« ひよどり | トップページ | 深大寺そば »

2008.01.08

ミニシクラメン

Cyclamen2

去年の11月ごろに買ったミニシクラメンが、まだ元気に咲いている。蕾が次から次へと上がってきて、真っ赤な花を咲かせてくれる。シクラメンという花は下向きに咲き、花びらを反らせるようにして上にまとめていく。西洋名ではブタクサなどとも呼ぶそうだが、和名は「かがりびばな」だ。篝火の炎のように見えるからだが、なかなかお洒落な名前ではないか。このごろは色も種類が増え、ちりめんもあれば八重もある。このミニシクラメンなんか外の寒さにも強いし、部屋の暖房にも負けない。

強いといえば、きょう夕方みえた患者さんは肩こりがひどかったが、お正月休みを利用して一人でモロッコを旅してきたという。あのカサブランカやマラケシで有名なところだが、広い砂漠の、しかもイスラム教の国である。バックパックを背負って、かたことの英語とフランス語で、あちこち旅をしてきたという。おとなしそうに見えるが、やることがでかい。最近の女性はいろんな意味で強くなった。男性が弱くなったのかもしれない。世の中、人間が中性化していく傾向があるようだ。

うつむいてはいるが
人目を気にすることもなく
ひたすら自分を
咲ききろうとする
健気なシクラメン

« ひよどり | トップページ | 深大寺そば »

コメント

ミニシクラメン、私のところでも二年目ですが次から次に花目を出して咲いております。
健気に強いですね。

娘の幼稚園からの友が、やはり一人で暮れから
スイス、パリと旅行して遊びに来てくれました
本当に気弱な娘さんなのですが、世界旅行は
一人で出かけていきます。
やっぱり強いのでしょうね。まだ独身で頑張っておりますよ。何時も応援しているのですが。

投稿: スィートピー | 2008.01.08 22:32

先生の学生時代、世界中旅する若者多かったと思います、留学を除き、貧困旅行に今は過保護で行く人少ないですが、それが将来、役立つと思いました、

投稿: 10月のマルコ | 2008.01.09 10:05

★スィートピーさん、
男一人ならともかく、若い女性が一人では心配ですね。
でもまた、そういうところに行く人は、ひ弱そうに見え
ても、大胆というか、大らかというか、頓着しない所が
あって、なんとかなっちゃうんですね。

★マルコさん、
わたしも貧乏旅行をしましたよ。当時はユーレイルパスが
特急にも乗れたので便利でした。レストランなんか行かず、
スーパーでパンやハムなんか買ってきて済ませました。
あと、ヨーロッパはユースホステルがたくさんあるので
助かりましたね。安い宿は、またそこで情報を得る。
失敗もみな楽しい思い出になりますね。

投稿: ripple | 2008.01.09 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひよどり | トップページ | 深大寺そば »