« 北島康介、金メダル | トップページ | お棚まいり »

2008.08.13

迎え火

きょうはお盆の迎え火の日だが、ちょうど定休日と重なったのでゆっくり準備ができた。盆棚を組み、古い巻物を吊るし、位牌をならべ、お供え物を置き、ほおずきを飾り、竹を立て、ミソハギでお祓いをつくり、提灯を組み立てた。午後3時すぎに、門の入口で迎え火を焚き、牛と馬にご先祖様にお乗りいただき、おうちにお招きした。

Bon2
盆棚を組んで、ご先祖さまを歓待する。

Bon1
ミソハギのお祓い、蓮の葉の代わりにサトイモの葉にナスをのせる。

ご先祖さまたちが到着後、すぐお赤飯をご馳走する。あんころ餅があってもいいが、省略してもいい。お茶やお酒、ビールなどをお供えする。夕方、叔母や従弟たち、5人の客が来た。スイカ、梨、赤飯、サラダ、煮物などをご馳走する。運転手や未成年がいたので、黒酢ジュースを出したら評判がよかった。

Bon3
赤飯をお供えする。(もち米100パーセントの炊き込みおこわ)

その後、わたしも叔母の家に行き、叔父にお線香を上げてきた。テレビは高校野球と北京オリンピックで賑やかだ。

« 北島康介、金メダル | トップページ | お棚まいり »

コメント

先祖の霊を大事になさる事は素晴らしい事です。
習慣も意味のあるものでしょうね。今後も伝えて行きたい物です。

投稿: 10月のマルコ | 2008.08.14 18:39

★10月のマルコさん、
われわれの血液には脈々とご先祖さまの
DNAが流れていますからね。感謝感謝です。

投稿: ripple | 2008.08.16 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北島康介、金メダル | トップページ | お棚まいり »