« 生明祭 | トップページ | 陸軍登戸研究所 »

2008.11.24

民家園の紅葉

生田緑地に紅葉を見に行った。雨の予報だったせいか、駐車場もそれほど混んでいなかった。まずは、年間パスポートがある日本民家園に入った。囲炉裏で薪を燃しているところが何軒かあったが、いぶくて煙が目にしみた。しかし懐かしい臭いがする。いっぺんに子どもの頃の生活に引き戻される。薪の輻射熱は暖かい。

Minkakoyo005
囲炉裏。薪の火は暖かい。右下は消し炭つぼ。

Minkakoyo006_2
屋根に石を載せた古民家

Minkakoyo014

曇りなので外は寒い。白川郷の合掌造りの家に寄ると、新蕎麦という看板が目に入った。ちょうど昼どきだったので、温かいものを食べることにした。京子はとろろ、わたしはなめこ蕎麦を食べたが、薄味で美味しかった。大部屋で大勢で食事をするのも楽しいものだ。からだが温まる。昔は家も大家族で、おじいちゃんが大黒柱を背にして座り、がやがや言いながら食事をしたものだ。

Minkakoyo010
右の垣根はドウダンツツジ。

Minkakoyo011
陰翳礼賛

Minkakoyo015
雪囲い 

途中、みごとな楓の木があり、真っ赤に紅葉していた。この紅葉を見ただけで民家園に来た価値があると思えるほどだ。東北の古民家はすでに雪囲いが施されていた。ひさしぶりに、茅葺の屋根、暗い土間、板の間、囲炉裏、障子の部屋、伝統的な日本家屋の美しさをたんのうした。駐車場に戻ったら、大粒の雨が降り出した。

Minkakoyo007

Minkakoyo003

Minkakoyo002   


« 生明祭 | トップページ | 陸軍登戸研究所 »

コメント

rippleさん、こんばんは。
民家園も味があって良いですね。
12月の1週目は鎌倉周辺も紅葉OKですね。

投稿: ひでちゃん | 2008.11.24 21:48

先生,今晩は.

白川郷に,一月前に,バイクで行ってきました.裏の山道から峠を越えて,飛騨古川へ抜けたのですが,凄く,紅葉が綺麗でした...

蕎麦も,美味しかったです.残念だったのは,熊料理を出すお店が無期限営業休止中...


合唱つくりの家が,民家園にあるとは知りませんでした.(元地元民ですが,行ったことありませんので)


ZRX

投稿: ZRX | 2008.11.25 05:48

★ひでちゃん、
民家園は、古民家と紅葉の取り合わせがいいですね。
野鳥も行く秋を惜しむように啼いていました。
鎌倉もいいですね。

★ZRXさん、
おとといの朝、NHKでモーターグライダーに乗って
全国の紅葉をめぐるという番組をやっていました。
そのなかに白川郷の紅葉も入っていました。
バイク、いいですね。ちょっと寒いでしょうが。
日本民家園は外国人のほうが知っているみたいです。
近すぎると案外行かないものですね。(^-^)

投稿: ripple | 2008.11.25 16:28

紅葉が大変綺麗ですね。囲炉裏などもなんだか暖かで、ほっとする空間でした。癒されましたヨ。
今日病院でした。足裏の「外骨種」は新たにCTとレントゲンをとっていただき詳しくみて頂きました。
驚いたことに、私が痛いといっている所の骨にはなんの異常もなかったのです。実際腫れていて内出血も少しあるのですが・・・。その横に、外骨種はいます。
骨の上には軟骨があり、CTでは写らないのでこれが圧迫されているのではないかなと。全部つながっているから関係なくはないのでしょうけれど。
結局手術などはなく今までどうり見守るだけの生活に(涙)

投稿: ひまわり | 2008.11.25 21:52

だいぶ色づきましたね。
私もこの日の早朝緑地まで散歩しました。
11月最後の週末は出向けないので
紅葉が終わっちゃう!と、焦りましたが
太郎美術館前のメタセコイヤ並木の見頃は12月の1週目頃ですね。

投稿: あおむし店長 | 2008.11.26 14:51

★ひまわりさん、
日本民家園はとてもよい所ですよ。自然の山をそのまま
利用して、全国各地の古民家を移築したものです。
紅葉も、新緑も、雪景色も見られます。古い日本家屋
は、その不便さを越えて、なにか情緒がありますね。
それだけ自然に近い生活だからだと思います。

あらま、いろいろ検査したあげく、様子をみるですか。
それで少しは痛みが落ち着いてきたのでしょうか?
ま、それもひとつの選択肢だったのでしょう。

★あおむし店長さん、
そうですね。12月に入ってからも平地では紅葉が
楽しめると思います。北側と南側でも時差があります
からね。公孫樹はまだ黄葉してないのもありますね。
民家園のモミジは見事に紅葉していましたよ。
どうだんツツジなども真っ赤に燃えていました。

投稿: ripple | 2008.11.26 23:14

私も民家園が好きです。
特にこの時期の晩秋がとても好きです。
この間、はるひのから黒川まで
里山歩きをしました。
なつかしくって涙でそうなくらいでした。
子どもの頃の夕方5時にお寺の鐘がなって
あぜ道を走って帰る情景と重なるんですよね(*^o^*)

投稿: リリー | 2008.11.29 21:14

★リリーさん、
やはり、昭和30年代の頃を知っていると、
里山や山道、古民家などのある風景は懐かしいですね。
わらじ作りや竹細工、機織りなどの実演もやってました。

夕方にお寺の鐘が鳴って、カラスがないて、夕焼けの
なか、稲刈りの終わった田んぼを歩いて家に帰る。
いい風景ですね。リリーさんだと、フランスの田舎なんか
も似合うみたい。ミレーの晩鐘みたいな風景が。

投稿: ripple | 2008.11.29 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生明祭 | トップページ | 陸軍登戸研究所 »