« 君には勝てない | トップページ | 紅葉(2)穂高 »

2008.10.30

紅葉(1)軽井沢・白馬

29日と30日、水木を連休にして、1泊2日の紅葉狩りのツアーに行ってきた。軽井沢散策、白馬温泉郷泊、新穂高ロープウェイに乗って北アルプスを展望、上高地散策などがメインで、紅葉を楽しもうという企画である。ちょうど紅葉の見頃で、天気もよく、いい旅行ができた。

1日目は、まず横川に行き、赤レンガのめがね橋を見学し、実際に橋の上にも登ってみた。碓氷峠を越えるアプト式電車が走っていたところである。重機もない明治時代に、このような巨大建造物を造り上げた人々の偉大さをひしひしと感じた。木々の葉は少しずつ色づいてゆくところだった。もちろん、お昼は「峠の釜飯」。

Karuizawa03
碓氷峠を越える列車が走った「めがね橋」、いまは廃線。

Karuizawa02
めがね橋から見る信越本線。紅葉が始まっている。

それから軽井沢に行き、軽井沢銀座を散策した。焼きたての浅野屋のパンを買ったり、きめ細やかなモカソフトを食べたりしたが、もっぱらウィンドーショッピングを楽しんだ。古いものと新しいものが混沌としているような町だったが、一日いても飽きないかもしれない。

Karuizawa04
旧軽井沢の商店街

Karuizawa01
軽井沢は紅葉が見ごろ

バスは大糸線に沿ってよく走り、白馬についた。少し小雨がぱらついて、期待していた白馬の三段紅葉というのは見られなかったが、ホテル「白馬」はシックないいホテルだった。湯質もよく、からだがよく温まった。テレビのニュースでは菅平や志賀高原では初雪が降ったと言っていた。

Hakuba02
ホテル「白馬」

翌朝、食堂に行く。すると、ちょうど雲間から白馬連峰が朝日に照らされて浮かび上がって来るところだった。それがレーザー光線を当てた映像のように幻想的で、この世のものとは思えない美しさだった。急いで外に出てシャッターを押した。

Hakuba07
雲間に浮かび上がる幻想的な白馬の山々

Hakuba06
だんだん山らしくなってきた

Hakuba05
朝食がすんだころ、かなりはっきり見えるようになった。

Hakuba01

Hakuba04_2

« 君には勝てない | トップページ | 紅葉(2)穂高 »

コメント

紅葉狩り良いですね。軽井沢の紅葉も良いでしょうね。以前白糸の滝行きましたが、雪が積もっていました。今頃が最高でしょうね。

投稿: 10月のマルコ | 2008.10.31 12:13

★10月のマルコさん、
今回は少し足を延ばしてみましたが、さいわい
天候に恵まれ、すばらしい紅葉を満喫することが
できました。ツアーはいいですね。運転手つきで
なんでもお任せで。箱根は11月の中旬ごろが
見ごろでしょうか。

投稿: ripple | 2008.10.31 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君には勝てない | トップページ | 紅葉(2)穂高 »