« 紅葉(3)上高地 | トップページ | ジョウビタキ飛来 »

2008.11.01

木枯らし一号

きょう
木枯らし一号が
吹いた
秋が
武者震いした

« 紅葉(3)上高地 | トップページ | ジョウビタキ飛来 »

コメント

お歌を拝見して月刊「五行歌」2004年12月号に投稿した歌を思い出しました。

迷いが解けて
秋風と
舞いはじめる頃
凩の
たより聞く

投稿: 中谷京華 | 2008.11.02 17:58

★中谷京華さん、
レスありがとうございます。
秋風と舞いはじめる頃、というのがいいですね。
わたしの歌は、武者震いより「身震い」「震えた」
ぐらいのほうがいいかもしれません。

投稿: ripple | 2008.11.02 19:37

暑い、湿気暑い・・などと行っていたのが夢のよう。
”秋が武者ぶるいする”。面白い表現ですね。
「秋よ、まだ行ってしまわないで」といいたいです(^^♪

投稿: ミモザ | 2008.11.04 07:12

★ミモザさん、
木枯らし一号が吹いたわりには、その日は
あまり寒くなかったですね。でも、冬は
じわじわと近づいてきます、確実に。

投稿: ripple | 2008.11.04 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉(3)上高地 | トップページ | ジョウビタキ飛来 »