« 休日菜園 | トップページ | 5月号投稿歌 »

2008.05.07

恋するメジロ

Mejironaku1

Mejironaku5

小さなからだで
声の限りを尽くして
囀りつづけるメジロ
わたしはあれほど真剣に
生きたことがあっただろうか

« 休日菜園 | トップページ | 5月号投稿歌 »

コメント

メジロは
今が恋の季節
そういえば
我が家の工場に
番の燕が巣を探しに


ここの所毎日遣ってきます、シャッターを
締めてしまうので巣作りされると困って
しまうので、ごめんねダメなのよ~と
追い払うのですが、つばめが遣ってくると
良い事があると聞きますが、どうかしらね。

投稿: スィートピー | 2008.05.07 22:49

え?今頃恋の季節ですか?
我が家のテラスに来ていた
仲良しメジロは
何時だったかしら?

投稿: sakura | 2008.05.07 23:02

良い歌ですね、
心に沁みます、
我が家の愛犬も盲目になり、
こんな小さな命でも何故、試練を受けるのか、
疑問ですが、犬が他者に教えること多いです、
5月号巻頭歌も最高でした、

投稿: 10月のマルコ | 2008.05.08 11:53

★スィートピーさん、
季節の五行歌をありがとうございました。
ツバメは人家に巣をつくることが多いですね。
カラスなどに襲われないように。
子供の頃は玄関のなかに巣をつくり、
夜も玄関の扉をすこし開けておきました。
駅のホームにも巣をつくりますね。
嘴で泥を運んで巣をつくる、働き者ですね。

★sakuraさん、
とにかく、ケヤキの天辺で一日中、しかも
全身全霊をかけて囀っています。これは恋
以外には考えられません。とにかく、その
根性には頭が下がります。(^-^)

★10月のマルコさん、
五行歌をお褒めにあずかり恐縮しています。
これはかなりよくできた歌だな、なんて
自分でも思っていたりして。(^-^)

投稿: ripple | 2008.05.08 12:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日菜園 | トップページ | 5月号投稿歌 »