« ムラサキツユクサ | トップページ | 棕櫚の花 »

2008.05.04

みどりの民家園

きょうは「みどりの日」で休日だが、ぎっくり腰の人などがいたので午前中3人治療した。午後から晴れるというので、京子と日本民家園に行った。入園料は大人500円だが、1000円で年間パスポートが買えるので、それを購入した。これで、いつでも自由に民家園に入ることができる。バードウォッチングもしやすくなるぞ。

Minkaen009
端午の節句のお飾り

ちょうど午後2時からガイドの案内があるというので、まず合掌造りの家に行った。ソバ屋のある所だ。民家園には何度も通っているが、ガイドの説明を聞くのは初めてだ。おかげで、いろんなことを知ることができた。

Minkaen001
合掌造りの家、五箇山(富山県)

Minkaen0011
こいのぼりが泳いでいる

民家園の建物は200年も300年も前に建てられたものだけれど、必要に応じて住人が手を加えているものが多い。そこで移築するとき、学者や専門家が立ち会って、もっとも初期の形に復元しているそうだ。

Minkaen0021

Minkaen004
古民家の内部、囲炉裏と自在鉤など

たとえば、合掌造りの場合、家の棟の部分(両側の屋根が接するところ)がいちばん弱点になるという。そこでその部分を竹や瓦で覆ったり、屋根に横木を刺して棟を縄で固定していたりする。木を交叉させて重しにしている家もある。

Minkaen002

Minkaen003
左は角材の重し、中央は土の重しで草を植えてある。

Minkaen0024
この屋根も土止めで、イワヒバを植えてある。

そのなかで、棟に草が生えているものがある。それは棟の部分にワラを積み、その上に泥を塗って屋根が風に飛ばされないようにしてあるそうだ。その泥が雨に流されないように、岩ヒバやイチハツなどの根の張る植物を植えてある。藁葺き屋根が古くなったので苔が生したのだろう、ぐらいに思っていたが、それなりに意味があるというのに感心した。辞書を引くと、イチハツにはまた火災を防ぐ力があると信じられていたそうである。

Minkaen006
棟にカヤを積み土を乗せ、根の張る草を植える。

Minkaen007
ちょうど、イチハツが咲いていた。菖蒲に似ている。

Minkaen005
床上公開の古民家ではいはいする子。首の湾曲が育つ。

Minkaen012
民家園を出るとメタセコイアの林

Minkaen011
梢の緑も日に日に濃くなる

帰りには小雨が降ってきた。ダイエーの前の茶舗「つるみ園」に寄って、好物の葛餅を食べる。新茶は飲み放題。おまけに陶芸の先生に掘りたてのタケノコをいただいた。きょうは、日本民家園でまさに「みどりの日」を満喫することができた。本当に気持ちのいい日だった。 


« ムラサキツユクサ | トップページ | 棕櫚の花 »

コメント

あ〜
民家園最近行ってないな〜

緑が美しすぎますねheart

明日にでも行ってみようかと。

投稿: なつ | 2008.05.05 04:28

★なつっちゃん、
新緑が目にしみる民家園、いいでしょう。
なつっちゃんは若く見えるから子供で通るかも。
竹細工、わらじ編み、お茶会、昔話、機織など、
いろんな催しものをやってるみたいです。

投稿: ripple | 2008.05.05 07:52

今の時期に行くと新緑でいいですね。
近いから行けばよいのに、、
鳥はいなかったでしょ。
何時も鳥はいないように思いますが?

投稿: sakura | 2008.05.05 12:23

富山の合掌造りとはちょっと違うような気がする。どこか不自然ですが******7月には、東海北陸自動車道が、開通します、県内は、経済効果を期待しているとのことで、bigな話として、新聞に出ておりますよ。
五箇山は、もう駐車場が、確保できないだろうと、言われております。確かに山道ですから、観光バスに、出くわすとすり替えが大変ですし、道幅がとに角狭いです。
一度、いらしてくださいね。白川郷の景色が、最高です。

投稿: トミー | 2008.05.05 20:30

★sakuraさん、
暑くなく寒くなく、今の時期は最高ですね。
野鳥観察小屋には行きませんでしたが、鳥は
たくさんいましたよ。アオゲラ、エナガ、
ウグイス、コゲラなど。ただし、葉っぱが
多く、その姿は確認できませんでした。(^-^)

★トミーさん、
するどいですね、トミーさん。この家は
富山でも白川郷に近いところなので、その
影響を受けているそうです。平家の落人部落
の家で、冬は火薬などを作っていたそうです。
金沢藩がつくらせていたとか。
わたしの記憶に間違いがあるかもしれませんが。
白川郷はまだ行ったことがありません。
ぜひ一度行ってみたいですね。(^-^)

投稿: ripple | 2008.05.05 20:56

古民家はエコ住宅でも有りますね、古い物から新しい発想が生まれるとおもいます、家は生きているので人が生活してこそ、完結されますね、誰か住んでいるのでしょうか。

投稿: 10月のマルコ | 2008.05.06 21:28

★マルコさん、
民家園では毎日どこかの家で囲炉裏に火を入れています。
薪の煙で屋根の虫を殺し、タールでワラをコーティングし、
雨漏りを防ぎます。冬は寒いけれど、夏は涼しそうです。

投稿: ripple | 2008.05.06 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムラサキツユクサ | トップページ | 棕櫚の花 »