« 7月号投稿歌 | トップページ | 風蝶草 »

2008.07.04

たくまし草

けさ、府中県道が小田急線をまたぐ陸橋の上で渋滞していた。いつもなら40キロぐらいで走り過ぎてしまうところである。ふと窓の外を見ると、中央分離帯の継ぎ目部分から草が生えているではないか。それもかなり大きい。ミチシバの類いだろうか。反対車線は勢いよく車が走っている。廃棄ガスもかかるだろうし、日昼の暑さは尋常ではあるまい。雨の降らないときは、どうやって水分をとるのだろう。いやはや逞しいものだ。などと感心しているうちに、渋滞の列が動きだした。たくまし草と呼んでやろう。

Kusa


« 7月号投稿歌 | トップページ | 風蝶草 »

コメント

たくまし草命名が素晴らしいですね、
先生がゴットファザーです、草も子孫を残し、益々強い種が残るでしょうね、

投稿: 10月のマルコ | 2008.07.04 21:09

★10月のマルコさん、
逆境に生きる生命力に頭が下がります。

投稿: ripple | 2008.07.05 09:03

たくまし草~
ステキなネーミング・・・
雑草のように逞しく~といいますが
こんなにシッカリと見てくれる人がいて
それに名前までつけてもらって
雑草冥利に尽きるのでは?

投稿: namiko | 2008.07.05 16:04

★namikoさん、
すごい生命力ですよね。4車線の道路の
中央分離帯のわずかな継ぎ目ですからね。
五行歌をやるようになってから、観察力
がついたように思います。(^-^)

投稿: ripple | 2008.07.06 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月号投稿歌 | トップページ | 風蝶草 »