« クサカゲロウ | トップページ | 葉玉葱のぬた »

2008.04.27

野毛大道芸

日曜日で治療室が忙しかったが、午後1時過ぎに横浜野毛の大道芸を見に出かけた。きょうが最後でわずかな時間しかないが、いちおう雰囲気だけでも味わいたかったのだ。桜木町に着いたのは2時半ごろだった。

Daidogei013
本通りのショーは黒山の人だかり

お腹がすいたのでまず腹ごしらえをと、野毛柳通りの村田家という店に入った。ちょうど店を出る客とすれ違い、その人が「奥の席があいたよ、大道芸が正面で見られるよ」と言う。そう言われたら黙っていられない、椅子席も空いていたが、どんどん奥の座敷に行った。

Daidogei001
旦那さん、いい席ですね。写真ですか、はい、ピース!

Daidogei002
腕を切ろうとするが、なかなか切らない。「だれか止めてくださいよ!」

なるほど窓際の席が空いていて、外ではまさに「ガマの油売り」をやっているところだ。四角四面の鏡張りの箱に入れたガマガエルが、自分の顔を見て油汗を流し、それを集めたのが「ガマの油」だ。切り傷によく効くというので、日本刀で腕に傷をつけ、それに油を擦り込むとあっという間に傷がなおる、という怪しい話だ。その口上が面白くて、笑いころげた。

Daidogei005
みごと、独楽が日本刀の刃の上で回る

Daidogei004
独楽を空中に回し、ミニ出前箱のまわりへ、中へと自在に移動

村田家を出て、つぎは独楽(こま)の曲芸を見た。日本刀の刃に独楽を乗せたり、出前箱に出し入れしたりして、観客の喝采を浴びていた。

Daidogei008
人間彫刻、観客にピカソ「ゲルニカ」のポーズをつくらせる。

Daidogei009
こちらも「ゲルニカ」の一部、右の男性はとくに辛そう

Daidogei010
「ゲルニカ」の右が完成、体力勝負

Guernica_2 ちなみに、本物の「ゲルニカ」はこんな絵だ。(拡大可)

Daidogei011_2あちこちで曲芸などをやっていたが、人垣が厚くて中で何をやっているのかなかなか見えない。

投げ縄、高い一輪車に乗りながらのジャグリング、人間彫刻などを、その人垣のあいだから文字通り垣間見た。前のほうの5列目ぐらいまでがしゃがんでくれるといいのだが。

最後に見たガラス玉の曲芸は見事だった。イケメンの若者が指をしなやかに動かして、大きなガラス球をまるで生き物のように操っていた。みんな好きで大道芸をやっているだけに、口上もうまく、演技もてらいがなくて好感が持てた。短い時間だったが、大いに笑い、驚き、感動し、だいぶ免疫力を高めることができた。

Daidogei012
ガラス球の曲芸、というよりも指のしなやかさに驚く

« クサカゲロウ | トップページ | 葉玉葱のぬた »

コメント

こんな風にやってたんだあ・・・
一度は行ってみたいです。
でも人がいっぱいだね。

こんな風によく見られないんだよね。
ありがとうございました。

投稿: | 2008.04.28 08:02

↑ 名無しは、愛子ですぅ
あやしいものではありませぬ。
まぬけなだけです。
失礼しました。

投稿: 愛子 | 2008.04.28 08:05

★愛子さん、
本当にすごい人でした。
まずプログラムを入り口付近でもらって
好きな出し物を選び、それから始まる10分前
ぐらいにその場所に行って陣とることですね。
お尻の下に引くマットか折り畳み椅子などが
あれば最高です。欲張ると何も見られません。
よく笑えますし、感動できます。(^-^)

投稿: ripple | 2008.04.28 08:54

うわぁ、よく撮れてますね!たのしそうっ!
みんな技術があって凄いのに、何故か一番、私がうけたのはゲルニカの青いカーディガンのお姉さん。一般人の人?ぽいのに照れてないところがかわいい!

投稿: かおる | 2008.04.28 17:47

★かおるさん、
こんにちは、レスありがとうございます。
ゲルニカは観客5人が参加しての大舞台です。
最初の小学生(台の上の子)は長いこと同じ
格好でいたので、背中がつってしまいましたよ。
キャラクター的には一番右端のお兄さんが
いちばん面白い人でした。

ゲルニカは、ピカソが戦争の悲惨さを描いた
絵で、大道芸人は密かに反戦運動をしている
のかもしれませんね。
 他には、ムンクの叫び、ロダンの考える人、
円盤投げ、ボッティチェリーのヴィーナス、
モナリザなどを演じていました。

投稿: ripple | 2008.04.28 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クサカゲロウ | トップページ | 葉玉葱のぬた »