« 神の造るものは | トップページ | 作品31 »

2008.03.26

かたくりの里

インターネットで、かたくりの花が見頃だというのを知った。「かたくりの里」というのが神奈川県の城山町にあるらしい。JR横浜線の橋本駅北口から、この期間だけ臨時バスが出ているというので行ってみた。

Katakuri003

Katakuri31

かたくりの里

朝7時前に家を出て、自転車を京王稲田堤駅前の駐輪場にあずけ、7時26分の電車に乗り、橋本に着いたのは7時48分だった。臨時のかたくりの里行きの直行バスは8時から30分おきに出るといので、ちょうどいい。朝一のバスなので乗客は7人しかいなかった。20分ぐらいで目的地に着いた。入場料300円を払って園内に入る。車の駐車場もあって、駐車料は無料になっている。

Katakuri002

Katakuri018

入口付近にはヒメコブシやミツバツツジなどが咲いている。かたくりの花は何度か見たことはあるが群生しているのはここで初めて見た。なかなか壮観である。朝早く行ったのは、花が開ききってしまう前に行きたかったからだ。午前中がいいとホームページにも書いてあった。 開ききると花びらが重なり、絵にならないのだ。おかげで、花が開いてゆく過程もよく観察できた。

Katakuri006

3時間近く遊んだが、かたくりの花のほかにも、ミツマタ、ミツバツツジ、ヒカゲツツジ、、コブシ、ヒメコブシ、ムラサキハナナ、コシノコバイモソウ、ショウジョウバカマ、日向ミズキ、ネコノメソウ、ニリンソウ、セツブンソウ、菊咲イチゲ、シラネアオイ、ユキワリソウ、シュンランなど、いろんな種類の花を見ることができた。帰りにはすごい人の数になった。土日は4000人を越える訪問者があるそうだ。

Katakuri015

Katakuri014

Katakuri012

Katakuri020


« 神の造るものは | トップページ | 作品31 »

コメント

おはようございます♪こちらの事は他のブログでも
紹介されていて、行きたいなあと思っていました。
こんな可憐なカタクリの花の群生。素晴らしいですね。
ネコノメソウが気になります(^^♪
まるで高山植物のオンパレードでワクワクです。

投稿: ミモザ | 2008.03.27 06:53

★ミモザさん、
インターネットで開花を知った人々が押しかけ、
平日なのにお昼ごろはすごい人出になりました。
土日は4000人以上がやってくるとのことです。
そうなんです、かたくりの花だけでなく、いろ
んな花が見られるので長い時間あそべます。
ポット植えのカタクリを買おうとしましたが、
育てる自信がないので諦めました。despair

投稿: ripple | 2008.03.27 08:59

カタクリの花、こんなに沢山の色が有るとは知りませんでした、目立たず、其れで居てしっかりと自己主張をする、可憐ですね、先生の写真を撮っている姿想像して、腰を心配しましたよ、相当、ローアングルですものね、

投稿: 10月のマルコ | 2008.03.27 11:50

★10月のマルコさん、
おっしゃる通り、ローアングルなのでつらいところですが、
斜面に咲いている花を下から狙えばなんとかなります。
マットを敷いて、這いつくばって撮っている人もいました。
カタクリの花は瀟洒な貴婦人のようで素敵でしょう?

投稿: ripple | 2008.03.27 12:15

shoe 今はインターネットで調べて行かれるので便利になりましたね~私は15年ぐらい前に2回ほど訪ねたのですが~一度は盛りでしたが、もう一度はちょっと盛りをすぎていました・・・入場料は変わらないですね!個人の山で、よく、これだけのカタクリを育てているものだと感心します。
あの頃よりもっと数も増えて見ごたえがあるでしょうね~
繊細なカタクリの花、とても美しく撮られています・・・

投稿: namiko | 2008.03.27 13:18

★namikoさん、
30万株のカタクリがあるというのですから凄いですね。
山野草もいろいろあって、なかなか魅力的な場所です。
それにしてもカタクリの花というのは妖艶ですねえ。

投稿: ripple | 2008.03.27 15:38

かたくりを山の中で見たいと思って探してみましたが、
もはや自生しているところはそう簡単に見つけられないよう
です。

投稿: lampt | 2008.03.29 00:56

★lamptさん、
山が少なくなってきたことと、プロの人たちが採って
いってしまうのではないでしょうか。シュンランなども
昔は踏みつけるほどありましたが、いまは貴重です。
こういうふうに保存しなければ絶滅してしまいますね。
カタクリの里は4月6日まで、直行バスが出ていますよ。

投稿: ripple | 2008.03.29 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神の造るものは | トップページ | 作品31 »