« ビスタ、どうした! | トップページ | 作品62 »

2009.01.14

セザンヌ主義

横浜美術館
横浜美術館
で「セザンヌ主義」という美術展をやっているので、行って来た。東横線の「元町・中華街行」に乗って「みなとみらい」駅で降りれば、横浜美術館はすぐだ。今月25日までの開催とあって、平日なのに人が多かった。ここに入るのは初めてだが、立派な美術館ができたものだ。

Sezannu001_2

セザンヌは「フランスの画家で、後期印象派の巨匠。印象主義によって失われた固有色や堅牢な画面構成を取り戻し、画面内の形や色の造型的価値を探求」したという。フォーヴィズムやキュービズムの先駆となり、ゴーギャン、ゴッホ、マチス、ピカソ、ブラック、などに強い影響をあたえ、「近代絵画の父」と呼ばれている。日本人の画家も、岸田劉生や安岡曽太郎などがその流れに位置づけられる。

Sezannu003

光を意識した印象派的な絵に、重厚な力強いタッチが加わり、存在感のある絵に仕上がっていた。印象派から出て印象派よりも強烈な絵を描いたセザンヌの絵は、たしかに「セザンヌ主義」と呼んでもいいかもしれない。セザンヌイズムというわけだ。しかし、その影響を受けた人たちの絵をまとめて「セザンヌ主義」とはどうだろうか。ちょっと違和感を感じた。

Sezannu006

自然食バイキング
お昼はランドマーク・プラザの5階にある「餉餉KEKE」という自然食中心のバイキングのお店に入った。白米、ひじきご飯、黒米、お粥などを始め、和風、中華風、韓国風、イタリアンなどのおかずが並び、サラダやデザート、飲み物もたくさんの種類があった。どれも有機野菜をメインにしているところが立派だ。しかし、やはり目が欲しがって、ついつい腹いっぱい食べてしまった。

Landmark002

野毛山動物園
それから、腹ごなしに「のげやま動物園」に行った。ここは市営で、入場無料という庶民に優しい動物園だ。それでも、いろんな動物がいて充分すぎるほど楽しめた。

« ビスタ、どうした! | トップページ | 作品62 »

コメント

有意義な休みを過されているのですね。
セザンヌ良いですね、絵画も歌と思います。観る人で変わりますね。自然食レストラン増えました。私がダニエルとサンタモニカの自然医療センターに居る時は、よく自然食レストラン行きました。陰性の物多かったようです。

投稿: 10月のマルコ | 2009.01.15 11:20

★10月のマルコさん、
横浜美術館はすばらしいですね。「セザンヌ主義」展では、セザンヌをはじめ、ピカソ、ゴッホ、ドラクロアなどの絵を展示してありました。日本人の絵もありましたよ。どちらかというと、水彩や墨絵が好きですが、パワーのある油彩もいいですね。

自然食ブッフェはつい食べ過ぎてしまいました。野毛山動物園は穴場ですよ。けっこう楽しめます。

投稿: ripple | 2009.01.15 13:12

わぁ、行かれたのですね。私も、20日に行く予定です。友人たちを誘って、セザンヌを見たあと、中華街で新年会を、と思っているのですが、自然食もいいですね。どうしようかな。
セザンヌは大好きな画家のひとりなんです。すごく楽しみです。横浜美術館も初めてなのですが、よさそうですね。

投稿: めろん | 2009.01.15 21:29

★めろんさん、
セザンヌ展は本当によかったと思います。
セザンヌばかりでなく、その影響下にある画家たちの
作品が並べられていて、近代絵画の父たる所以が分かり
ました。美術館もきれいです。ベンチも多いですよ。

横浜は見るところがいっぱいあって楽しいですね。
ランドマークタワーの展望台も一見の価値があるけれど
千円はちょっと高いかな。赤レンガあたりも面白い。
遊覧船に乗るのもいいし、大観覧車に乗るのもオツ。
中華街でお粥を食べたり、コース料理を食べるのも
おしゃれ。元町でキタムラバッグを買うもよし。(^-^)

投稿: ripple | 2009.01.16 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビスタ、どうした! | トップページ | 作品62 »