« 2月号投稿歌 | トップページ | いい人 »

2009.02.07

植物の生命力

Onion02保存しておいた玉葱から芽が出てきた。このままでは実がふにゃふにゃになって食べられなくなる。芽を成長させて、うどんかなんかに入れて食べよう。そう思って、薄茶色の外皮を剥いで、水栽培よろしくコップに入れてみた。

これで一週間ぐらいになるが、コップに差してからは芽が勢いよく伸び始めた。もう根がコップいっぱいに張り出している。成長のための栄養は玉葱の玉の部分に隠れているのだろう。

植物のDNAはすごいもんだな。ほとんどの動物は食べ物がなくなればすぐ死んでしまうが、植物は長いこと生きる。大賀博士が花を咲かせた蓮のタネなどは、縄文時代のものだ。数千年を超えても生き返るところがすごい。

動物は別の動物に食われれば、それでおしまい。ところが植物はしたたかで、動物に食われたって、その糞に種を残し、子孫を保ってゆく。動物はせいぜい百年だが、植物は何千年と生きるやつがいる。


« 2月号投稿歌 | トップページ | いい人 »

コメント

私もこの頃、その手の本を読んだりしましたが、
植物の生命力に驚いています。
最近はすごいヤドリギを見つけて感心しました(^.^)

投稿: ミモザ」 | 2009.02.07 17:37

★ミモザさん、
はじめは、薄茶色の皮と緑色の芽を見て
絵を描こうと思ったのですが、皮が汚れて
いたので、剥いて、コップに差したのです。
そうしたら、ぐんぐん伸びて驚きました。

投稿: ripple | 2009.02.07 21:38

本当に植物って凄いですね。以前、母が、芽が出てしまったさつま芋を水栽培?したり、人参の葉を伸ばしたりして面白がっていました。冷蔵庫の中でも芽が出ますものね。

大賀ハス、見に行ったことあります。あのちょっと猛々しいような美しさの花が縄文時代に咲いていたなんて、想像するとすごいです。

投稿: めろん | 2009.02.08 00:19

植物のお蔭で動物、我々も生きているのですね。食肉を1キロ得るのに、その数倍の植物が必要と聞きました。菜食が良いのでしょうね。たまねぎの芽から、雨後の筍思いだしました。芽はエネルギーの迸る様子そのものですね。

投稿: 10月のマルコ | 2009.02.08 08:42

芽が出てしまったたまねぎは
実はあきらめて芽を育てて正解です!
美味しいですよ。
私もよく芽を育てるので(笑)

投稿: あおむし店長 | 2009.02.08 12:30

★めろんさん、
あと、屋久島の縄文杉なんていうのもありますね。
気の遠くなるような長い歴史を見ているのですね。
町田の薬師池公園の大賀ハスは何度も見ています。

★10月のマルコさん、
人間が肉食をしたら明らかに食糧難がやってくる
でしょう。でも、菜食をすれば救われそうですね。
肉食をすると攻撃的になり、菜食をすると平和的
になるとも言われています。

★あおむし店長さん、
けさ、べつの玉葱の芽を味噌汁に入れて食べました。
いろんな応用が効きそうですね。新鮮で、うまい。
成長していく姿を見るのが楽しいし、そのエネルギー
をいただくのも悪くありません。

投稿: ripple | 2009.02.08 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月号投稿歌 | トップページ | いい人 »