« あさがお | トップページ | 迎え火 »

2008.08.12

北島康介、金メダル

Itajima

百分の一秒を争う
百メートル平泳ぎ
二大会連続金メダル
精進のたまもの以外の
何物でもあるまい

準決勝で力んだので
ゆっくり力強く
行こうと思った
やはり
平常心が大切なのだ

« あさがお | トップページ | 迎え火 »

コメント

リアルタイムで観ました!
あの瞬間・・・・ものすごく手に力が入りました!
どんな時でも平常心に持っていける精神力は
安易にできることではないですよね。

投稿: あおむし店長 | 2008.08.12 17:41

★あおむし店長さん、
きのうは北島デーでしたね。
知人でも親戚でもないけど心から応援しましたよ。
苦労しただけあって、本人の喜びは想像を絶しますね。
あとから、じわじわこみあげてくることでしょう。
たかがゲーム、されどゲーム、でしたね。

投稿: ripple | 2008.08.12 19:01

キタジマ選手の泳ぎを4輪駆動泳法と聞きました。
ビデオ観ていると、チベットの五体投地の様でした。
風貌もタコ入道の様強健で、かつ顔は可愛いらしいですね。
世界記録を出したときは、心も五体投地そのものとも、思いました。

投稿: 10月のマルコ | 2008.08.12 19:35

かれの目には力がありますね^^

投稿: 井中 平 | 2008.08.12 20:08

精神力。それも平常心のほうだとは・・・
私も「平常心」が信条だけに、その難しさが
いかなるものかを伺い知ります。
もらい泣きまでしてしまいました。

投稿: ミモザ | 2008.08.14 10:16

★10月のマルコさん、
五体投地とは面白い連想ですね。
わたしは省エネ泳法とみましたよ。
力まずにエネルギーを有効に使っているからです。
きょうは200mでもオリンピック記録で優勝しましたね。
アテネからの4年間、その精進たるや、恐るべきです。

★井中平さん、
同感です。いい目をしてますね。

★ミモザさん、
本番で練習以上のことができるわけはないのですが、
練習の最高の状態をつくることはできるでしょう。
それが力まない、平常心を保つということではないでしょうか。
かれは一生の宝物を獲得してしまいましたね。

投稿: ripple | 2008.08.14 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あさがお | トップページ | 迎え火 »