« 雪だるま | トップページ | カット戦争 »

2008.02.11

第六天神のお祭り

毎年、2月11日の建国記念日には地祀りしてある第六天神様の感謝祭を行っている。数日前から準備をして15人前後の人寄せとなるが、いつも楽しいひとときとなる。ことしは参加者が少なく14人だった。

Dai6ten昔は神主さんを呼んで祭事を執り行ったが、もう15年以上になるだろうか、わたし自身が祭主となってお祭りを行っている。第六天神様には、お神酒、米、塩、野菜果物、鯛一尾、赤飯などを供え、京子が大祓いの祝詞をあげ、わたしがお榊でお祓いをし、さらに感謝祭の祝詞をあげる。そのあと、参列者が玉串を奉献し、お下がりのお神酒で乾杯をした。

Dai6ten2_2ずっと寒い日が続いていたが、今日は暖かく、おだやかな天気だった。料理は登戸「柏屋」に仕出しを頼んだ。それから食事会だ。毎年、少しずつ顔ぶれが変わるが、それぞれ近況報告をしたりして歓談した。デジカメで撮った写真を、先日買ったエプソンの「カラリオme」でプリントして配った。けっこう仕上がりのいい写真になった。

02 おみやげには香雲堂の「古印最中」を一箱持っていっていただいているが、これは足利の銘菓で逸品である。以前、よそから戴いたことがあり、それ以来この最中もなかが大のお気に入りである。最中なんかと思う人も、この最中はうまいと絶賛する。べつに香雲堂からコマーシャル料をもらっている訳ではない。

« 雪だるま | トップページ | カット戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪だるま | トップページ | カット戦争 »