« あまのじゃく | トップページ | セミとアリ »

2008.08.03

思い出の渚

午後5時ごろ、多摩川の河川敷で行われる「多摩川夕涼みコンサート」に出かけた。場所は、宿河原堰の「せせらぎ館」の下の広場である。数日前、京子が区役所でチラシをもらってきたので、この催しがあるのを知った。夕涼みといっても、まだ陽は高く暑い。

Yusuzumi04
若いデュオが「涙そうそう」などを披露した。

Yusuzumi05
往年のビッグスターが出演する頃には満員になる

Yusuzumi06
盛り上げ隊

前座の若いデュオがの演奏が終わると、いよいよ真打ち登場。「懐かしの60年代ポップスを楽しもう」と銘打って、フォークグループ・ワイルドワンズの鳥塚しげきと、ヴィレッジシンガーズの小松久が、カーペンターズ、ベンチャーズ、ビートルズ、モンキーズなどの曲を聴かせてくれた。そして、数々の和製ポップスを披露した。締めはもちろん、ヴィレッジシンガーズの「亜麻色の髪の乙女」とワイルドワンズの「思い出の渚」だ。

Yusuzumi03
右がワイルドワンズの鳥塚しげき

Yusuzumi02
左がヴィレッジシンガーズの小松久

鳥塚氏は61歳だというが、いまも歌っているので、伸びのある柔らかな声がよく透る。観客も、やはり団塊の世代かその前後が多く、いっしょに口ずさんでいる人もいた。若い人や達者な人たちは、舞台の右のほうで、乗りのいい曲に合わせてツイストなどを踊りだした。舞台が終わるころ、涼しい風が吹いてきた。

Yusuzumi07
陽が落ちると、いい風が吹いてきた

Yusuzumi01
還暦前後の世代が、懐かしい曲に酔いしれた


« あまのじゃく | トップページ | セミとアリ »

コメント

今日は~!(^-^)

あらっ!、こんなコンサートがあったのですか
聴きに行けば良かった。
昨日は、午前中登戸でテニスをして、その後
仲間と暑気払いをしていました。
水辺のコンサートなんて涼しそうですね。

何と言っても「思い出の渚」この曲がかかると
青春時代の真っ只中に戻れるのですよね、(笑い)。
何時聴いても良い曲ですよね、身体が自然と
揺れるのです。60年代のフォーク健在ですね

投稿: スィートピー | 2008.08.04 13:47

★スィートピーさん、
宣伝不足ですね。うちも一週間前に知りました。
多摩川の河川敷(枯れ草)、入場無料が魅力です。
去年は、庄野真代と日野美加が来たそうです。
8月の第一日曜は要チェックですね。(^-^)

始めのうちは暑かったけど、徐々に涼風が吹いて
来ました。鳥塚は声も言いし、しゃべりもうまい。
前日は京都の西本願寺境内でライブを行ったそうです。
翌日は埼玉とか。元気ありますね。
歌はいっぺんに若い頃に引き戻してくれますね。
いい暑気払いになりました。(^-^)

投稿: ripple | 2008.08.04 14:40

懐かしい曲を聴きました~

鳥塚さんは確かにお若いですね~
ずーっと続けていることが良いのですね
やっぱり、この曲を聴くと若い頃にひきもどされます
長い年月、歌われ続ける曲を持っていることが
この方達の若さの秘密かも~

投稿: namiko | 2008.08.04 18:35

★namikoさん、
もう40年ほど昔に騒がれたグループですが、
あの頃の歌は歌詞もよく分かり、テンポが
ゆっくりでいいですね。
 いまでも、けっこう忙しいらしいですよ。
とにかく、客が入るから安心だというのが
主催者側の思いだそうです。歌につれて、
いろんな思い出がよみがえります。(^-^)

投稿: ripple | 2008.08.05 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あまのじゃく | トップページ | セミとアリ »