« チベットの収容所 | トップページ | 休日の午後 »

2008.07.09

休日の午前

午前中、中野島のツカモトに散髪に行った。途中、空き缶を山ほど積んだ自転車に出遭った。これだけ積んでどれほどの収入になるのだろうと思った。日本は格差社会に向かっている、その象徴のように見えた。

Akikan
格差社会の象徴?

中野島と生田の境を新川(ニケ領用水)が流れているが、その橋の工事が始まっていた。まず橋の横に仮橋をつくるのだが、その土台となる支柱の穴を掘っていた。だから、そちらへ曲がる道路は通行止めになっていた。しばらくは不便が生じそうだ。

Hasimotobasi
橋本橋の改修工事はじまる

床屋さんのマスターは鳥が好きで、ウグイスやホウジロを飼っている。以前はカラスを飼っていたこともある。わたしはまだ自然のホウジロの写真を撮ったことがない。かごの中のホウジロの写真を撮らせてもらった。短歌もやっているというので、きょうは五行歌の雑誌を一冊あげた。ここのマスターは、私と鍼を結びつけた人である。30代の若主人は古い映画に趣味があり、日本映画にも洋画にもくわしいので驚いた。

Houjiro
いい声で鳴くホウジロ


« チベットの収容所 | トップページ | 休日の午後 »

コメント

床屋さんのマスターが先生のお仕事の橋渡しをされたのですね、ホウジロ可愛いですね、自分で餌を取る苦労が無いので、おとなしい性質になることでしょう。
アルミ缶の回収日は、多数の方が同じように走っている姿目にします。格差社会が急激に進んでいるようですね。

投稿: 10月のマルコ | 2008.07.10 09:55

★10月のマルコさん、
床屋さんが相模大野のほうの鍼の先生を紹介してくれ、
叔母をなんども車で連れていきました。そのうち、
自分もやってもらい、効果が実感できたので勉強を
はじめ、鍼灸学校に入ったしだいです。
ホウジロの鳴き声はなかなかいい声です。(^-^)

投稿: ripple | 2008.07.10 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チベットの収容所 | トップページ | 休日の午後 »