« 日脚のび | トップページ | 土渕不動の護摩 »

2009.01.27

ロウバイ

Roubai
蠟梅(ロウバイ)

昼休みに春を探しに散歩に出かけた。マンサクの花にでも出会えるかなと思っていたら、ロウバイらしき花を見つけた。ふつう、ロウバイは花びらがもっと丸く梅の花のように見えるが、こちらは花びらが細くて八重咲きの感じである。かといって、マンサクのように細く長い花びらではない。ネットで調べると、やはり、ロウバイの一種らしい。昼なので、あるいは風向きの加減か、あまり香りがしてこない。まだ咲き初めだからだろうか。

Cocktail
薔薇(カクテル)

このバラは強い。秋からずっと咲いている。きれいな色相なのでよく見かけるが、ここのお宅のは日当たりがいいせいか、冬じゅう咲いている。白壁に紅色が映える。

Higanba
彼岸葉(曼殊沙華の葉)

登戸の長念寺の塀に沿って枳殻(からたち)が植えられ、その根元に細い緑色の葉が茂っている。これは彼岸葉である(彼岸花の葉)。 秋の彼岸に真っ赤な曼殊沙華が咲くが、そのときは葉がない。花が終わって一か月ぐらいすると、細い水仙の葉のようなものが芽を出す。それが成長すると、このように生い茂るのだ。だいたい六月ごろまで葉が見られ、その後いっせいに枯れて消えてしまう。夏は地面しか見えない。お彼岸に近づくと黄緑色の茎が伸びて、あのあでやかな彼岸花が咲くのである。


« 日脚のび | トップページ | 土渕不動の護摩 »

コメント

ああ、余裕だニャア・・・
私も明日春探しに行ってこよう。

投稿: 愛子 | 2009.01.27 20:19

もう、蠟梅が咲いているんですね。長瀞の近くの宝登山に行った時、たくさん咲いていたのを思い出しました。そのうち、梅も咲きだしますね。そして春・・・

彼岸花、不思議な花ですね。花と葉っぱが全然違うときに出るなんて。葉だけでは分かりません。ひとつまた、教えていただきました。

投稿: めろん | 2009.01.27 21:16

★愛子さん、
ひとには運動をしてくださいと言いながら、
自分は運動不足がちなもので、昼休みは
散歩を心がけているのです。暖かいときなら
けっこう歩けますから。
 桜の芽もふくらんできましたよ。

★めろんさん、
梅も種類がいろいろあって、早いのはもう
咲いています。蝋梅は匂いがいいですね。
彼岸花は本当に不思議な花です。あまり
葉っぱを知っているひとは少ないので、
紹介してみました。

投稿: ripple | 2009.01.27 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日脚のび | トップページ | 土渕不動の護摩 »