« メジロの根性 | トップページ | 綿毛 »

2008.05.09

卯の花

昼休みに自転車で生田緑地に行った。葉っぱが多いので野鳥観察は難しいが花を見ることはできる。ちょうど卯の花が満開だった。「♪卯の花の匂う垣根に~、ホトトギスはやも来啼きて~」の卯の花である。卯の花はウツギのことで、漢字で空木とか卯木と書く。空木と書くのは、幹が中空だからだ。うちのほうでは、むかしから地境にウツギを植えている。菖蒲田にはまだ花はひとつもない。キバナ菖蒲だけが咲いていた。

Ryokuti03
卯の花の咲く道

Ryokuti04
卯の花にアオスジアゲハが遊んでいる

Ryokuti06
植木屋さんに訊いたら、これもウツギ(卯の花)だという。タニウツギ?

Ryokuti05
花菖蒲はまだ小さく、キバナショウブだけが咲いていた。

噴水の近くのニセアカシア(針槐:はりえんじゅ)はすでに花が終わりかけていたが、青少年科学館の裏のほうにある木はちょうど満開だった。虫が盛んに蜜を吸っていた。

Ryokuti01
ニセアカシアの花。くろがね屋のそばの多摩川にもたくさん咲いている。

Ryokuti02
花は藤のように垂れている。

泰山木の蕾がふくらみ、数日で花を開きそうである。
また、カエデの竹とんぼというか、プロペラがかわいい。
シイノキの花は栗の花のように強烈な匂いがする。

Ryokuti08
♪泰山木の花咲けば~夏が来るよ~

Ryokuti07
楓の竹とんぼ、木トンボ(種を遠くへ運ぶ)

Ryokuti09
栗の花、青臭い。

緑地の中ではないが、途中の道の山側に桐の花が咲いていた。ほとんど藤の花と同じような色だが、上に向かうように咲いているのが特長だ。葉っぱも大きく丸い。むかしは、女の子が生まれると桐を植え、嫁に行くころには桐箪笥をこしらえて嫁入り道具にしたという。それだけ桐は成長が早い。クサのようでクサでないから、木と同じと書くそうだ。

Kiri1
桐の木の樹形

Kiri2
桐の花、やさしい紫色である。

ついでに、うちのベニカナメモチの花と、治療室の駐車場のそばのお宅のカナメモチの花も載せておく。カナメモチというのは、扇子の材料に使われたからだそうだ。扇子には要がある。

Kanamemochi3
ベニカナメモチの花

Kanamemochi2
カナメモチの花

Kanamemochi1
さらにクローズアップ


« メジロの根性 | トップページ | 綿毛 »

コメント

今晩は~!初夏の花を沢山見せていただいて
白い花が多い事に気がつきました。
初夏には白が似合うのでしょうか。

ニセアカシアの花があちこちで見受けられますね。この花房を天ぷらにしていただくと美味しいそうです。
食べた事ないのですが、甘味でもありそうですね。山梨の地域で天ぷらにするのをテレビで
放映していました。
一度食べてみたいですね。

投稿: スィートピー | 2008.05.09 23:00

自然が織り成す芸術の数々、特に楓の竹とんぼが良いですね、自然から学ぶものは数しれず、もしかしたら月を目指したアポロ13号も、植物、鳥から学んだのでしょうね、

投稿: 10月のマルコ | 2008.05.10 08:55

★スィートピーさん、
春は黄色、初夏は白、梅雨は紫、の感じでしょうか。
ニセアカシアの花房をてんぷらですか?
小さいうちなら食べられそうですね。
名前に「にせ」なんてついて、ちょっとかわいそう。

投稿: ripple | 2008.05.10 08:58

ウツギは沢山の種類があって長い時期、楽しめますね~
キリの木は東生田小学校の前に大木が2本ありました。
毎年、咲く頃を楽しみにしていましたが今年、校舎、建て替えのために切り倒されました・・・がっかりです。
楓のタケトンボ、可愛いですよね~

投稿: namiko | 2008.05.10 10:41

★10月のマルコさん、
自然の完成度を見たら、神様の存在を疑えませんね。
さいきん注目されている「トレハロース」も、昆虫や
渡り鳥、あるいはネムリユスリカなどの持つ不思議な
エネルギー源ですね。

★namikoさん、
ウツギは弱そうにみえても丈夫な木で、
高速道路なんかにも植えられています。
わたしはヒメウツギの花が好きです。
木の花は一般に地味ですが、そういうのにも
興味を持つ年(?)になりました。

投稿: ripple | 2008.05.10 12:46

ニセアカシアはアカシアの偽者なのかしら?
本当に可哀想な名前ですよね。
rippleさんは沢山の植物の名前を知って
おられて驚きます。
覚えても覚えても忘れてしまう私です。
カナメモチを覚えました・・かな?
いつも「何だろう」と思っていた花です。

投稿: ミモザ | 2008.05.10 16:08

★ミモザさん、
わたしも植物の名前を覚えるのは苦手です。
そのつど確認するため調べています。
ベニカナメモチは一時はやって、よく生垣
に使われていました。俗称「あかめ」です。
しかし、その花となると、ちゃんと見たのは
ことしが初めてなのです。(^-^)

投稿: ripple | 2008.05.10 16:18

卵の花?!と思ったら卯の花だったんですね(笑)
卯の花に綺麗なアゲハが似合いますね!
生田緑地は四季折々の風景を楽しませてくれますね

投稿: ひでちゃん | 2008.05.11 00:12

★ひでちゃん、
卵の花ではありません、オカラでもありません。
ウツギです。ことしは菖蒲がすこし遅れそうです。

投稿: ripple | 2008.05.11 08:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メジロの根性 | トップページ | 綿毛 »