« 深大寺そば | トップページ | 作品22 »

2008.01.10

水生植物園

Jindai001

きのう深大寺の水生植物園で撮った野鳥の写真を、何枚か載せよう。いちばん先に見つけたのはジョウビタキのオスだったが、すばしっこいし、すぐどこかに行ってしまったので、ピンボケなってしまった。証拠写真だ。それから高い木の枝に来たのがシロハラ。

Jindai016
ジョウビタキ♂

Jindai012
シロハラ(ツグミ科)

水辺の藪に何か動くものがいたので撮ってみたら、ガビチョウのようだった。しかし、双眼鏡で見ていた京子が「あれはウグイスよ」と言う。そういえばジャッジャッという地鳴きが聞こえる。何枚か撮ってみると、なるほどウグイスが写っていた。そこにコサギの若鳥が飛来してきて、魚を採りはじめた。足で泥を小刻みに揺すり、魚を追い出して口ばしでついばむのである。コサギの仕草は見ていて飽きない。

Jindai022
ウグイス

Jindai023
ウグイス

Jindai011
コサギの若鳥

奥のほうに歩いてゆくと、高い木に何かが飛んできた。口ばしの格好からみると、どうやらシメらしい。短い嘴で硬い木の実などを食べるのである。それから湿地の潅木にはアオジが見つかった。

Jindai014
シメ

Jindai013
アオジ♂

Jindai017
アオジ♀

こんどは水辺に、キセキレイが水草を啄ばんでいた。いつ見ても、美しい鳥である。モズのメスも見つかった。木の枝に止まり、ゆっくり尻尾を回す姿がかっこいい。モズのメスは本当にかわいい顔をしているが、嘴はカギ型をしており、肉食なのである。去年、カメラマンたちの目の前で、モズがジョウビタキを襲ったという。自然界は甘くない。

Jindai019
キセキレイ

Jindai020
モズ♀

Jindai021
モズ♀

できればエナガの写真を撮りたかったが、充実した一日だった。

« 深大寺そば | トップページ | 作品22 »

コメント

冬の水生植物園初めてみました、いつもは菖蒲の咲く頃
に行きます、野鳥が多いのには驚きです、やはり先生の眼は、野鳥にとっての鷹の眼です、発見が早いですね、D300慣れましたでしょうか、

投稿: 10月のマルコ | 2008.01.10 15:07

やはり、これだけの自然があると小鳥たちが
寄るのですね。
rippleさんはパッと見て、小鳥の名前が
分かるのですね。すごいなあ。
私はシロハラ以外は名前だけ知ってました(^^ゞ

投稿: ミモザ | 2008.01.10 15:35

★マルコさん、
植物園のほうは、深大寺の深大を使わず、
なぜか「神代植物公園」と書くのですね。
もともと、音はジンダイだったのでしょう。
植物の葉がない今が野鳥撮影のチャンス
なのです。(^-^)

D300は1割ぐらいの機能しか使っていません。

★ミモザさん、
もう5年ぐらいバードウォッチングをやって
いますから、自然に覚えていきました。
ウグイスはいつもほとんど偶然、写っていた、
という感じです。(^-^)

投稿: ripple | 2008.01.10 18:13

すごいですね~こんなにいたのですね~
アオジは初めてみました。シメの口ばしはブンチョウに似てますね。モズは以前、こちらで見せていただきましたが~何度、見ても可愛い・・・です。

投稿: namiko | 2008.01.10 20:59

★namikoさん、
アオジは暗いところが好きで、見つけにくいですね。
それでもウグイスよりは簡単です。他にもメジロや
シジュウカラがいましたが、いい写真が撮れません
でした。ほんとにモズはかわいいですね。(^^)

投稿: ripple | 2008.01.10 22:21

深大寺に行けばこんなに鳥が居るのですね。凄い収穫で良かったですね。
鶯まで写されて、、、驚き!

投稿: sakura | 2008.01.11 11:53

★sakuraさん、
コゲラやツグミの声がしたけれど、姿は見えませんでした。
ウグイスは例によって「ラッキー」でした。(^-^)
人は花の咲く時期に行くのに、鳥見族は枯れ木のころが
チャンスですね。寒いけれども。

投稿: ripple | 2008.01.11 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深大寺そば | トップページ | 作品22 »