« キセキレイ | トップページ | 森林公園のカワセミ »

2009.03.31

上弦の月

Jogentuki
きのうの月

きのうの月は、やや太めの三日月だった。わたしが「にこにこマークの口みたいだね」と言うと、京子が「下弦の月ね」という。わたしは、「うん」と言ったが自信がなかった。月の下側が光っているから下弦でいいのだろう、とも思った。

ところが今日ある人のブログを見たら、これを「上弦の月」と書いてあった。また、こういうのを「受け月」といって、願い事をするとこの月の器に入って願いが叶うというらしい。それで、インターネットでいろいろ調べてみた。

結論からいうと、この月が西の空に見えたなら、これは上弦の月といえる。さかさまだったら下弦の月というわけだ。ただし、東の空に見えたなら反対になる、ということだそうだ。

Moon2 右半分が見える

Moon3  左半分が見える

もう少し乱暴にいうと、日本では月は南側に出るから、月の右側が見えたら上弦の月、月の左側が見えたら下弦の月と思ってよろしい、ということだ。月と地球の相対的な位置関係で決まるのだから、ちょっとややこしい。

もう1つヒントがある。上弦の月はだいたい午後から深夜にかけて出るが、下弦の月は夜中に出て昼に沈む。だから、われわれが見る月のほとんどは上弦の月といっていいのである。たしかに、朝見る残月などは月の左側が見えていたような気がする。

Mphase

上弦とか下弦とかいうと、すぐ、月の上が欠けているとか下が欠けているとか言いたくなるが、上弦の月とは上旬に出る月、下弦の月とは下旬に出る月という意味らしい。正確には一か月の前半、すなわち新月から満月(十五夜)に出る月が上弦の月で、満月から次の新月までに出る月が下弦の月なのである。昔はこの月を基準に暦をつくっていたので、たとえば、三月三日はかならず三日月が出て、十五日には満月になったということだ。一か月は約29日あまりだった。

弦というのは弓の糸の部分をいう。弓の弧の部分を左手で持って、右手で矢をつがえて弦(つる)を引いて弓を張るである。弓全体が月に似ているということから弦と呼んだらしい。

20070324_3受け月
ゆうべのような上弦の月で、細いのを「受け月」と呼ぶことがあるそうだ。 直木賞作家、伊集院静の書いた『受け月』の中に出てくる話で、「受け月に祈ると皿に水が溜まるように願いが叶う」というのがあるそうだ。こんど試してみることにしよう。


« キセキレイ | トップページ | 森林公園のカワセミ »

コメント

なろほど・・・
右に見えたら上弦なんですね!!

そして 月を見たら「今夜は上弦の月だね」」といえば間違いが少ないというわけですね^^

投稿: 井中 平 | 2009.03.31 20:47

こんばんわ~

東に出ると・・・
知りませんでした~
知らない事って沢山ありますねぇ。
深く調べると面白いし、楽しいですね。

投稿: namiko | 2009.03.31 20:48

好奇心に脱帽です。
本当に詳しく調べられたのですね。お疲れ様です。一つ博学になりました。

投稿: 10月のマルコ | 2009.04.01 17:50

★井中 平さん、
そうですね。見えるのは大体上弦の月でしょう。
地球の自転と月の公転の関係でそうなるそうです。

★namikoさん、
お写真お借りしました。ありがとうございます。
まだ少し頭がこんがらかってますが、だいたい
わかってきました、(^-^)

★10月のマルコさん、
わたしはなんとなく、下側が光っていれば下弦、
上側が光っていれば上弦かななんて思っていました。
旧暦の2日から14日ぐらいまでが上弦、16日から
29日ぐらいまでが下弦なんですね。月の形ではなく、
時間の変化を言うのですね。疲れました。(^-^)

投稿: ripple | 2009.04.01 21:24

こちらにも以下のお歌、投稿しておきます。(足跡です・笑)
『挨拶通り』でも今後ともよろしくお願いします。

光りの加減で
二日月が
立体的な丸みを帯びて
影さえも
浮き彫りにされている


投稿: 京 華 | 2009.04.16 14:06

★京華さん、
ご訪問ありがとうございます。こちらこそ、よろしく。
月をよく見えると、かけている部分まで見えてきますね。
いい視力と、想像力があれば本当に見えますね。(^-^)
お歌ありがとうございます。同じような歌を詠んだ
ことがありますが、どうも思い出せません。

投稿: ripple | 2009.04.16 16:35

rippleさん、こんばんは。

「弦月」を検索中に
偶然「きょうの発見」を発見しまして
こんな時間にお邪魔します(^^;

正中の時間ですとか
沈むときに上下どちらに弦があるかとか
(こちらのほうがわかりやすいかも)
上弦・下弦の区別の仕方はいろいろですね。
改めて図解で勉強させていただきました^^

乙夜の空に浮かぶ
揺籃
いま
ここで
泣いてもいいか

先日の上弦を詠んだものでした。
失礼しましたm(__)m

投稿: ゆき | 2009.05.06 01:49

★ゆきさん、
コメントありがとうございます。
夜見られる月はほとんど上弦ですから、上弦の月
といっておけばほぼ正解でしょう。(^-^)

月があなたを
悲しくさせるのは
その月を見たころの
悲しい出来事を
思い出すから

そろそろ満月ですね。

投稿: ripple | 2009.05.06 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キセキレイ | トップページ | 森林公園のカワセミ »