってきた。木々の新芽が吹いて、いっそう強く春の訪れを感じる。こんな景色を見ていると、つくづくと平和のありがたさを思う。だが浄水場もテロ防止のために警戒が厳重だ。水に毒を入れるてはたまらない。

| コメント (0)

2009.04.05

二ケ領用水の桜

きょうは絶好の花見日和。宿河原の二ケ領用水沿いの桜の下で花見の宴を開いている人が多い。開花から二週間もたって間延びしてしまったが、やはり満開の桜は美しい。

Nikaryo1

Nikaryo3

Nikaryo2

Nikaryo5   

| コメント (5)

ライトアップは4月7日

調布市野川の桜ライトアップ開催日決定。

開催日  2009年 4月 7日(火曜日)
開催時間 18:00 ~ 21:00

くわしいことは→こちら

| コメント (0)

2009.04.04

人に優しい壁

ARBOS+クスノキ建築展に行ってきた。ARBOS建築事務所のこれまでの作品の写真と、化学物質アレルギーの人などに安全な壁材を提供しているクスノキ石灰との合同展示会である。場所は、小田急線、向ヶ丘遊園駅北口正面、アトラスタワー2F、アソシエCHACO。

期間は、あさって、4月6日まで。時間は10:00~20:00 (4/6は~17:00)。4月5日(日)17時より、池田勝利(クスノキ石灰㈱代表)氏の天然水硬性石灰の魅力についてのトークライブがある。家の建築を考慮中のかた、化学物質アレルギーや安全な家に関心のある方は、ぜひ参加するとよい。

Chaco1
展示会場入り口、ギャラリー「アソシエCHACO」

ChacodaiこちらがARBOS建築事務所がこれまで建ててきた作品の写真(部分)。JA長沢支店の建物など、独創的な建築物が目をひく。所長の余川さんは、のぼりとゆうえん隊の前隊長である。

展示会の趣旨は、案内ハガキのものを貼り付けよう。

このたび、4月1日~6日にかけまして、(有)アルボス一級建築士事務所とクスノキ石灰(株)の共催でARBOS&クスノキ建築展を開催する運びとなりました。つきましては、皆様に是非足をお運びいただきたく、ご案内差し上げる次第です。(中略)

クスノキ石灰は横浜国立大学の大学発ベンチャー企業で、究極の天然素材、水硬性石灰の研究とその応用技術を開発しています。横浜で現在施工中の物件で、内外装に使用している事例をご覧いただきたいと思います。区画整理事業で刻々と変りゆく我がまち登戸が、住む人、訪れる人にとって楽しい場所になるようにと願い、地元活性化のため微力ながら勤めていきたいとの所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

Chaco2
壁材のはたらきの解説

Chaco3
壁材の見本

お問合せ 
有限会社アルポス 余川辰哉
川崎市多摩区登戸1655-5 〔044-933-1590〕
ホームページ:http://www.arbos.jp/

| コメント (0)

つくし

Tukusi

スギナは
畑の敵だが
春先の
ツクシは
憎めない

| コメント (4)

2009.04.03

作品72

No72
妻のフラワー・アレンジメント、作品72番。"Natural Arrange"

| コメント (4)

新芽たち

木の芽が吹き始めたので、マクロレンズをつけて写真を撮った。この時期は、植物の動きを目で見ることができる、といってもいいぐらい、その変化が分かる。いのちの活動をじかに見ることができるのだ。野菜の花たちもまた愛らしい。

Kakime
柿の新芽

Sanshonome
山椒の新芽

Umenome
梅の新芽

Hakusai
白菜の花

Daikonnohana
三浦大根の花

Kyounanohana
京菜の花
    

| コメント (2)

2009.04.02

森林公園の花

きのう東高根森林公園で撮った花の写真を載せよう。まだ種類はそれほど多くはないが、初めて見る花もあった。アミガサユリなんて、おもしろい花だ。

Higashi103
サクラの花、手前はベニカナメモチ。

Higashi101
ヤマブキ

Higashi105
シャガ

Higashi128
ムラサキケマン

Higashi125
アミガサユリ

Higashi127
イカリソウ

Higashi126
キクザキイチゲ

Higashi106
ハナダイコン

Higashi129
トサミズキ

| コメント (4)

2009.04.01

森林公園のカワセミ

空模様がはっきりしないが、午後、東高根森林公園に行った。桜はやはりまだ二分咲きぐらいだった。枝垂れ桜は遅咲きらしく、ほとんど咲いていない。山桜のように葉といっしょに花が咲いている桜もあり、それはほぼ満開だった。ルリビタキやエナガを狙っているカメラマンがいたが、「いつくるか分からないよ」と言っていた。

Higashi108
サクラの花はまだだが、木の芽が吹き始めた。

Higashi111
早咲きの山桜だろうか、ほぼ満開。

Higashi104
ハナダイコン、シャガなどが咲いた道。

池のほうには何人かカメラマンがいる。近づくとカワセミがいた。ここのカワセミは人馴れしているせいか、かなり近くで写真を撮っても逃げない。ホバリングは見せてくれなかったが、何度か池にダイビングして小エビなどを捕ってくれた。曇り空で光が足らなかったが、十分たのしめた。帰る頃には雨がポツポツ降ってきた。

Higashi107
池の枝垂れ桜はほとんど咲いていない。

Higashi112
カワセミ♂、かなり近くで撮っても逃げない。

Higashi115
カワセミ、同。

Higashi120
獲物を狙っている。

Higashi118
首尾よく、川エビをゲット。

Higashi124
カワセミ♀、くちばしの下側がオレンジ色。  

| コメント (5)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »