« マンマ・ミーア | トップページ | 作品66 »

2009.02.11

第六天神祭

今日は建国記念日、曇り。この日は第六天神様の感謝祭をおこなう日と決めている。2、3日前から準備をしてきたが、当日なので忙しい。お供え物をそろえたり、客間の掃除をしたり、着物に着替えたり。京子はお赤飯を炊いたり、宴席の準備をしたりで大変だ。やがて、だんだん客が集まり、11時から式典を行った。

Dairoku01

Dairoku02

京子が祓詞(はらいことば)を述べ、わたしが大榊でお祓いをし、そして感謝祭の祝詞(のりと)を読み上げた。その後、参加者全員で玉串を奉納し、お神酒で乾杯をした。きょうは「のぼりとゆうえん隊」の武元さんにお祝いの太鼓を奉納してもらった。強い太鼓の響きで邪気が払われたようで、清々しい気分になった。境内の枝垂れ梅、満面の笑みである。

Dairoku04

Dairoku03 

その後、直会(なおらい)の席で、飲んだり食べたり話したり、和気藹々の時間を過ごした。参加者の顔ぶれは毎回少しずつ変わるが、それぞれ近況報告などをして楽しく過ごした。私はみんなに五行歌の宣伝をし、五行歌誌のバックナンバーを一冊ずつ持っていってもらった。おみやげは、いつもの通り、足利の「古印最中」である。

ひと
それぞれの
今がある
喜びがあり
悲しみがある

« マンマ・ミーア | トップページ | 作品66 »

コメント

梅と天神様の社の対比が良いですね。両脇は狛犬ですね。まだ改装して新しいのでしょう。輝いてみえます。お供えの魚は直ぐに料理されるのですね。美味しそうに見えます。

投稿: 10月のマルコ | 2009.02.12 08:42

★10月のマルコさん、
カメラマンがよく動いていいアングルで
写真を撮ってくれました。曇りだけど
穏やかな日でした。
 魚は魚屋さんに刺身にしてもらいました。
ブリは半身を切り身にしてお土産にしました。
新しく見えますが、もう35年ぐらいたちます。

投稿: ripple | 2009.02.12 09:46

第六天神社の祭神は難しいお名前で読めませんでした。
一般でいう天神様と同じなのでしょうか。
とても厳かな感じが出ていて素晴らしいですね。
rippleさんの着物姿が素敵ですよ。
京子さんもお疲れ様でしたね。
奉納された太鼓が聞きたかったです。

投稿: ミモザ | 2009.02.12 19:29

★ミモザさん、
いつも嬉しいレスをありがとうございます。
第六天の説明は難しいので広辞苑かなんかで
引いて調べてみてください。それでも難しいけど。

式典をすると、心がとても気持ちよくなります。
太鼓は意外に大きい音が出て、いい邪気払いに
なりましたよ。しゃきっとしました。(^-^)

投稿: ripple | 2009.02.12 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンマ・ミーア | トップページ | 作品66 »