« 百合の花 | トップページ | 古傷が顔を出す »

2008.08.18

ホースセラピー

日曜日の夕方やっているTBSの『夢の扉』も好きな番組のひとつだ。さまざまな分野の達人を探し出して紹介してくれる。きのうは「ホースセラピー」を行っている齋藤純子さん。ホースセラピーとは何かと思ったら、ホースは馬で、乗馬療法のことだった。

Uma2 馬に乗って歩くと、からだが上下に揺すられるだけでなく、前後左右にも揺れる。からだはバランスを保とうとして筋肉を微調整し、ひいては全身の神経が活性化される。それによって、マヒしていた筋肉が蘇ったり、それを補助する筋肉が強化されるのだそうだ。

番組では、10歳の脳性マヒの少女のホースセラピーを追っていた。この子は補助器具を使用しないと一人では歩けない。それが30分も馬に乗っていると、膝を伸ばして立てるようになった。そして、半年後には短い距離だが補助器具なしで歩くことが出来るようになったのである。

わたしも馬に乗ったことがあるが、馬の背中はやたらに上下するので乗り手はうまくバランスをとらなければならない。お尻は突き上げられて前後に揺れるし、内股で馬の胴を挟み付けなければならない。馬上はかなりの高さがあるので、落ちないように無意識にバランスをとるようになる。こういうことが脳を刺激し、マヒした部分も働き出すのだろう。そういう可能性はよく分かる。

うちでは、まず最初に患者さんの背中をていねいに揺すっている。これは他動的に患者さんのからだ緩め、神経の働きや血行をよくしようとするものである。一方、ホースセラピーの場合は、無意識ではあるが、かなり自動的にこれを行っていることになる。

ドイツではホースセラピーの国家資格があるそうだ。日本では乗馬マシンが市販されているが、そういう資格はない。マヒで苦しんでいる人のために、こうした施設を増やしてもらいたいものだ。

→サイトウ乗馬苑


« 百合の花 | トップページ | 古傷が顔を出す »

コメント

人間自身が本来持ち合わせている自然治癒力が
目覚めるのですかね・・・
ペットの癒し効果も最近よく耳にしますよね。

投稿: ひでちゃん | 2008.08.18 23:40

★ひでちゃん、
たとえは悪いけれど、壊れたラジオを揺すったり
叩いたりすると、また聞こえるようになることがある。
あれと同じような原理ですね。(^-^)

イルカや犬猫など、ペット療法、動物療法のひとつ
ですが、ホースセラピーの効果は大きそうです。

投稿: ripple | 2008.08.19 08:06

お馬さんは気の優しい子でないとダメですね。
馬も気を遣うでしょうね。

投稿: ミモザ | 2008.08.20 17:21

★ミモザさん、
障害者用に訓練されている馬らしいので、
脳梗塞、交通事故、脳性マヒなどの子供や
大人にもいいようですよ。

馬は人を見る、これは本当ですが、先生が
ずっと手綱を引いてくれるようです。

投稿: ripple | 2008.08.20 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百合の花 | トップページ | 古傷が顔を出す »