« 焚き火 | トップページ | 新年会 »

2008.01.01

霜柱かがやく

朝はかなり寒く、庭には厚い霜柱が立っていた。先日雨が降ったおかげで、地面に水分が多かったせいもあるだろう。みごとな氷柱が小石を持ち上げていた。それが朝日を受けて輝いている、

Simobasira

寒気に
力をもらって
ぐいっと
背伸びをする
氷柱群

« 焚き火 | トップページ | 新年会 »

コメント

なんだか芸術的ですよね。
綺麗なところを口に含んでみたいような
気がします。

投稿: ミモザ | 2008.01.01 22:59

自然の神秘・・・

綺麗ですね

昔、霜柱をザクザクと踏みしめた心地よい音
が今も心に刻まれています

あの音を聞くと、幼き日々にタイムスリップ

投稿: ひでちゃん | 2008.01.02 08:46

★ミモザさん、
5センチぐらいはあったと思います。
あとはぐちゃぐちゃになってしまいますが、
霜柱をザクザク踏んで歩くのは楽しいです。

★ひでちゃん、
わたしは今でもしょっちゅうやってますよ。
雪を踏むより、ザクザク感がありますね。

投稿: ripple | 2008.01.02 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焚き火 | トップページ | 新年会 »