« 民家園通り夏祭り | トップページ | ミミズハウス »

2008.07.20

偏頭痛には灸

50代後半の女性が頭が痛いといって治療にみえている。右側の後頭部の表面がズキズキ痛む。病院では後頭神経痛と診断されたそうだ。交通事故などの後遺症でも、また脳の病気でもなさそうだ。帯状疱疹ならもう発疹が出ているはずだ。

初回は、つらそうなので、痛みのある部位に鍼を刺した。しばらく置鍼し、それから直接お灸をしていった。頭のお灸は圧痛点に印をつけて、髪の毛を掻き分けて、米粒の半分ぐらいの大きさの艾(もぐさ)を円錐形にして、底を少し湿らせて置く。そこに線香の火をつける。頭は表皮だけで真皮がない。だから、思ったほど熱くはない。むしろ、ツーンとして気持ちがいい。

翌日、2回目の治療を行った。前日の治療が効いて、頭痛は半減し、よく眠れたといって喜んでいた。きょうは首から背中の鍼を加えた。首と頭の境目が後頭神経の出てくるところだ。また背中は交感神経の異状興奮を鎮めるためである。さらに、頭痛のときに効く足のツボにも鍼をした。右後頭部には1回目と同様、鍼と灸をした。

一日あいだを置いて、きょうは3回目の治療だが、もうすっかり頭痛は消えたという。軽く首と背中に鍼をし、背中には温灸を加えた。ぐあいがよさそうなので、これで治療を終了し、ようすを見てもらうことにした。頭痛には灸がよく効く、じつによく効く。

« 民家園通り夏祭り | トップページ | ミミズハウス »

コメント

先生の手にかかれば、頭痛も退散でしょうね、
心から癒しのパワーが出ているからと思います、
私も灸を30年、欠かしたこと有りません。LA,カリフォルニアにいても何時も持参していました。
我が心身の最良の薬であり、伴侶です。

投稿: 10月のマルコ | 2008.07.22 22:12

★マルコさん、
鍼と灸は東洋医学の車の両輪だと思います。
わたしは鍼とともに灸もかなり重視しています。
膝の腫れ、痔、アトピーなどによく使います。
いずれにしても、先人の知恵に感謝、感謝。

投稿: ripple | 2008.07.23 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民家園通り夏祭り | トップページ | ミミズハウス »