« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.31

大晦日の夜

31moon
午後八時ごろ

下弦の月が
優しく
ヴィーナスを
見守っている
大晦日の夜

東南の空には
昔と
同じ格好で
オリオンが
移動してゆく

| コメント (2)

2008.12.30

庭そうじ

きょうは30日。あさ、神様と第六天神さまにお供え物をあげて、一年のお礼をした。一年を大過なく過ごせたこと、平穏無事に過ごせたことを感謝した。門松や注連縄(しめなわ)、お供えなどは、おととい済ましておいたのでらくだ。

それから庭木の剪定や草取り、落ち葉掃きなどをした。暖かかったので仕事がはかどった。軽く汗をかくほどだ。落ち葉は袋に入れて一箇所に運び、積み上げておいた。あとで米ぬかを加え、適当に雨が降れば、いい腐葉土ができる。松や銀杏の葉は腐らないので腐葉土には使えない。

近所の幼馴染みも来て、キウイとブドウの剪定を手伝ってくれた。互いに年をとり、自然に体調の話などをしてしまう。お茶の時のお汁粉がおいしかった。先日いただいた山形の丸餅が入っていた。ニュースでは、帰省ラッシュが始まったことを伝えていた。

Tsugumi201
縦の枝にうまく止まるツグミ

先日撮ったツグミの写真を載せておこう。木の枝は水平なものばかりではない。だいたい斜めに立っているものが多い。そんなところにうまく止まるのは、けっこう技術が要りそうだ。鳥のバランス感覚には舌を巻く。

| コメント (2)

2008.12.29

ゆうえん隊の忘年会

治療室の大掃除をしたあと、夕方「のぼりとゆうえん隊」の忘年会に出かけた。遊園の大踏み切りの近くの喫茶店「ル・グラン」での忘年会だったが、マスターはかつて西洋料理の職人だったので、いろんな料理が並んだ。酒類は飲み放題である。

Bounenkai1

これまで三年間の「ゆうえん隊」の活動をまとめた映像が人気を呼んだ。わたし自身はあまり関与できなかったが、こういうパーティーの時だけは顔を出している。参加者ひとり一人の写真を撮り、それをスライドショーで見せたりするコーナーもあった。裏方さんの芸が細かい。

Bounenkai2

大学講師であってストリートミュージシャンでもある佐藤さんの演奏が懐かしかった。彼は "NO SHOUT, NO LIFE"(歌わなきゃ、人生じゃない)というモットーを名刺に刷り込んでいる。そうかと思えば、飛び入りで本物の「悪役商会」の山本さんがハーモニカの演奏を披露してくれた。

Bounenkai3

うちの患者さんの一人がここのマスターの数十年来の知人であることを最近知った。人との出会いは面白い。多少アルコールを飲んだが、悪酔いしないように干し柿を食べ、二次会には行かないで帰宅した。

| コメント (2)

シュロカヤツリ

Shurokayaturi1
シュロカヤツリ(棕櫚蚊帳吊り)

Shurokayaturi2
シュロカヤツリ

工事中の橋本橋のところで新川に降りて、川沿いを川下のほうに歩いていると、不思議な植物を見つけた。ちょうど、花火が開いたような形に黄色い小花が放射状に咲いている。ネットで調べてみてもなかなか分からなかったが、どうやらカヤツリソウ(蚊帳吊草)の仲間らしいことが分かった。

そこで「カヤツリソウ科」で画像検索をすると、シュロカヤツリというのが出てきた。うん、これに間違いない。葉っぱがちょうど棕櫚の葉のようではないか。アフリカ原産の植物で、紙の原料となったパピルスの仲間らしい。小さいときにも見たような気がするが、興味がなかったので名前を覚えることもなかったのだろう。

| コメント (2)

2008.12.28

オナガ

けさの霜は凄かった。霜柱の上を歩くとザクザクでなく、バリバリと音がした。しかも、かなり硬かった。北国では大雪で、スキー場はホッとしたらしい。オナガの群れが来ていて、柿の木や棕櫚(しゅろ)、ハゼの木などを飛び回っている。例によって、ギャーギャーやかましい。

Onaga101

Onaga103

Onaga106

Onaga107

| コメント (0)

2008.12.27

冷えと疲労→保温と休養

腰痛や五十肩の人が何人か治療に来ている。直接的な原因はともかく、からだの痛みの間接的な原因は、「冷えと疲労」がベースになっていることが多い。

寒いとき、からだは血管からの放熱を避けようとして、筋肉が血管を奥のほうにしまう。すると筋肉は硬くなり、無理な力を入れると筋繊維が切れたりする。また、からだが冷えると血行が悪くなり、筋肉の動きが鈍くなり、ケガをしやすくなる。細菌に対する抵抗力も落ちる。だから、冷えは大敵なのである。風邪をひくというが、英語ではcold、「冷え」が入り込んだという。

疲労、筋肉の使いすぎである。筋肉を使いすぎれば、老廃物がたまり、やはり筋肉は硬くなる。そこに無理な力が加われば筋肉を傷つけてしまう。筋肉の疲労は、からだをあまり動かさない場合にも起こる。それは同じ姿勢を続けることだ。たとえば、椅子に座りっぱなしで長時間仕事をしたりすると、姿勢を保つ腰や背中の筋肉が収縮しっぱなしになる。見た目には大きな動きがなくても、筋肉は使いすぎの状態になっており、腰痛や肩こりを起こす。

筋肉は伸び縮みには強いが、縮みっぱなしには弱い。それが証拠に、いくら歩いても平気だが、一箇所に立ち続けるとなると数分と持たない。歩行は、足を伸ばすときは曲げる筋肉が休み、足を曲げるときは伸ばす筋肉が休めるからだ。ところが、立ちっぱなし、座りっぱなしの状態では、同じ筋肉が縮みっぱなしになり、すぐ疲労してしまうのである。心臓が生涯拍動を続けられるのは、ドッキンドッキンと血液を送りだすとき、「ドッ」のところで心筋が収縮し、「キン」のところで心筋が弛緩するからである。

冷えと疲労が多くの痛みの原因ならば、「保温と休養」が病気の予防、そしてまた治療になる。からだを温かくして、ゆっくり休養をとることが大事なのだ。その際、風呂に入るのもいいし、暖房を使うのもいいが、軽い運動や体操をしてからだを中から温めるのもいい。

とくに、硬くなった筋肉は息を吐きながらストレッチ体操をするとゆるんでくる。一日何度か、ゆっくり無理をせずストレッチをするといい。一回目より二回目、二回目より三回目と、だんだん筋肉がほぐれてゆく。そうすれば血行もよくなる。軽くラジオ体操のようなものをやってもいい。たた、その時あまり反動をつけないことが大切である。反動をつけると筋肉は危険を感じて硬くなり、かえって傷めてしまうことがある。

もう一つ、心の持ち方も大切である。前にも書いたが、「不満」は筋肉を緊張をさせ、血行を悪くする。「感謝」の思いは筋肉をゆるめ、血行をよくする。→不満と感謝

不満は
血管を収縮させ
感謝は
血管をひろげる
どちらがいいか決まってる

| コメント (5)

2008.12.26

青い鳥

Ruribitaki
ルリビタキ→野川の四季

こんな鳥が
いるなんて
いっしょに
生きているだけで
しあわせ

| コメント (9)

木瓜の花

Boke
木瓜(ぼけ)の花

寒気を
ものともせず
喜びと希望を
歌う
木瓜の花

| コメント (5)

芸能人と一緒に

ゆうべ、たまたま教育テレビをつけたら、前日「アンジェ」で歌っていた戸田ダリオさんが映っていたので驚いた。新聞を見ると、午後11時からの「新感覚★わかる使える英文法」という番組だった。ダリオさんはイタリア系の日本人だが、英語も堪能で、この語学番組に出ているのだ。その他、子供の番組にも出ているらしい。

それから、山岡ゆうこさんは、前の名前が「栗田ゆうこ」だったそうだ。どこかで聞いた名前だなと思ったら、漫画『美味しんぼ』に登場する女の子ではないか。漫画のなかで栗田さんは山岡と結婚して山岡ゆうことなったのだ。

アンジェで歌っていた山岡ゆうこさんは、アニメ『美味しんぼ』の声優をやっていたので、その名前をそのまま芸名にしたらしい。山岡ゆうこさんは、2005年よりNHKおかあさんといっしょ宅配便「ぐーチョコランタン小劇場」の歌のお姉さんとして出演中。

アンジェのクリスマスイベントが終わったあと、お二人と一緒に写真を撮ってもらった。恥ずかしさを省みず、ここに証拠写真として載せておこう。プフッ!

Angel
左側が戸田ダリオさん、右側が山岡ゆうこさん、& ripple夫妻

| コメント (4)

2008.12.25

作品60

No60
妻のフラワー・アレンジメント、作品60。"The New Year"

| コメント (4)

アンジェのイヴ

きのうは寒かったが、クリスマス・イヴの雰囲気を味わおうと、京王フローラルガーデン「アンジェ」に行った。京王稲田堤から一駅の京王多摩川駅前にある。四時半ごろは明るかったが、だんだん暗くなると、キャンドルやイルミネーションが浮き上がり、おとぎの国のようになった。イベントルームでは、マリンバの演奏を聴いた。

Anje08_2
「アンジェ」入口

Anje07_2
サンタのランタン

Anje04_2
マリンバ、ハンドベルなどの演奏

Anje09
イルミネーション

野外の「レンガのステージ」では、NHKの「お母さんといっしょ」などの番組に出演している山岡ゆうこさんと戸田だりおさんが通る声でクリスマスの歌などを聴かせてくれた。二人とも子どもの扱いが上手で、ショーをうまく盛り上げていた。寒かったけど、とても楽しいひと時を過ごすことができた。

Anje06
クリスマス曲を歌う「歌のおねえさん」

Anje01_2
山岡ゆうこさんと戸田だりおさんの熱唱

Anje05
そして子どもたちが参加

Anje02_2
ピンクのトナカイもいる

Anje03
池に写るイルミネーション

| コメント (4)

2008.12.24

よじ登るサンタ

Jolly01_2中野島の香華飯店前の床屋さん「カットインジョリー」の壁をサンタクロースがよじ登っている。ギョッと目を引くが、クリスマスの飾りらしい。本物の長靴を履いているから、どうやら着ぐるみを飾りつけたようだ。

ここは私もときどき散髪してもらう。店の前には価格表が置かれて、カットだけ、髭剃りだけ、フルコースなどに別れ、明瞭会計になっている。きょうは平日なので、入り口には「本日平日割引」なんていう看板も掛かっていた。理容は美容との競争がはげい。

| コメント (4)

2008.12.23

野川冬日

天皇誕生日。天皇陛下は75歳、公務が多く体調をくずされたようだ。スケジュールがいっぱいで、国民のためとはいえ気の毒である。あまり引き回さないようにしてあげたらいいのに。

081223001

寒い日だが陽が差しているので野川に行った。あまり鳥がいないらしく、カメラマンも少ない。世田谷トラストの建物も閉まっているので、その前のベンチでおにぎりを食べた。野川の左岸は陽がよく当たるので暖かい。

ハクセキレイ、キセキレイ、ジョウビタキ、コサギ、メジロ、ヒヨドリなどを観察できた。さらに、カワセミ、バン、ツグミ、モズ、アオサギ、カイツブリなど、たくさんの野鳥を見ることができた。もちろん、スズメやシジュウカラ、ハト、カラスなども見た。

081223002

081223008

081223003
ジョウビタキ♂ 

081223006

081223020
カワセミ♂

081223019
アオサギ

081223017
アオサギの飛翔

081223016
カワウの滑空   

寒い日だったが、途中で鳥見の先輩のお宅にお邪魔してお茶をごちそうになり、鳥談議に花を咲かせ、一息つかせてもらった。帰りに多摩川を渡る頃は、夕日がだいぶ傾いて赤く大きく見えた。

| コメント (2)

2008.12.22

日本はいい国

きのうのラジオ「文化講演会」は、タレントのダニエル・カールさんの話だった。タイトルは「おらが愛した多摩川」だった。山形の最上川が母なる川で、多摩川は父なる川だという。17歳のとき初めて日本に来たが、そのときの驚きをいろいろ語って聞かせてくれた。豆腐は大理石に見えたし、トコロテンはミミズに見えた。かまぼこは消しゴムに見えたし、食べても消しゴムみたいだった、等々。

カリフォルニアの砂漠近くに住んでいたカールさんは、日本に川の多いことに驚いたそうだ。それから、水の美味しいこと。人情の厚いこと、等々。夏の蒸し暑さはかなわないが、それを除けば、日本ほど住みよいところはない、日本ほど安全な国はない。こんな国は世界中どこに行ってもない、という。だから、もっと自信を持ってほしい、誇りを持ってほしい、と話していた。

マスコミやテレビのワイドショーなどでは、たった一つの事件を取り上げて、日本はだめになった、日本人は自分勝手になった、などとセンセーショナルに騒ぎ立てる。そんなことはない。「わたしは28年も日本に住んでいるが、一度も泥棒に出合ったことがない。二度財布をなくしたことがあるが、翌日か翌々日には手元に戻った。こんな国はありませんよ」。

たまに起きる殺人事件を、マスコミが大々的に取り上げて、日本人全体が悪くなったように騒ぐ。それはおかしい。みなさん、もっと日本人として誇りを持ってください。自信を持ってください。日本はいい国なんですから。

カールさんの話はもっともだと思う。道で転んでも、市を訴えるアメリカ人。軍人の数より弁護士(法律屋)の数のほうが多い、訴訟社会アメリカ。なんでもひとのせいにしてしまう。離婚大国アメリカ。あれじゃあ、子供がかわいそうだ。日本もまだまだ駄目なところもあるが、それほど捨てたもんじゃない。ダニエルさんに言われるまでもなく、もっと自信を持って生きたい。

| コメント (4)

2008.12.21

冬桜

午後、野川に行こうと思ったが、風が強いので家に帰ることにした。南風で、生あったかい。台和町の生協のそばの公園を通ったら、大きな桜の木があり、冬桜がほぼ満開だった。風に吹かれて大きく揺れていたが、風が収まる時を狙ってシャッターを押した。白とピンクを咲き分けているような八重の冬桜である。十月桜というのがあるが、あれと同じだろうか。

Fuyuzakura01_3
冬桜(十月桜)

Fuyuzakura02
十月桜 (花が八重で、咲き始めは淡紅色、やがて白色になる)

大字林をひくと、
冬桜(ふゆざくらは「冬に咲くサクラ。カンザクラ。ヒザクラなど」とある。同じく大字林で「じゅうがつざくら」をひくと、「シキザクラの別名」とある。それではと、「シキザクラ 」をひくと、こんどは「四季桜。ヒガンザクラの園芸品種。低木で葉も小さい。花は淡紅または白色で、多少八重咲きになり、10月頃から咲き始め、4月に盛りとなる。十月桜」とある。なんだか分かったようで分からない。

Fuyuzakura00
十月桜 <冬桜

四季の花300によると、
十月桜(じゅうがつざくら)は、「冬桜(ふゆざくら)」という品種とともに広く「冬桜」と呼ぶこともある)とある。開花時期は、10/20頃~翌1/10頃。二度咲きのものは、3/25頃~4/10頃。花弁は八重で、白、または、うすピンク色。最初淡紅色でだんだん白くなる。

全体のつぼみの3分の1が10月頃から咲き、残りの3分の2は春に咲く。2回楽しめる。(だから、四季桜) 春の花のほうが少し大きいらしい。冬に「季節はずれに桜が咲いてるな」というときは、この十月桜であることが多い。

冬、春ともに、葉があるときに咲くことが多い。同様に秋から冬にかけて咲く桜が「冬桜」。花弁は、十月桜は”八重”で、冬桜は”一重。十月桜も含めて、秋から冬にかけて咲く桜のことを総称して「冬桜」と呼ぶこともあるようです。

以上を総合すると、この写真の花は十月桜(ジュウガツザクラ)ということになりそうだ。

| コメント (5)

カエデの風車

Taketonbo
カエデの種(竹とんぼ)

楓の紅葉が終わり、葉が散ると、あちこちに羽根のようなものがぶら下がっているのが見える。これはカエデの種で、二枚の羽を合わせたような格好をしている。付け根の部分に種を宿し、心棒のない竹とんぼのようだ。これが枝から離れて回転しながら落ちてゆくのである。低い木では、すぐ地面に落ちてしまうが、山の上のほうにある見上げるような高木から落ちてくる様はなかなか見ごたえがある。回転しながら落ちるので、風に乗るとかなり遠くに落ちてゆく。子孫を広めようとする植物の知恵なのだろう。

Taketomboこのカエデの種は、わりあい早い時期にできる。春先、まだ若葉のころでも、楓の木をよく見ると、赤味がかったプロペラが見える(左図)。緑色の葉に小さな赤い色がつくのでとても綺麗だ。しかも、蝶々ネジのような、リボンのような、なかなか愛らしい格好をしている。竹とんぼは、この楓の種を参考にして考案されたのではないだろうか。

| コメント (5)

2008.12.20

公孫樹

Ichou初詣や
秋祭り
人の暮らしを
見守ってきた
神社の公孫樹

葉っぱを
脱いで
みごとな
幹を
見せている

君は
ここで
これから
何百年も
生きてゆくんだね

百年後
いったい
日本は
どうなって
いるのだろう

| コメント (2)

2008.12.19

エナガ

Minka02

昼休みに自転車で生田緑地に行った。年間パスポートがあるので民家園に入ってみた。ほとんどシーズンオフの状態だ。管理の人たちが落ち葉掃きをしている。合掌造りの家の裏では民家の修復工事が行われていた。野鳥の姿はあまりない。見かけたのはコゲラぐらいだ。 

Minka03
白川郷の合掌造りの家

Kogera01
コゲラ (一番小さいキツツキ、木の幹や枝を歩く)

きれいな透る声で歌っているのはガビチョウらしい。緑地の売店の近くの木に小さな鳥の群れがやってきた。鳴き声からするとエナガだ。5、6羽いるが、動きが速くてカメラが追いつかない。とにかく連写機能を使ってカシャカシャたくさん撮ってみた。ウグイスやアオジもいたが、ウグイスはとうとう姿を見ることができなかった。

Enaga01
エナガ

Enaga02
エナガ(尾が長い、柄が長い、それで柄長)

Enaga04
エナガのジャンプ   

| コメント (2)

2008.12.18

作品59

No59
妻のフラワー・アレンジメント、作品59。"Christmas Arrangement"

| コメント (2)

つぐみ

Tsugumi01
鶫 (ツグミ)

このあいだは枝かぶりのツグミの写真しか撮れなかったが、きょうは木の梢に止まっているのを見つけた。クェクェッという声が他にも聞こえるので、2、3羽いるらしい。陽の光が強く当たっているせいで、ファインダーからは顔が白塗りみたいに見えた。ときどき、ヒヨドリが飛んできて、ちょっかいを出している。しかし、ツグミは姿勢がいい。

Mejiro01
目白

こちらは、今朝うちの柿の木に来たメジロ。柿も天然の干し柿状態になっている。それはそれで甘いのだろう。まだ、いろんな鳥がやってくる。

| コメント (7)

2008.12.17

新百合歌会5

新百合ヶ丘さつき五行歌会」も第5回を迎えた。きょうは雨のせいか、あるいは年末のせいか、出席者が9人と少なかった。提出された歌は15首。私が前半の司会を仰せつかったが、二度目なので少し慣れてきた。

司会をすると、得点を集計したりするので、どの歌が高得点をもらったか分かる。人の好みは様々で、得点がうまく散らばる。人によって歌の解釈や反応が大きく違うのが面白い。だから、自分の尺度だけでものを見るのは危険である、ということがよく分かる。高得点の歌を二つ挙げると、

さやさやと
木の葉は互いに
別れの言葉を
交わしている
間もなく冬がやってくる

順風満帆の
日々はなかった
明日の
波濤も
乗り越えて行く

例によって、京子のほうが私よりも得点がよかった。歌の優劣ではなく、好みだとは分かっているのだが。ま、そのうちいい歌をヒットするだろう。つぎが京子の歌、その下が私の歌である。

早々と
手づくりの
宝船をかざり
変革の年を
願う

ひとは
見た目ではない
だがよく見れば
内面の美醜が
滲み出ている

| コメント (7)

2008.12.16

柊の花

最近は、車で通勤することが多い。自転車のときもあるが、去年と違うルートを通ってくるので、柊(ひいらぎ)の花が咲いたのに気がつかなかった。半分ぐらい散ってしまったが、まだあの甘い強烈な香りが匂う。遅ればせながら、柊の花の写真を載せよう。

Hiiragi1
斑入りの葉のヒイラギ

Hiiragi2
ヒイラギの花(モクセイ科なので強く甘く匂う)

柊はヒイラギ、椿はツバキ、榎はエノキ、では木へんに秋という字があるだろうか。漢字源をひくと、ちゃんとある。楸はヒサギ、またはゴバン。①ひさぎ。(イ)木の名。のうぜんかずら科の落葉高木。(ロ)木の名。あかめがしわ。②ごばん。碁盤。なのだそうだ。

Akamegasiwa
ヒサギ(あかめがしわ)ー季節の花300より

| コメント (6)

オナガ

ギャーギャー、やかましい鳴き声が聴こえる。オナガだ。オナガはカラス科だから、カラスと似たような耳障りな声で鳴く。4、5羽が群れでやってきた。ちょうど、となりの家のアンテナの上に止まり、朝日の光りを浴びている。

声は好きになれないが、オナガの姿は実に美しい。黒いビロードの帽子に水色の羽、白いお腹に長い尾羽。滑空する姿は、手塚治虫の「火の鳥」のようだ。オナガを見るたび、「天は二物を与えず」だなと合点する。

Onaga3
アンテナで休むオナガ2羽

Onaga2
ケヤキの枝に止まるオナガ、枝が多くて撮りにくい

| コメント (4)

2008.12.15

残月

Zangetsu2
2008.12.15, 6:35  欠けはじめた月

寒い朝だ
雨戸を開けると
一面の霜
西の空に月ひとつ
もうすぐ日の出だ

Simo1
今朝の霜、赤いのはブルーベリーの落ち葉

| コメント (2)

2008.12.14

ガソリン101円

Gasfare

一時、180円台まで値上がりし、200円に迫る勢いだったガソリン代が、円高のおかげで急落し、今では100円を切りそうな感じだ。これは今朝撮った写真だが、土渕交差点のキグナスのスタンドの価格表である。ここはセルフサービスのスタンドで、会員価格はレギュラーがリッター101円となっている。わたしがよく使っていた近所のエネオスのスタンドも、1ヶ月ほど前にセルフになり、同じ会員価格を提示している。

円高はおととい一時、1ドル88円にまで達した。これでは輸出企業は物が売れなくなってしまう。それで、トヨタも日産も派遣社員や期間従業員の削減を発表した。それも千人単位だ。生産縮小は、下請け企業などへの影響を考えると深刻な社会問題になる。そうしたら、ソニーやIBMなど、電器産業も大規模なリストラを発表した。アメリカの三大自動車会社も国の援助を頼っている。不況の波は大きくなるばかりだ。

今年をあらわす漢字は変動、変革の「変」だが、おかしいという意味の「変」でもある。

| コメント (2)

2008.12.13

浅田真央

Asada2_2シャーッ
シュワッ
氷を削りながら
自在に舞う
浅田真央

滑って
跳んで
回って
きらめく
氷上の妖精

からだの
柔らかさ
バランス感覚
優雅さは
天性のものか

首の
胸鎖乳突筋が
よく発達している
練習量は
はかり知れない

asahi.com

| コメント (4)

2008.12.12

シクラメン

Cyclamen
シクラメン、和名「篝火花(かがりびばな)」。

原産地トルコでは、シクラメンの球根を豚が好んで食べるので「豚の饅頭」と呼ぶそうな。なんともはや、色気のない話である。シクラメンの花は俯いて咲き、花弁は強く反り返る。その形が炎に見えるので、和名では「篝火花」というが、こちらの名前はあまり普及しない。もっぱら、シクラメンで通っている。

小椋桂の「シクラメンのかほり」の歌詞で、「うすべに色のシクラメンほど~」というのは分かるが、「真綿(まわた)色したシクラメンほど~」というのが分からない。つやつやした真っ白の花弁は、ふかふかした真綿とは質感がまるで違う。歌を聴くたび、そりゃあないよと思うが、感性というものは十人十色だから仕方ない。

| コメント (5)

2008.12.11

作品58

No58
妻のフラワー・アレンジメント、作品58。"Takarabune"

| コメント (2)

2008.12.10

初冬の薬師池

このブログを読んでくれている方が、町田の薬師池公園でカワセミの写真展を主宰しているというので行ってみた。ハンドルネームは「まっこうオヤジ」。真向法のマッコウから取ったらしい。かわせみ応援団という団体をつくり、自然保護などの活動をしている。会ってみると優しそうな人で、年齢もほぼ私と同じ。真向法は新百合ヶ丘でやっているというから、京子が行っていたところだ。それならと、新百合の五行歌会に来てくださいと誘った。

Yakusi112
ハゼの紅葉

Yakusi102_2
薬師ガ池

薬師池公園はすっかり冬模様で、大賀ハスで有名なハス田もすっかり枯れていた。それでも暖かい日だったので訪問者は多い。池ではカモたちがたくさん泳いでいた。カワウが例によって、羽を広げて乾かしていたが、なぜかそのカワウの頭が白いのが気になった。年寄りなのだろうか。

Yakusi101
刀折れ、矢尽きた、ハス田。

Yakusi107
薬師池のカモたち

Yakusi106
キンクロハジロ、先頭がメス

Yakusi104
白頭のカワウとアヒル 

カワセミ目当てのカメラマンも大勢いた。このくらいの池ならカワセミを撮るのにもちょうどいい。逃げても待っていれば、またすぐ戻ってくる。遠いところにいたカワセミが近くのサザンカの枝に止まった。これもなかなか絵になる。

Yakusi111
薬師池のカワセミ♂

Yakusi113
さざんかの宿

Yakusi105
けっこう絵になる

公園の茶屋でだんごと焼きおにぎりを食べた。植木屋さんが入っていて、剪定をしたり、松の雪吊りをしたりしていた。鋏の音が、鳥の声とちょっと紛らわしい。

Yakusi108
ジョウビタキ♂、尾を縦に小刻みに振って愛嬌をふりまく。

Yakusi109
背中は紋付きを着ている

Yakusi115
ちょっと体をひねったりして  

帰り際にジョウビタキのオスを見つけた。きれいな茶色い胸、銀色の頭、紋付きの羽と、なかなかおしゃれな鳥である。人なつこく、右へ行ったり左へ行ったりしてしばらく遊んでくれた。藪のなかにはアオジのメスがいた。はじめ頭の冠のようなものが見えたのでカシラダカかと思ったが、やはりアオジだった。

Yakusi110
アオジ♀、目がかわいい。

| コメント (8)

2008.12.09

いちばん水仙

Suisen

一番水仙
見~つけた
可憐でいて
寒さに負けぬ
強さがいい

| コメント (7)

2008.12.08

椋鳥や目白

寒い朝だった。庭にジョウビタキの姿が見えたので、カメラを持って外に出たら飛んで行ってしまった。電線にはムクドリやスズメ、カラス、キジバトなどが止まっていた。きのうはオナガの優雅な姿が見えたのだが、きょうはいない。そこで、あまり珍しくないが、ムクドリ、メジロ、シジュウカラ、スズメの写真を撮った。

Mukudori
椋鳥 (ムクドリ)、ふつう50羽ぐらいの群れで動く。

Mejiro104
目白(メジロ)、上の足が枝を抱き込むように掴んでいる。

Mejiro101
よく柿を食べに来る。

Siju102
四十雀(シジュウカラ)、黄色い虫を食べている。

Siju101
シジュウカラ、背中の模様がお洒落。

Suzume101
雀(スズメ)、ハゼの木で一休み。

| コメント (7)

2008.12.07

カワセミ hoverng

午後、ニューデリーでカレーを食べてから、野川に行った。かなり寒かったが晴れていたので気持ちよかった。野川では、カワセミ、コサギ、カワウ、ハクセキレイ、モズ、カルガモなどを観察した。

08120
野川も冬に入る

08122
カワセミ、見っけ!

08123
カワセミ♂

08124
カワセミ♀   

世田谷トラストの前で、カワセミが何度かきれいなホバリングを見せてくれた。西日が当たり、逆光のなかで高速で羽ばたくカワセミの美しさといったらない。ただ、プラスに露出補正をしていたときに、太陽の陽を受けてホバリングをしたので写真は白くぼやけてしまった。川に飛び込んで魚を捕るところも見たし、楽しかった。もちろん、失敗することも少なくない。

08129 081210 081211 08121
川に飛び込んで戻るところ

081213 081214 08125 08126
カワセミが魚を捕ったところ             ハクセキレイの飛翔

08127
木の枝で休憩中のコサギ

081212
翡翠ホヴァー、露出オーバー

| コメント (6)

2008.12.06

柚子の香り

Yuzu3

ニキビ崩れの
顔に似合わず
柚子の香りときたら
なんとまあ
清涼なことよ

ひとは
顔じゃないよ
中身だよ
柚子の実が
囁いた

| コメント (4)

進む紅葉

あさ、雨戸を開けると浄水場の向こうの山が見える。朝日を受けて赤味がかっていることもあるが、平地でもだいぶ紅葉が進んでいる。すっかり葉が落ちている木も少なくない。やがて、山は少しの緑と、木の幹と枝だけのモノトーンの景色に変わる。

Josui1
生田浄水場の芝もみじ

Josui2
緑と赤のコントラスト

Josui3
こちらの紅葉はピークを過ぎたか

| コメント (3)

2008.12.05

洪水

きょうは、生暖かくて風が強かった。治療室のトイレは窓を開けておいたので、ツタの葉が数枚舞い込んで散らばっていた。お湯を沸したりしていると、なんだかトイレと流しの境目あたりが水で濡れている。ドアを開けると、トイレの床が水浸しになっていた。どこから漏れているのだろうと思って、あちこち調べてみた。

流しで大きな花瓶に水を入れているとき、葉っぱから水がつたって流れ落ちたのだろうか、トイレのどこかが壊れたのだろうか。乾いたタオルなどで床の水を拭き取ると、どうやらトイレのタンクから水が漏れているらしいことが分かった。すぐ大家さんに電話をして、水道屋さんに連絡してもらうことにした。ところが、もう一度トイレのタンクを見ると、手を洗うところに一枚の小さなツタの葉があった。まさか、こんな小さい葉が排水口を塞いでいたのでは。

もう一度、大家さんに電話をして、水道屋さんには連絡しないでもらい、その葉を排水口に置いて水を流してみた。そうしたら、なんと排水口がぴったり塞がって水が溜まってくるではないか。犯人が分かった。ツタの葉がトイレタンクの上に落ち、それが小さな排水口を塞ぎ、水が溢れ、タンクの下のパイプを伝って床を水浸しにしたのだ。様子を見に来てくれた大家さんも驚いていた。枯れ葉一枚が大騒ぎの原因だったのだ。

Flood1  Flood2

| コメント (4)

2008.12.04

作品57

No57
妻のフラワー・アレンジメント、作品57。"Radiation"

| コメント (2)

12月号投稿歌

Gogyoka_2

| コメント (4)

2008.12.03

ツグミ

一週間ぐらい前から、ツグミの鳴き声が聞こえる。そこで今日の午後、近くの梅林にツグミの姿を見つけに行った。ヒヨドリがうるさく鳴いているが、ツグミの鳴き声は聞こえない。この時期はまだ渡ってきたばかりなので、なかなか地面には降りてこない。様子を伺っているときなのだ。

Hiyo01
これはヒヨドリ

やがて、一本の梅の木にツグミの姿を見つけた。しかし、梅の小枝がたくさんあって写真が撮りにくい。辛抱強く待って、こんな写真が撮れた。そのうち、胸をピンと張った凛々しい姿が地上で見られるようになるだろう。

Tsugumi01
こちらがツグミ

Tsugumi04
ツグミ

| コメント (6)

上川霊園

休日を利用して、上川霊園にお墓参りに行った。中央高速に乗ると、正面に雪をかぶった富士山が見え隠れした。雲一つ無い、いい天気だ。上川霊園にある巣鴨ときわ教会の共同墓地は見晴らしのいいところにある。周囲の山が紅葉している。

Bosan1
正面に真っ白い富士山が見える

Bosan3
霊園の周囲の山の紅葉

用意した百合、薔薇、デルフェニウムの花を供え、お祈りをした。お墓参りは気持ちがいい。ジョウビタキやツグミの鳴き声が聞こえたが、その姿を確認することはできなかった。暖かい日なので、池の錦鯉が気持ちよさそうに泳いでいた。

Bosan4
お供えした花

Bosan6
池の錦鯉

Bosan8
真っ赤なカエデ   

| コメント (2)

2008.12.02

ざわめく桜

阿島智香子さんの
五行歌が好きで
月刊誌が届くと
まずその作品を
探したりした

お会いしたことは
なかったけれど
遊びのない
真摯な歌が
胸を揺さぶった

官能の歌人
といわれたが
いのちの歌人
というほうが
正しいと思う

五行歌集「ざわめく桜」の著者、阿島さんが若くして亡くなられたという。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

| コメント (2)

2008.12.01

神代植物公園

きのうは野鳥を載せたが、きょうはバラ園やベゴニア園の写真を載せよう。13枚。

Jindai110
バラ園の噴水

Jindai103
バラ園東側

Jindai111
バラ園の彫刻、女性像

Jindai115
バラの花

Jindai113

Jindai114

Jindai010
睡蓮の花

Jindai106
ベゴニア園

Jindai116
大輪のベゴニア

Jindai109
水に浮かべたベゴニアの花

Jindai108_2
洋ランのコーナー

Jindai105
極楽鳥花

Jindai104
メタセコイアの紅葉と池         

| コメント (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »