« 立春あけの多摩川 | トップページ | 快眠枕 »

2008.02.05

やさい鍋

のぼりとゆうえん隊の主催で「やさい鍋」の会が開かれた。参加者は隊員と準隊員、それに登戸と遊園に関心のある人、住んでいる人など自由である。午後7時ごろ会場に行ってみたが、初対面の人ばかりだった。学生さん、絵の先生、ワラ細工保存会の方、通りすがりの人、ダンサー、野菜農家の方、八百屋さん、設計士、不動産屋さんなど様々だ。

P94
鶏肉以外は全部野菜

P500
鍋を囲み話がはずむ

それでも鍋を突っつき、アルコールが回ってくると、みんな打ち解けて話に花が咲いた。大根、ホウレン草、白菜、サツマイモ、菜の花の菜、エノキ、シメジ、マイタケ、それに鶏肉の鍋だ。ポン酢や柚子の絞り汁で食べたが、冬野菜の甘いことといったらない。うちからは玄米のミニおにぎりを差し入れした。うどんなども入れて、もう腹いっぱいになった。

P511
ワラ細工の達人が、枯れた長ネギで縄をなってみせる

P505

ワラ細工保存会の人は、ネギの枯れた部分を使って縄を編んでみせてくれた。鮮やかな手つきである。農家の方にはイチゴ栽培の苦労を聞いた。植物に多少とも危機感を与えるのがよい結果を得るコツだ、というのが面白かった。いろんな人に逢えて刺激的な夜だった。

« 立春あけの多摩川 | トップページ | 快眠枕 »

コメント

本日はお声かけ頂き有り難うございました!
不動産屋さんです(笑)
また・・・ご来店いただきました時は、込み入った内容の電話をしており、会話を交わすことなく・・・申し訳ございませんでした。
後半戦、盛り上がったようですね!
今度はゆっくりお邪魔させて頂こうと思います。

投稿: ひでちゃん | 2008.02.06 00:15

★ひでちゃん、
とつぜんお邪魔して、しかもその日の夜の集会に
よくおいでくださいました。わたしたちも少し
早めに帰りましたが、そのあとアートプロジェクト
のスライド映写などがあったようです。
ひでちゃんは全員が初対面でしたから、面食らった
でしょうが、人脈を増やすことはいいことですね。

投稿: ripple | 2008.02.06 12:50

植物に多少とも危機感を与えるのがよい>
素晴らしい言葉ですね、成長期は副交感神経が過剰優位になるので、多少厳しくするのが良いのでしょうね、植物も寿命がありますから、高齢になると、厳しくすると枯れてしまいますので、暖かい手を差し伸べるのが必要ですね、

投稿: 10月のマルコ | 2008.02.06 15:52

へぇ~、rippleさんにして知らない人
ばかりだなんて、面白い会ですね^m^
普通の鍋を使っているのがいいですね。
殆ど野菜ばかりのお鍋は好みです。

投稿: ミモザ | 2008.02.06 22:01

★マルコさん、
人間もあんまり満たされているより、多少苦労したほうが
つよく逞しくなりますね。明治大正生まれの人はつよい。
いまの人は甘く、わがままになっているように思います。

★ミモザさん、
ひょっとすると、合コンていうのはこんな気分かなと
思いましたよ。(^-^) それでも、分野の違う個性的な
人たちとの出会いは楽しいものです。
野菜のスープのあまさといったら驚くばかりです。
人間も厳しさが強い人をつくるのだなと思いました。

投稿: ripple | 2008.02.06 23:56

rippleさん
先日は、予想以上にバラエティに富んだ面々が参加して、楽しい会でしたね。
こういう会をきっかけに、さらに面白い活動へと広げていきたいですね。
近いうちに、ワラ細工講習会と、地元の農家さんめぐりツアー企画を実現させたい!です。

奥様のおにぎり、ごちそうさまでした。かわいらしくって、おいしかったです(^^♪

投稿: はせぴょん | 2008.02.08 00:08

★はせぴょんさん、
上にも書いたけど「合コン」みたいでしたね。
いろんな活動をしている方がいて楽しかったですね。
ワラ細工講習会と農家ツアーはいいアイデアですね。

おにぎり、アクセントになって嬉しいです。
冬の野菜は本当に甘いですね。驚きました。

投稿: ripple | 2008.02.08 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立春あけの多摩川 | トップページ | 快眠枕 »