« ミニシクラメン | トップページ | 水生植物園 »

2008.01.09

深大寺そば

深大寺に初詣に行き、水性植物園に寄って鳥見を楽しんだ。というより、バードウォッチングに行き、鳥見をさせていただくために深大寺にお参りしたというほうが正しいかもしれない。新年も9日、しかも平日となると、だいぶ参拝者の数も落ち着いてきた。去年は成人の日に行ったので、すごい人だった。

Jindai002
深大寺の境内にある「蕎麦のすすめ」の碑

祈祷殿の前に賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)という木彫りの象が据えてある。「おびんずるさんは、インドの僧侶で医学的にも大変すぐれたお力をもっていました。大勢の病人を救ったところから、悪いところをなでると『病気平癒』の霊験があると古くからいわれています」という説明がついていた。巣鴨の地蔵さんの境内にある「洗い観音」のようなものだ。京子はひざと目を、わたしは頭と背中、腰をなでて祈ってきた。

Jindai009
おびんずるさん

門前にはたくさんの店がならんでいたが、やはり、いちばん多いのは「深大寺そば」の幟だ。まんじゅうや田楽、お焼き、甘酒などを売る店も多い。鬼太郎茶屋があるのは知っていたが、前回は混んでいたので初めて店内に入った。いろんな妖怪グッズがところ狭しと並んでいた。水木しげるの妖怪は、どれも愛嬌がある。

Jindai003
鬼太郎茶屋

いとこから『多聞』のそばが美味しい、と聞いていたので行ってみた。外の椅子に、7、8人の客が腰掛けて待っていた。なるほど、うまいのだろうと予感させる。ふたりで多聞ソバを頼み、つまみに野草のてんぷらを注文した。これが噂に違わず美味しい。手打ちの作りたてで香りがいい。量もじゅうぶんだ。お茶も美味しいし、店員の接客もいい。「商売のコツは簡単ね。お客さんを喜ばせればいいのだから」と京子がいう。

Jindai005
多聞(たもん)、入口

Jindai007
多聞そば(二八そば)

Jindai008
野草のてんぷら(蕗の薹、タラの芽、ウド、ミョウガ、三つ葉など)

それから、水性植物園に入った。ジョウビタキ♂、ヒヨドリ、ウグイス、コサギ、キセキレイ、モズ♀、アオジ、シメ、シロハラ、などが観察できた。鳥の写真はあしたアップしよう。

« ミニシクラメン | トップページ | 水生植物園 »

コメント

僕は・・・
前職時代に、同僚から深大寺そばで
超大盛りで有名なお店(名前は忘れましたが・・・)
に連れて行かれて以来・・・
深大寺そば・・・苦手です(笑)
正直・・・トラウマです(爆)
やっぱり・・・地元のさらしんが大好き・・・
でも・・・情緒はありませんが・・・

投稿: ひでちゃん | 2008.01.10 02:26

★ひでちゃん、
それは、まさにこの「多聞」ですよ。
大盛りを頼んでいる人のソバを見たら、びっくり。
ちょうど三倍あるそうです。大盛りを食べている
人もけっこういましたよ。満足そうでした。
わたしも中盛ぐらいなら行けそうですが・・・。
そばは香りがよかったですよ。

投稿: ripple | 2008.01.10 13:33

多聞のソバですね、覚えておきます、天麩羅も美味しそうですね、鬼太郎茶屋も知りませんでした、是非行きたいですね、

投稿: 10月のマルコ | 2008.01.10 15:05

深大寺蕎麦ってとっても有名ですよね。
私も頂いたことがあります。スーパーものですが^_^;
こちらの風情は堪りませんね。大好きだなあ。
野草の天ぷらが美味しそう!
私も春になったら、いろんな野草の天ぷらを
する事にしましょう。あぁ、羨ましい(^.^)

投稿: ミモザ | 2008.01.10 15:31

★マルコさん、
大盛りが運ばれて行くのを見て、ひっくり返りそうでした。
ほんとに、てんこ盛りなんです。若い人にはたまりません。てんぷらもおいしく、値段も良心的だと思います。

★ミモザさん、
蕗の薹のにがみを味わって、一足先に春でした。
じつは、帰りがけにもう一度「多聞」に入って、
京子はクリームあんみつ、わたしはおしるこを
たべました。座ると出されるお茶も、あれっと思う
ぐらいおいしいし、お替りの気も使ってくれます。
多聞は「たくさん聞いてくれる」店でした。

投稿: ripple | 2008.01.10 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニシクラメン | トップページ | 水生植物園 »