« サカキの花 | トップページ | 作品40 »

2008.06.12

分子標的治療薬 

きのうの「ためしてガッテン」は、「がん徹底予防スペシャル」というタイトルで、がんの新しい治療薬を取り上げていた。その名を分子標的治療薬という。分子レベルでがんの働きを止めてしまおうというものだ。

いままでの抗がん剤は、がん細胞を殺すことに重点がおかれていた。しかし、それは正常な細胞にも作用し、白血球が減少するなどといった強い副作用をともなう。

分子生物学の進歩により、がん細胞がもつ固有のタンパク質だけに作用する薬が開発された。これが分子標的治療薬である。がんの悪性化にかかわる血管増殖因子や転移関連因子など、ミクロの分子にターゲットを絞り、その働きを止めて、がんの進行をストップさせようというものである。がん細胞を殺すのではなく、それいじょう悪化させないという考え方である。

番組では、この分子標的治療薬を使っている人が紹介されていた。がんは消えないが、なんの症状もなく暮らしていけることをとても喜んでいたの印象的だった。

→ためしてガッテン「分子標的治療薬」

« サカキの花 | トップページ | 作品40 »

コメント

分子標的治療薬。
科学の進歩はガンの撲滅に一歩近ずいているのですね、
鍼灸漢方は、その予防に威力を発揮しますね、
ガンのリスクを減らす、大きな力になると思い、日々針を打っています、

投稿: 10月のマルコ | 2008.06.12 16:52

★10月のマルコさん、
長生きをするようになったぶん、がんで死ぬ率が高くなりましたね。むかしなら脳溢血や肺炎で早くに亡くなってしまいました。急激な環境の変化もガンの一因だと思います。この五十年ほどで、衣食住や環境要因が一変してしまいましたから。われわれは只管、免疫力、自然治癒力をつける方向でがんばるしかないですね。

投稿: ripple | 2008.06.12 17:26

父を10年前に癌で亡くしましたが・・・
医学が進歩しているといっても・・・
やはり早期発見が重要なのは変わってませんね。

投稿: ひでちゃん | 2008.06.12 17:42

★ひでちゃん、
その通りです。早期発見、早期治療が大切ですね。
最近は治療方法が進歩しているので、医師も簡単に
告知をする場合が多いようですね。

投稿: ripple | 2008.06.13 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サカキの花 | トップページ | 作品40 »