« 一日一絵 | トップページ | 出版セミナー »

2008.09.23

彼岸日和

お彼岸の中日は久しぶりの秋晴れだ。少し掃除をして、客人を迎える準備をした。京子は恒例のおはぎ作りだ。お客さんは延べ12人ほどだった。久しぶりに横浜のいとこがみえた。その4歳の孫娘がとても愛嬌があって、おしゃまで、みんなの笑いを誘っていた。陽気な叔母は、フラダンスを踊って見せてくれた。新聞では「自民総裁に麻生氏」という大見出しがついていた。

4yrs

Hula2

うちの顔
うちの味
ご先祖様も
納得
女房のおはぎ

« 一日一絵 | トップページ | 出版セミナー »

コメント

楽しい一時でしたね。奥様はお客さん見えると張り切られる事でしょうね。ご馳走、おはぎ作りで大忙しの事でしょう。我が家も昨日は年に一度の火曜と祝日重なり、姉一家が夜訪れ、あさから中華街で、マコモダケ、渡り蟹、生のキンシンサイ等、食材を仕入れに行きましたが、大混雑でした。

投稿: 10月のマルコ | 2008.09.24 08:50

★10月のマルコさん、
長続きさせるために無理はしません。
作るのはオハギだけで、あとはお持たせを
開いてご馳走になります。(^-^)
中国でもお彼岸は祝うのでしょうか。
いつか祭日に中華街で食事を注文したら
1時間以上かかって出てきたことがあります。

投稿: ripple | 2008.09.24 09:30

こんにちは、魚の目について有難うございました。
お話を聞いていただけるだけで心が軽くなってまいりました。癒されました有難うございます。今日は体調も悪かったので仕事もお休みしました。お灸も根気がいりますね。今まで足に気が向かなかった分、「生かされている」という、バックナンバーを読んで、涙が出ました。いろんなことに感謝して感じて気付いて生きていかなくてはと思いました。液がしみこんだパッドをつけてふやかしてゆく方法で様子を見たいと思います。長期戦ですよね。
お孫さんの姿や、フランダンスを披露する姿に家族みんな仲良く暮らしているんだなと思い心が温かくなりました♪おはぎ作ったり、羨ましいなあ。

投稿: ひまわり | 2008.09.24 12:20

★ひまわりさん、
ひまわりのように明るく行きましょう。
わたしは五行歌をやっています。
最近の歌をすこし紹介しますね。

不満は
血管を収縮させ
感謝は
血管をひろげる
どちらがいいか決まってる

当たり前のことが
奇跡のように
ありがたく思える
そうなったら
最高

呼吸ができる
ものが食べられる
おしっこが出る
感謝することは
山ほどある

その時その時を
よかったな
ありがたいな
と過ごせたらいい
幸せはプロセスだから

きょうは
どんないいことが
あっただろう
三つ思い出して
床に就く

泣き顔をつくると
泣きたくなる
笑い顔をつくると
笑いたくなる
幸せな顔をつくろう

投稿: ripple | 2008.09.25 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一日一絵 | トップページ | 出版セミナー »