« 「編集手帳」に五行歌が | トップページ | 生田緑地の春 »

2009.03.11

百舌鳥

日曜菜園ならぬ休日菜園ということで、きょうはジャガイモの種を植えた。矢野口の「くろがね屋」に行って、キタアカリを3kg、それに牛糞堆肥を5袋買った。風が強く、けっして暖かくはなかったが、からだを動かすとすぐに汗ばんできた。

一休みしていると、柿の木に変わった鳥が飛んで来た。遠いのでシルエットしか見えないが、尻尾をゆっくり回し始めたのでモズだと分かった。すぐに望遠レンズを向けて、シャッターを押した。黒い眼帯がはっきり見えるからオスだ。じつに格好がいい。しばらく柿の木で休んでから、勇壮に飛び去った。

Mozu301

Mozu302 

少したってから、スズメたちがチチチチチチと強い警戒音を発したので、また鵙が来たなと思い、周囲を見回した。すると驚いたことに、電柱の天辺で鵙自身がチチチチチチと鳴いているではないか。スズメの警戒音を真似しているのだ。鵙はいろんな鳥の鳴き声を真似る。ふつうは、キーッと甲高い声を出すが、ヒヨドリの鳴き真似をするのを聞いたことがある。人に聞くと、本当にいろんな鳴き方をするそうだ。だから、モズの漢字は鵙と書くけれど、百舌という当て字のほうが親しみを覚える。

« 「編集手帳」に五行歌が | トップページ | 生田緑地の春 »

コメント

百舌は読めますが、鵙は?でした。文脈から分かりましたが。本当におしゃれな鳥ですね。なんて素敵なデザイン!

完璧な健康管理ですね。いい加減で怠け者の私は、あれこれやっても、すぐ挫折・・・玄米食は取り入れたいのですが、夫が白米しか食べてくれなくて。発芽玄米を少し混ぜただけで、文句を言うので困ります。肉や魚もあまり召し上がらないのですね。それにしても、サンマはきれいな食べ方ですね!さんまも本望でしょう。

トルコは行ったことがありますが、そんなに寛容な国だとは知りませんでした。イスラム寺院がたくさんあるので、イスラム一色かと。でも、対日感情はいいらしいですね。昔、トルコの難破船を日本の漁民たちが助けたのを未だに感謝してくれているとか聞きました。チャナッカレで夜の海岸を、老若男女が穏やかにそぞろ歩いていたのが印象的でした。

投稿: めろん | 2009.03.11 22:46

★めろんさん、
かっこいいでしょう。精悍でしょう。
時にはスズメも食べちゃうんですよ。

玄米はそれ自体に味があって、あまり
おかずが要りません。圧力鍋で炊くから
硬くもないし、美味しいのにね、残念。

トルコは日本びいきの人が多いですね。
何人かのトルコ人を知っていますが、
みな礼儀正しく、好人物です。
中国史で習う突厥はトルコ族のことだ
そうです。知ってました?(^-^)

投稿: ripple | 2009.03.12 14:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「編集手帳」に五行歌が | トップページ | 生田緑地の春 »