« 作品48 | トップページ | four o'clock »

2008.09.26

紅白の彼岸花

Higanbana3
赤と白の曼殊沙華

あるお宅の庭に、赤と白の曼殊沙華が咲いていた。そのバランスがきれいなので垣根越しに観察していた。そうしたら、たまたま家の人が帰宅したので、「曼殊沙華の花を撮らせていただけますか。白い花は珍しいので」と声をかけた。すると、喜んで承諾してくれた。「季節に忠実な花ですよ」などと言いながら。白い花がクリーム色がかっているのは、光のせいだろうか、もともとこういうオフホワイトの色だったのだろうか。

Higanbana2
1本咲きの曼殊沙華

べつの所では、ブロック塀の脇の空き地に曼殊沙華がぽつりと咲いていた。紅蓮の炎を上げて群生するのも見ものだが、こうしてひっそり咲くのもわるくない。葉がないのでちょっと不気味だが、葉はスイセンの葉を細くしたようなのが来月下旬ぐらいから芽を出し始め、来年6月ぐらいまで青々と繁る。そのあいだに花の養分を蓄えるのだ。


« 作品48 | トップページ | four o'clock »

コメント

こんにちわ~

白花の曼珠沙華もキレイですね。
以前、夕闇の中に白花の曼珠沙華を見た時に
背中に「ゾクッ」としたものを感じた時がありました。

今朝はありがとうございました~
ガビチョウの鳴き声もネットで調べて聞いて見ました
良く似ていますね~
私にはオオルリかガビチョウの鳴き声なのか???

投稿: namiko | 2008.09.26 13:42

★namikoさん、
曼殊沙華はとにかく妖艶な花ですね。
よくお墓などにも植えられていますが、
毒草なのでモグラ除けなどになるそうです。

けさは余計なおせっかいをしましたね。
以前、長池公園でガビチョウの鳴き声を教わり
それが近くの生田浄水場で毎朝鳴いているのです。
いろいろと歌い回すので確定はできませんが、
とてもよく似ていると思いました。
オオルリの方はまったく分かりません。

投稿: ripple | 2008.09.26 15:06

一昨年に白色彼岸花の苗頂き、アカバナの中に植えましたが、出てきません。白い色は珍しいので貴重ですね。クリーム色、ピンクもありますね。

投稿: 10月のマルコ | 2008.09.26 17:05

★10月のマルコさん、
ひょっとすると、これはクリーム色かも。
なんかもっとすっきりした白い花を見たような
気がします。花の改良速度は速いですね。

投稿: ripple | 2008.09.26 17:48

こんばんは。彼岸花とても綺麗でした。白色珍しいですね。
本出版、とても凄いことですね。びっくりしました。次回は是非御自分で書かれて下さい♪出版楽しみにしておりますヨ。奥様の生け花作品のびのびしていて綺麗でした。花はいいですね。パワーもらえます。
今日は体調が悪く仕事を2日ほどお休みすることになりました。魚の目もさることながら、かばって歩く両足裏が激痛です。メンタル面が完全に落ちてしまい何故だか涙が止まりません。そんな中の五行歌はとても嬉しかったです。書き留めておきました。いつもいつも温かい言葉を有難うございます。

投稿: ひまわり | 2008.09.26 19:37

花は季節を忘れないですね^^

つい先日まで、彼岸花今年は咲かないな!と思っていたらお彼岸の声を聞き出すと同時に一斉に咲き誇っています^^

一つ一つの花弁を見ると非常に綺麗ですね^^

投稿: 井中 平 | 2008.09.26 22:07

こんばんわ。彼岸花、きれいですね。高麗のほうの、巾着田の彼岸花の群生は見事ですよ。何回か行きました。機会がありましたら、行ってみてくださいね。

rippleさんの御本が出たら、ぜひほしいです。ご自分で書かれたほうが、絶対いいと思います。草稿を出版社に持っていかれたら、自費でなくても、出せるんじゃないですか。私の父は、そうして出したことがあります。どちらにしろ、楽しみにしています!

投稿: めろん | 2008.09.26 22:41

★ひまわりさん、
秋風が冷たい朝でしたが、気分はいつもひまわりで。
ブログを見に来ていただいて、ありがとうございます。
魚の目は辛いですね。でも、永遠につづくということは
絶対にありません。そういう体験をして、ひとは優しく
なっていくのだと思います。(^-^)

★井中 平さん、
細長く反り返った真っ赤な花びらに、長い触手。
彼岸花は本当に彼岸の象徴ですね。友だちに彼岸花の
アレルギーのひとがいました。教室の机にだれかが
彼岸花を花瓶に差しておいたら、一番前に座っていた
彼の顔は蕁麻疹ができて赤くただれてしまいました。
曼殊沙華の威力に驚かされた覚えがあります。

★めろんさん、
彼岸花の群生はまさに燃えるような美しさでしょうね。
想像しただけで圧倒されそうです。(^-^)

本の話ですが、出版社がついてくれると費用や流通の
関係がらくですね。それだけ魅力的なものを仕上げら
れればいいのですが。このブログも長いので、何冊か
本にできるような気もします。アドバイス、ありがと
うございました。

投稿: ripple | 2008.09.27 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品48 | トップページ | four o'clock »