« 作品47 | トップページ | おかみさんパレード »

2008.09.19

ゼラニウム

Geranium

治療室のとなりのマンションの脇にゼラニウムの花が咲いている。開花期間が長いのでいつも目の保養をさせてもらっている。

学生のころ、ヨーロッパを一ヶ月あまり旅行したことがある。9月だったが、ドイツ、スイス、フランス、イタリアなど、どの国に行っても、窓辺にゼラニウムの朱色の花が飾られていたのを思い出す。緑色の葉に補色の赤が際立ち、木造りの家にもレンガ造りの家にもなじむ。

葉のかたちがちょっとゲンノショウコに似ている。辞書で調べると、やはり、同じ仲間だという。しかもゼラニウムには防虫作用があるそうだ。それで窓辺に飾るのかもしれない。そういえば蚊避けの花に蚊蓮草というのがあるが、やはりゼラニウムに似ている。

近年、ゼラニウムの花は種類が増えて、白、ピンク、オレンジ、斑入り、ちりめんなどが出回っている。しかし、依然として朱色はいちばん防虫効果が高いのではないだろうか、などと考える今日このごろである。


« 作品47 | トップページ | おかみさんパレード »

コメント

葉の匂いが強いですね。好きな香りですが、苦手な人もいることでしょうね。葉と花色のコントラストがいいですね。若い頃欧州にいらしたのですね。それで今でも国際的な感性を持っていると思います。

投稿: 10月のマルコ | 2008.09.19 14:37

★10月のマルコさん、
書いていて思いついたのです。みんながみんな
ゼラニウムを飾るのは意味があるのかもしれない。
その推測が「防虫効果」です。日本より北ですが、
虫はいますからね。(^-^)
 べつに、ドイツには2ヶ月居たことがあります。
帰りにはかなりドイツ語を話してました。ビテ!

投稿: ripple | 2008.09.19 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品47 | トップページ | おかみさんパレード »