« カエデの風車 | トップページ | 日本はいい国 »

2008.12.21

冬桜

午後、野川に行こうと思ったが、風が強いので家に帰ることにした。南風で、生あったかい。台和町の生協のそばの公園を通ったら、大きな桜の木があり、冬桜がほぼ満開だった。風に吹かれて大きく揺れていたが、風が収まる時を狙ってシャッターを押した。白とピンクを咲き分けているような八重の冬桜である。十月桜というのがあるが、あれと同じだろうか。

Fuyuzakura01_3
冬桜(十月桜)

Fuyuzakura02
十月桜 (花が八重で、咲き始めは淡紅色、やがて白色になる)

大字林をひくと、
冬桜(ふゆざくらは「冬に咲くサクラ。カンザクラ。ヒザクラなど」とある。同じく大字林で「じゅうがつざくら」をひくと、「シキザクラの別名」とある。それではと、「シキザクラ 」をひくと、こんどは「四季桜。ヒガンザクラの園芸品種。低木で葉も小さい。花は淡紅または白色で、多少八重咲きになり、10月頃から咲き始め、4月に盛りとなる。十月桜」とある。なんだか分かったようで分からない。

Fuyuzakura00
十月桜 <冬桜

四季の花300によると、
十月桜(じゅうがつざくら)は、「冬桜(ふゆざくら)」という品種とともに広く「冬桜」と呼ぶこともある)とある。開花時期は、10/20頃~翌1/10頃。二度咲きのものは、3/25頃~4/10頃。花弁は八重で、白、または、うすピンク色。最初淡紅色でだんだん白くなる。

全体のつぼみの3分の1が10月頃から咲き、残りの3分の2は春に咲く。2回楽しめる。(だから、四季桜) 春の花のほうが少し大きいらしい。冬に「季節はずれに桜が咲いてるな」というときは、この十月桜であることが多い。

冬、春ともに、葉があるときに咲くことが多い。同様に秋から冬にかけて咲く桜が「冬桜」。花弁は、十月桜は”八重”で、冬桜は”一重。十月桜も含めて、秋から冬にかけて咲く桜のことを総称して「冬桜」と呼ぶこともあるようです。

以上を総合すると、この写真の花は十月桜(ジュウガツザクラ)ということになりそうだ。


« カエデの風車 | トップページ | 日本はいい国 »

コメント

今日はほんとに風が強いですね。
冬桜、可愛らしいですねぇ~

この寒い冬に咲いて~愛しくなります。

投稿: namiko | 2008.12.21 22:01

冬桜ってなんだか歌になりそうな。。。
珍しく五行歌がないのですね(笑
心が和む光景ですね。こちらでは咲いてないなあ。
(PCが風前の灯火なので恐々伺っています。
 早く普通に使えるようになりたいです)

投稿: ミモザ | 2008.12.22 09:43

★namikoさん、
ソメイヨシノのようにボリュームはないけれど、
そこはサクラ、華やかなものです。八重咲きなので
「十月桜」という種類のようです。

★ミモザさん、
旧暦の十月ごろに満開になるから「十月桜」と
いうようですが、冬に咲くのでフユザクラと総称
してもいいようです。小さなはなですが、寒さに
負けずにがんばっているのを見ると元気をもらえ
ますね。パソコン、うちのノートはもう6年目に
入ります。液晶に縦線が入ったりしているけれど
なんとか使えます。当たったほうでしょう。(^-^)

投稿: ripple | 2008.12.22 14:29

このサム空に花をつけている様を見ると応援したくなってしまいますね^^

投稿: 井中 平 | 2008.12.22 22:11

★井中 平さん、
こういうので並木道を作れば、冬でも花見が
できそうですね。熱燗でもつけて。

投稿: ripple | 2008.12.23 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カエデの風車 | トップページ | 日本はいい国 »