« 鶴の恩返し法 | トップページ | チベット体操のすすめ »

2008.07.28

セミの羽化

Dappi1
サカキの葉裏で羽化したアブラゼミ

Dappi2
そろそろ飛び立ち、力のかぎり歌うのだろう

Dappi3
この複雑な鎧を脱いでセミの姿になるのだから、すごいねえ

七年も土の中で過ごし
夏の夜、地上に出て
羽化という大仕事を終え
十日あまりで子孫をのこす
なんという一生だろう


« 鶴の恩返し法 | トップページ | チベット体操のすすめ »

コメント

7年も。。
セミにとり途方も無い時間でしょうね。
しかし地上ではほんの一週間の生ですね。
ひとも生を受けるのは百年だが、霊界にいるのは数千年、生を待つのが数千年と聞きました。

投稿: 10月のマルコ | 2008.07.28 14:05

★10月のマルコさん、
6年か7年といわれています。
地上では、1、2週間の命。
セミの体内時計はどうなっているのでしょうね。
アメリカには13年ゼミとか17年ゼミなんて
すごいのがいます。土の中に17年ですよ!

あの世のことについては、どうなんでしょうね。


投稿: ripple | 2008.07.28 16:18

蝉の抜け殻、好きです。
何年か前、絵(版画)にしたことがあります。絵にするということは、よくよく見ることなので、細部にいたるまでの無駄のなさ、造形の美しさに感動しました。
蝉は子孫と共に、抜け殻を残せるけれど、人間の脱け殻は何でしょうね・・・残しても誰も感動してくれないでしょうね。

投稿: かおる | 2008.07.28 17:18

★かおるさん、
新しい抜け殻のそばに去年の抜け殻もまだしっかり
くっついていました。抜け殻は腐らないのですね。
自然のつくるものは、いつも傑作で完璧ですね。
人間の抜け殻ですか、あまり見たくはありません。
生きていても抜け殻のような人もいたりして。(^-^)

投稿: ripple | 2008.07.28 18:37

ご無沙汰しております。記事は読ませて頂いてます。
私としたことが夏バテしました。母の世話や家事は
何とかこなしていますがシャンとしません。
セミの人生を考えたら「甘い」と渇を入れたい気分です。
うちの庭でも羽化しているようで、感動の羽化ショーを
見たいけれど蚊と暑さに負けています。

投稿: ミモザ | 2008.07.29 16:23

★ミモザさん、
毎日暑いですからね。京都は大雨もあったのかな。
きょう書いた「チベット体操」がいいかもしれません。
少しずつ続けていると、元気になりますよ。

セミの羽化これがほんとのセミヌード (おそまつ!)

投稿: ripple | 2008.07.29 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴の恩返し法 | トップページ | チベット体操のすすめ »