« カメラの掃除 | トップページ | せたがや梅まつり »

2009.02.15

ローズマリー

Rosemary

かわしんの裏のほうに、薄いブルーのローズマリーが咲いている。丈夫な花で、ほとんど一年中咲いている。ローズマリーは地中海沿岸原産の常緑性低木樹。シソ科で、生葉もしくは乾燥葉を香辛料として用いる。また精油は薬にも用いられ、花も食べられる。

学名 Rosmarinus は「海のしずく」を意味する。や貞節の象徴とされる。花の色は、色のものがほとんどだが、白やピンクのものもある。マメ科の花のような小花が散りばめられたように咲き、なるほど「海のしずく」のように見える。ちかくに「ロズマリーノ」というイタリア料理店があるが、その店先にもローズマリーが咲いている。ロズマリーのはローズマリーのイタリア語である。

青い
波のしぶきが
魔法をかけられて
そのまま
花になった


« カメラの掃除 | トップページ | せたがや梅まつり »

コメント

うちのベランダにもローズマリーありますよ。本当に丈夫で、良く咲きますね。肉料理に使うらしいですが、未だ使っていません。
「海のしずく」って、いいですね。

五行歌、時々作ってみています。考えすぎると、ダメみたいですね。

投稿: めろん | 2009.02.15 17:43

ローズマリー良い香りですね。以前プランターで育てていましたが、移転で枯れてしまいました。松の香りに似ていますね。

投稿: 10月のマルコ | 2009.02.15 19:01

★めろんさん、
ロズマリーノのほうが耳に心地よいですね。
サイモンとガーファンクルのスカボロフェアに
出てきたので覚えました。
そう、五行歌は気軽につくりましょう。(^-^)

★10月のマルコさん、
ハーブも種類が多いですね。
ハーブは英語ではアーブですね。
通訳で間違えたことがあります。(^-^)

投稿: ripple | 2009.02.15 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カメラの掃除 | トップページ | せたがや梅まつり »