« オナガ | トップページ | ゆうえん隊の忘年会 »

2008.12.29

シュロカヤツリ

Shurokayaturi1
シュロカヤツリ(棕櫚蚊帳吊り)

Shurokayaturi2
シュロカヤツリ

工事中の橋本橋のところで新川に降りて、川沿いを川下のほうに歩いていると、不思議な植物を見つけた。ちょうど、花火が開いたような形に黄色い小花が放射状に咲いている。ネットで調べてみてもなかなか分からなかったが、どうやらカヤツリソウ(蚊帳吊草)の仲間らしいことが分かった。

そこで「カヤツリソウ科」で画像検索をすると、シュロカヤツリというのが出てきた。うん、これに間違いない。葉っぱがちょうど棕櫚の葉のようではないか。アフリカ原産の植物で、紙の原料となったパピルスの仲間らしい。小さいときにも見たような気がするが、興味がなかったので名前を覚えることもなかったのだろう。


« オナガ | トップページ | ゆうえん隊の忘年会 »

コメント

知っているようで解らない花ってけっこうありますね
この花も見たことあるようで???ないようで・・・

名前が解った時ってすっきりしますよね
たしかに葉っぱがシュロの葉に似てます。

今年もいろいろとありがとうございました~
又、来年もヨロシクお願い致します。

どうぞ良いお年をむかえられますように・・・

投稿: namiko | 2008.12.29 19:43

★namikoさん、
バードウォッチングを始めてから、また五行歌を
始めてから、花や木など、いろんなものに興味を
持つようになりました。だから、ふだん見過ごし
ているものにも注意がひかれるのです。
 じつはカヤツリソウというのも知らないのです。
namikoさん、まめにレスをいただいたこと感謝
いたします。こちらこそよろしくお願いしますね。
来年がよい年になりますように。

投稿: ripple | 2008.12.30 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オナガ | トップページ | ゆうえん隊の忘年会 »