« 椋鳥や目白 | トップページ | 初冬の薬師池 »

2008.12.09

いちばん水仙

Suisen

一番水仙
見~つけた
可憐でいて
寒さに負けぬ
強さがいい


« 椋鳥や目白 | トップページ | 初冬の薬師池 »

コメント

えっ。
もう~水仙ですか?
野水仙・・・
ほんとに可憐ですね。
けなげというか~
私も見つけたいです
会えたら嬉しいですね。

投稿: namiko | 2008.12.09 21:53

日本水仙が大好きです
あまり書き込みはしないツモリで居ましたのに
この花のいじらしさに背中を押されてしまいました。

あの日
袴をはかせて
薄端に
水仙を生けた
母が懐かしい

某歌会の発会で私が薄端にドウダンツツジをいけました
それを解ってくださった方がお一人
今は奥様の歌人をなくされて
悲しい!とメールを下さっていました。

投稿: 岡田 | 2008.12.10 08:56

水仙の花はお正月が過ぎてからという
感じがしていました。なんと早いこと。
でもrippleさんに注目されて良かった(^^)v

投稿: ミモザ | 2008.12.10 09:02

先生のお庭でしょうか。右の木も良く風景に溶け込んでいますね。

投稿: 10月のマルコ | 2008.12.10 11:04

水仙はうつむいて咲きますね。水に映ったわが身の美しさに見惚れたナルシス(?)が、水仙の花になったというんだったような。
派手ではないけれど、何とも清楚な美しさですね。
rippleさんのお花や小鳥の写真に癒されます。

投稿: めろん | 2008.12.10 11:49

★namikoさん、
これから寒さに向かうなか、果敢に咲いた日本水仙。
その健気さに見ほれてしまいます。慎ましいですね。

★岡田さん、
お久しぶりです。お元気ですか。
伊豆の爪木崎の水仙もお正月には満開になると
思います。寒に耐えて咲く、可憐さが好きです。
ドウダンツツジの燃えるような赤もいいですね。
妻はいまフラワー・アレンジメントに夢中です。

★ミモザさん、
ツグミを探しに行ったら、梅林のなかで早くも
日本水仙が咲いていました。見とれていました。
七つの水仙という歌もいいですね。大きな家も
財産もお金もないけれど、地平線に上がる朝日
や七つの水仙をあげることができるよ。(^-^)

投稿: ripple | 2008.12.10 15:23

★10月のマルコさん、
うちの庭はそんなに広くはありません。
近くの梅林です。梅の木の下なので霜が
当たらず、意外と暖かいのかもしれません。

★めろんさん、
コメントありがとうございます。
日本水仙は飾り気のない清楚な花ですね。
うつむいて咲くところが意地らしい。(^-^)
そうでした。ナルシスは水に映った自分の姿に
恋やつれて、水仙になってしまったのですね。
そういえば、水仙には哀愁も漂いますね。

投稿: ripple | 2008.12.10 15:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椋鳥や目白 | トップページ | 初冬の薬師池 »