« 栗の赤ちゃん | トップページ | 新百合ヶ丘・五行歌会 »

2008.06.24

合歓の花

新川の土手に合歓の木(ネムノキ)が1本あり、3、4日前から花が咲き始めた。ふわりとした柔らかい刷毛のような花で、穂先の淡いピンクが美しい。美智子妃の「ねむの木の子守唄」を思い出す。 ♪ねむの木の子守唄

Nemunoki01

Nemunoki04

Nemunoki02

Nemunoki03


« 栗の赤ちゃん | トップページ | 新百合ヶ丘・五行歌会 »

コメント

シンガポールでも合歓の木を見かけたことがあるんですが、ちょうど花が満開の頃でとてもきれいで印象的でした。
この辺りではまだ見かけていないんですけどね…。

投稿: 中谷京華 | 2008.06.25 08:19

すみません;;この辺り→私が今住んでいる近辺のことです。

投稿: 京華 | 2008.06.25 08:22

合歓の木って独特の優しさがありますね。
歌も久し振りに聞いて懐かしい感じがしました。
父の存命中は庭に合歓の木があった筈なのに
どうしたのか今はありません。枯れたのかな。

梅ミソを作ってみました。2回やって腕がおかしい^m^
ブログで引用させて頂こうかと思います。
スイートピーさんの所へご挨拶へ行かないといけませんね。

投稿: ミモザ | 2008.06.25 23:20

★京華さん、
内陸は少し遅いでしょうが、すぐ咲くでしょう。
吹けば舞い上がるような軽そうな花ですね。

合歓の花きょうか明日かと待ち焦がれ (^-^)

★ミモザさん、
合歓の木は、夕方になると葉を閉じて、花も
眠ったようになります。ねむの木の子守唄と
いう題名がぴったりですね。

梅味噌は、食べるたびにその美味しさに感動
しています。会う人ごとに勧めています。(^-^)

投稿: ripple | 2008.06.25 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗の赤ちゃん | トップページ | 新百合ヶ丘・五行歌会 »