« What a wonderful world ! | トップページ | 歯みがき »

2008.02.26

素粒子の向こう

素粒子の向こうは
無である
ブッダは
これを
自分のからだで体感した

自然の作るものは
ひとつとして
同じものがない
それがすべて
傑作ぞろいときた

受け容れる
ということを
実行できれば
いさかいは
解けるものだ

天才も
バカも
凡人も
生きて死ぬ
可もなく不可もなく

同じような
くしゃみを
耳にして
おお、君も
花粉症か

« What a wonderful world ! | トップページ | 歯みがき »

コメント

花粉症の歌もいいですね、今の季節にピッタリです、3首目受け入れる事の、重要性と難しさをよく感じる歌です、

投稿: 10月のマルコ | 2008.02.27 18:25

★マルコさん、
レスありがとうございました。
素粒子の向こうが非物体であることは、わたしも
ヴィパッサナー瞑想で体験しました、それを詠んで
みました。 受け容れるというのは、相手や周囲の
環境の場合もありますが、自分の現況を受け容れる
ということが一番でしょうか。

投稿: ripple | 2008.02.27 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« What a wonderful world ! | トップページ | 歯みがき »