« 雪道の歩き方 | トップページ | 雪だるま »

2008.02.09

バード・ウォッチング

Ikaru
イカル、5年前に生田緑地で撮ったが、それ以来見ていない。

ここ数日、いままで撮影した野鳥の種類を調べようと、パソコンに収めた写真をプリントアウトしてみた。そうしたら、いままでのところ64種類になった。これにオスメスの違いが加わり、赤ちゃん、幼鳥などが加わると、けっこうたくさんの種類の鳥を見てきたことになる。

ア行
アオゲラ、アオサギ、アオジ、アカハラ、イカル、イカルチドリ、
イソシギ、イソヒヨドリ、ウグイス、ウソ、エナガ、オオタカ、
オオバン、オオヨシキリ、オナガ、オナガガモ  (15)

カ行
カイツブリ、カケス、ガビチョウ、カルガモ、カワウ、カワセミ、
カワラヒワ、キアシシギ、キジバト、キセキレイ、キンクロハジロ、
クイナ、クロジ、コアジサシ、ゴイサギ、コガモ、コガラ、
コゲラ、コサギ、コジュケイ、コチドリ、コハクチョウ (22)

サ行、タ行
シジュウカラ、ジョウビタキ、シロハラ、スズメ、セグロセキレイ、
センダイムシクイ、ソウシチョウ、ダイサギ、チュウサギ、ツグミ、
ツバメ、ドバト、トンビ (13)

その他
ハクセキレイ、ハシビロガモ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、
バン、ヒドリガモ、ヒヨドリ、ヒレンジャク、ホシゴイ、ホシハジロ、
マガモ、メジロ、ムクドリ、モズ、ヤマガラ、ユリカモメ (14)

Kawau
カワウの飛翔

まだ、ルリビタキ、キビタキ、ベニマシコ、アカゲラなどを見ていない。海の鳥もほとんど見ていない。楽しみは尽きない。近場のほんの一部であるが、それでも今では飛び方や鳴き方で、ある程度、鳥の種類が分かるようになった。継続は力である。

« 雪道の歩き方 | トップページ | 雪だるま »

コメント

ま~~rippleさん!
凄い数の鳥を写されましたね。
驚きました。
私もこの3年間で ずいぶん写真がたまっていますが、でも同じ鳥ばかり写しています。
鳥撮りは本当に楽しいですね。

投稿: sakura | 2008.02.09 19:20

★sakuraさん、
わたしは5年ぐらいになりますが、野川の他に
生田緑地、寺家、神代植物園、近所などで鳥を
撮っています。そして、きょう鳥の種類を数え
たら、なんと64種類にもなりました。
 
それでも、見たい鳥はまだたくさんあります。
ま、それだけ楽しみがあるというわけです。(^-^)

投稿: ripple | 2008.02.09 20:50

カワウの飛んでいる姿、とてもくっきりときれいに撮れてますね。カメラもいいんだと思いますが、やはり瞬発力も影響しているように思います。(ちなみに私はカワウについては水辺でじっとしているところしか撮ったことがないです)

鳥の名前はどんどん覚えたいので、こちらのブログのこれからも楽しみです。

投稿: 中谷京華 | 2008.02.10 21:36

★中谷京華さん、
鳥の飛んでいるところを撮るのは難しいですね。
連写でたくさん撮れば、ひとつぐらい撮れてる
ってことが多いですね。カワウは濡れた羽を広げ
て乾かしている姿が滑稽です。水に深く潜るので
油分が少なく、濡れた羽を日光で乾かしている姿
なんて、笑えますよ。(^-^)

投稿: ripple | 2008.02.11 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪道の歩き方 | トップページ | 雪だるま »