« 合歓の花 | トップページ | ボツ »

2008.06.25

新百合ヶ丘・五行歌会

きょうは「新百合ヶ丘さつき五行歌会」の発会の日だ。おもに「よみうり五行歌」に投稿している人たちが招待を受け、約50人ぐらいが集まった。うち30人ほどが新しい人たちだという。場所は、新百合21(トゥエンティーワン)ビルの会議室だった。京子は、ラウンドのフラワー・アレンジメントをつくってお祝いに持って行った。

Hakkai02
笑顔の絶えない草壁焔太主宰

わたしは五行歌を初めてもう5年ぐらいになるが、体調がいまいちすぐれなかったので、いままで歌会に出たこともなく、また主宰の草壁焔太先生にもお会いしていない。たまたま、この会が水曜日に開かれたおかげで、歌会に出席することができ、草壁先生にお会いすることができた。ふたつの願いがかなって、二倍うれしい。

Hakkai01
盛況だった新百合ヶ丘さつき五行歌会の初日

はじめに一時間ほど、焔太先生の講演「誰の心にも名作がある」があった。先生はユーモアを織り交ぜながら、五行歌の由来、特徴、利点、効用などについて、楽しく講演をされた。印象に残った話は次のような内容である。

・古代の謡曲は天皇や位の高い人たちの歌が多く、自由律だった。

・漢詩が五言絶句、七言絶句などと、五文字や七文字で書かれているので、それにとらわれて、五七調・七五調が尊重され、それが延々と千年以上つづいた。

・五七調は哀調を帯びている。だから、どの歌も悲しく、寂しい歌になってしまう。

・思いを口語で表現するようになってから、まだ100年あまりしかたっていない。

・五行歌によって、思いのままを自由に歌にすることができるようになった。

・悲しい歌であっても、それに共感し、自殺を思いとどまった人もいる。

・思いを表現するとすっきりし、ストレスが解消され、健康になってゆく人が多い。

実作練習に入って、参加者が一首ずつ歌をつくり、それに焔太先生が講評を加えられた。うまい歌、楽しい歌、悲しい歌などがあったが、それぞれの歌にその人柄が出ているようで面白かった。京子の歌と私の歌はこんな風だ。ほとんど即詠である。

「うまい!」           京子
その一言で
むくわれる
一時間かかった
梅味噌づくり

毎朝              ripple
仏壇に手を合わせ
無数のご先祖様の
笑顔を見て
一日が始まる

他の人の五行歌も味のある歌が多かった。すこし紹介しよう。

本命の長男は         まもる
音沙汰なし
大穴の二男から
芋焼酎
父の日に届いた

ご近所の             しおん
強面のおじいちゃんが
孫と歌ってるキラキラ星
夕暮れと共に
優しく舞い込む

ごめんね             泰子
つらいよね
オムツ交換
寝たふりをして
あなたは受け入れる

なきがら             圭子
なりし愛娘の唇に
我れ
万感を込め
紅を引く

その後、「三色菫」で茶話会を開き、いろんな人と歓談した。きょうは、とてもいい気をめぐらすことができて幸せだった。

« 合歓の花 | トップページ | ボツ »

コメント

五行詩
自由でいいですよね。

写真見たとき
緒方 拳かと思っちゃいました!!
映画の一こまかな?!ッて。。。

投稿: 井中 平 | 2008.06.26 07:41

★井中 平さん、
五行歌の会では、誌よりも歌に近いので
五行歌と読んでいます。

思いを
自由に
口語で
五行に書けば
それが五行歌

なのです。

緒方拳ねえ、もっと優しく温かいでしょう?

投稿: ripple | 2008.06.26 09:21

新百合ヶ丘・五行歌会発会の日と水曜が重なり、素晴らしい日でしたね、
くさか先生にもお会いでき良かったですね、以前先生にお会いしたとき、rippleさんのご紹介ですと、伝えてあります、
会場の空気伝わる写真です、奥様のアレンジで華やいだ事と思います、

投稿: 10月のマルコ | 2008.06.26 11:32

rippleさん今日は(^-^)

昨日新百合での講演会参加させていただきました。草壁先生の講演とても面白かったです。
分からないまま、勝手に思いつきでかいていた
歌ですけど、本を頂いてきて、先生のお話を
聞いてきて、少し勉強してみようかと・・・

皆さん素敵に詠まれておりますね。

奥様の詠まれた気持ち私にも分かります(笑い)
そうなんですよね、旨い!言われると苦労なんて忘れてしまうのです。

又夕べ一キロの梅味噌を作りました。今度は
自分の家の分も残しておかないと・・です。

投稿: スィートピー | 2008.06.26 13:20

追伸です:帰りにお言葉を掛けようと思ったのですが、受付の方が一番前の席にいらっしゃると言うものですから、そのまま失礼して帰ってきてしまいました。
又何かの時にでもお目にかかりたいと思います
有難うございました。

投稿: スィートピー | 2008.06.26 13:23

五行歌は詩より歌に近いから~そうですね!

今朝の読売新聞の五行歌にもステキなのがありましたね~
特選の「ぼく育ててみる」~なんて好きだなぁ・・・

投稿: namiko | 2008.06.26 15:44

★10月のマルコさん、
草壁先生は着物で角帯をきりっと締めていました。
和服もいいものですね。終始笑顔を絶やさずに、
とうとうと話をされていました。
またたくさんの人と出会いました。
マルコさんもお近くの歌会に出られたらどうですか。
日曜の午後とか、火曜日だと厚木になりますが。

★スィートピーさん、
連絡がぎりぎりだったので、おいでにならなかったのかと
思いましたが、ブログを読んだら、いらしていたという
ので驚きました。お会いしたかったけど、楽しみはまた
こんどということにしておきましょう。
五行歌で病気がなおったり、より健康になるという例は
かなりあるようです。なにごとも心がカギですからね。

梅味噌はいろんな人に勧めています。きのう集まった
人の何人かにもお知らせしました。あれは美味しい!!
五行歌がたくさんできそうです。(^-^)

投稿: ripple | 2008.06.26 17:27

★namikoさん、
namikoさんも五行歌を書いてくださいな。
ネコのことなら、いくらでも歌ができるでしょう。
わたしたちの投稿歌はともにボツになりました。
だいじょうぶ、ボツには慣れていますから。(^-^)

投稿: ripple | 2008.06.26 17:29

先生へ
お誘い感謝いたします。
休診日が週一、火曜のみで祝祭日も診療なので、中々厚木迄行けません、昨年クサカ先生にお会いした際、綱島で会を作ったらと、勿体無いお言葉頂きましたが、当分出来そうに有りません、
でも先生には五行のご紹介何時も感謝しています。

投稿: 10月のマルコ | 2008.06.26 17:58

★10月のマルコさん、
休みの日は休みの日で、やることがありますからね。
でも、マルコさんもすっかり五行歌にはまっていますね。
ていねいなレスを見ていると優しい人だなと思います。
これからも、いい歌を詠みつづけてくださいね。(^-^)

投稿: ripple | 2008.06.26 18:45

先生新百合ヶ丘の歌会発会に参加されたんですね。そういえば水曜は定休日でよかったですね。

先ほど会の発足に尽力された澤田氏から電話が
あり、私が先生の患者で旧知だということを言いましたら、もっと華凛さんのことも含めて話を
してくるんだったと残念がっていました。

私も参加したかったのですが、南瀬谷と同じ開催日で残念ながらいけませんでした。

8月からは第3水曜を予定しているとかで
そうなったら私も行きたいなと思っていますが、
その頃は放射線治療かもしれません。

焔太先生の「誰の心にも名作がある」は何度きいても、先生のお人柄とあいまって感動です。

投稿: Kei | 2008.06.26 20:32

★Keiさん、
はい、初めて歌会らしきものに参加し、
また初めて焔太先生にお会いしました。
水曜日だったのが幸いしました。(^-^)

わたしも華凛さんが見えると期待して
いましたが、瀬谷歌会があったのですね。
森脇さん、神川さん、前さん、すみれさん、
と名前しか存じ上げないかたを拝見し、
五行歌会がいっそう現実味を帯びてきました。
ここに入会しますので、今後ともどうぞ
よろしくお願いいたします。

投稿: ripple | 2008.06.27 10:40

楽しそうな様子が伺えて私も嬉しくなりました。
京子さんも手づくりのお祝いを持ちになって
行かれたのですね。素敵です。
水曜だとご夫婦で参加出来ますね。
私は情景をサラリと詠みたいのですが、なかなか(^.^)

投稿: ミモザ | 2008.06.27 15:26

★ミモザさん、
五行歌に縁をいただいたことに感謝しています。
私は情景をサラリと詠みたい、いいじゃないですか。
どんな歌にもその人が出るのは間違いありません。(^-^)

投稿: ripple | 2008.06.27 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合歓の花 | トップページ | ボツ »