« 受難のチベット | トップページ | たくまし草 »

2008.07.04

7月号投稿歌

神さまは
慈愛の波動を
送っているのに
受信機が壊れていては
どうにもならない

ひとの痛みは
分からないけれど
想像はつく
分かろうとする
心があれば

こころの芥

少しずつ
洗われてゆくようだ
それを励みに
また五行歌をよむ

九羽のヒナは
離合集散
シンクロナイズ
カルガモの母の
その目は優しい

« 受難のチベット | トップページ | たくまし草 »

コメント

1番の歌が気に入りました、慈愛の波動とは、真の耳、の良い人には聴こえるのでしょうね、

投稿: 10月のマルコ | 2008.07.04 21:11

★10月のマルコさん、
お風呂に入ってボーッとしているときなど、
ふっと思い浮かぶことがあります。それが
思いもよらぬアイデアだったりして。

気のつくことはじきになし
気がとがめたらせぬがよい

神は波動を受け取れればいいのですが。(^-^)

投稿: ripple | 2008.07.05 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 受難のチベット | トップページ | たくまし草 »