« コウガイビル | トップページ | 野川の鳥と花 »

2008.10.22

里芋の収穫

定休日。朝は雲っていたが、昼ごろから薄日が差してきた。草刈りをしたり、剪定した枝を燃やしたり、庭仕事をした。それから、里芋がだいぶ大きくなったので掘ってみた。8株ほど掘ったが、けっこう小芋がついている。そのまま置いておけば、お正月ごろまで食べられる。これから毎日少しずつ食べられる。サツマイモも大きいのがついていた。昼食に、里芋を使って京子がけんちんウドンを作ってくれた。もう、こういうものが美味しい季節になってしまった。

Satoimo
サトイモの収穫


« コウガイビル | トップページ | 野川の鳥と花 »

コメント

サトイモ羨ましいです。我が家は皮のまま茹でて手で皮をむいて食べたり、葱とサトイモの炒め物をします。

投稿: 10月のマルコ | 2008.10.22 17:51

普通の土があれば里芋って出来ますか?
いいですね、こんなのがゴロゴロ出てきたら(*^^)v
京子さんの”けんちんウドン”が見たかったなぁ。
初めて聞いたもので。。。

投稿: ミモザ | 2008.10.22 20:11

★10月のマルコさん、
新しい里芋は京芋(エビイモ)みたいにやわらかく、
ねっとりしていて美味しいですよ。里芋はサツマイモ
やジャガイモと違って日本古来の食べ物ですから、
からだにいいのだと思います。

★ミモザさん、
普通の土でOKです。はじめに堆肥をうんとやれば
世話無しです。あとは夏場に水遣りをすることかな。
収穫しても、土に埋めておけば長く保存できます。
味噌味のうどんです。けさは醤油で煮ました。

投稿: ripple | 2008.10.23 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コウガイビル | トップページ | 野川の鳥と花 »