« 新百合ヶ丘・五行歌会 | トップページ | 枇杷の実 »

2008.06.26

ボツ

きょうの読売新聞に載るかもしれなかった歌、というか、われわれが投稿した二首を載せておこう。じつはボツだった。上の歌はわたし、下の歌は妻のもの。やっぱり入選した歌に比べると、なんとなくパッとしない。(^-^)

平凡であること
なにげないこと
それが最高の幸せ
そのことを
失う前に知ろう

あすは食べごろと
楽しみに残した
キュウリ二本
鳥に食べられ
ころがっている

« 新百合ヶ丘・五行歌会 | トップページ | 枇杷の実 »

コメント

残念ながら、失ってみないと分からないことが
多いですね。今回の再発も又。

昨日新宿に歌仲間のTさんと
寄席を聞きに行ったのですが、
今玄米菜食を心がけているというと
「何 この3年間そんなこともやってなかったの」とあきれられました。グスン。

今日はまだ泳げないので見学のつもりで行った
ヨガをやってきました。

投稿: Kei | 2008.06.26 20:43

★Keiさん、
でも再発の手術も済んだし順調なのでしょう。
そうしたら「これぐらいですんでよかった。
ああ、ありがたい。わたしは、しあわせ者だ」
と感謝感謝で暮らせばいいのではないでしょうか。
おやまた、釈迦に説教をしてしまいました。(^-^)

ゲルソン療法というの検索してみると分かりますが、
徹底した菜食療法というのもありますからね。
笑いも大切。寄席行ってグスンじゃないでしょう。
ヨガもいいですね。

玄米菜食けっこう
笑いもけっこう
ヨガや水泳
書道も絵画もけっこう
だけど五行歌最高

投稿: ripple | 2008.06.27 10:49

rippleさんの歌は奥が深いですね。
奥様のは自然体で、頷いてしまいました。

投稿: ミモザ | 2008.06.27 15:28

★ミモザさん、
一般的に言って、
男は理屈っぽい、女は情緒的、
それが出てますね。

投稿: ripple | 2008.06.27 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新百合ヶ丘・五行歌会 | トップページ | 枇杷の実 »