« オナガ | トップページ | 新百合歌会5 »

2008.12.16

柊の花

最近は、車で通勤することが多い。自転車のときもあるが、去年と違うルートを通ってくるので、柊(ひいらぎ)の花が咲いたのに気がつかなかった。半分ぐらい散ってしまったが、まだあの甘い強烈な香りが匂う。遅ればせながら、柊の花の写真を載せよう。

Hiiragi1
斑入りの葉のヒイラギ

Hiiragi2
ヒイラギの花(モクセイ科なので強く甘く匂う)

柊はヒイラギ、椿はツバキ、榎はエノキ、では木へんに秋という字があるだろうか。漢字源をひくと、ちゃんとある。楸はヒサギ、またはゴバン。①ひさぎ。(イ)木の名。のうぜんかずら科の落葉高木。(ロ)木の名。あかめがしわ。②ごばん。碁盤。なのだそうだ。

Akamegasiwa
ヒサギ(あかめがしわ)ー季節の花300より


« オナガ | トップページ | 新百合歌会5 »

コメント

 またまた勉強になりました。
 ありがとうござます。

投稿: 百楽天 | 2008.12.16 19:13

へえ、木ヘンに秋っていう字があったんですね。
読み方は覚えていられそうにありません^_^;
ヒイラギの花を見たいと思っていますが中々ないですね。
香りも嗅ぎたくなってきました。

投稿: ミモザ | 2008.12.16 20:38

★百楽天さん、
子供の頃、親指と人差し指でヒイラギの葉のトゲを
はさむようにつまみ、息を吹きかけてクルクル回して
遊んだものですね。

★ミモザさん、
訓はヒサギですが、音はシュウです。
語源はいろいろ書いてありましたがカットします。
むかしは農家の家には必ず柊が植えてありました。
魔除けになると信じられていたのだと思います。
節分のときに、イワシの頭をヒイラギの枝に刺して
軒下に飾ったでしょう。

投稿: ripple | 2008.12.16 22:31

こんにちは。柊の葉、クリスマスですね♪
実際、柊を見る機会がほとんどないのですが、写真をみて、
ああ!そうか、クリスマスに良く見かける葉なんだと、あらためて思いました。
クリスマス商品を扱っているのですが、造花になっていたりするので、実際の葉をみて不思議に思いました。

投稿: ひまわり | 2008.12.17 12:08

昨日、鶴見の横溝屋敷(子民家園)行きましたがやはりヒイラギ咲いていました。あまり目立たないので気がつかない人多いでしょうね。これが魔よけになるのですね。

投稿: 10月のマルコ | 2008.12.17 13:46

★ひまわりさん、
クリスマスによく見かけますね。あちらは西洋柊という
らしいですが、同じ仲間ですね。やはり魔除けの力が
あると信じられているようです。老木になると棘がなく
なり、丸葉になるそうですよ。(^-^)

★10月のマルコさん、
満開のときの匂いはかなり強いですよ。この匂いから
ヒイラギの木の場所を知ることが多いです。トゲや
ニンニクのように強く臭うものは悪魔も嫌うのでしょう。

投稿: ripple | 2008.12.17 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オナガ | トップページ | 新百合歌会5 »