« アレクサンダー・テクニーク | トップページ | えっ、これ袖? »

2007.12.16

サラ・バーカー先生

きょうも京子と、「アレクサンダー・テクニーク」のセミナーに出るため新宿に行った。きのうより寒い。わたしはトレーナーの下に「あったかベスト」を着ていったが、一日中それを着ていても暑くはならなかった。

サラ・バーカー先生が、きのうのセミナーで生徒が履いていた五本指の靴下にえらく興味を示していたのを思い出し、西口地下街の小物売り場で三足セットを買ってプレゼントした。デパートはまだ開いていなかったのでデザインの種類は少なかったが、案の定、先生は大喜びだった。

わたしは、30年ぐらい前に手に入れた『姿勢術』というアレクサンダー・テクニークの本を持って行った。著者はサラ・バーカー先生。わたしはその本を気に入り、正しい姿勢の要点をまとめてポスターを作り、それを自分の治療室に貼ってある。その写真を見せると先生はとても感激し、著書にサインをしてくれた。

Alex1

Alex2
「この本が役に立ってよかったわ」 サラ・バーカー 12月16日、2007年。

この本は改訂版が出ている。改めて翻訳しなおして『アレクサンダー・テクニーク入門!』というタイトルになっている。副題に「能力を出しきるからだの使い方」とある。さらに帯には「世界でいちばんやさしいアレクサンダー・テクニークの本。ムリのないムダのない歩き方・立ち方・座り方・横になり方・食事の仕方・歯をみがく・階段ののぼりおり・扉をあける、などなど」とある。そちらのほうにもサインしてもらった。

Alex3

Alex4
「いっしょに勉強できて、楽しかったわ」 同。

本でもある程度理解できるが、ワークショップで実技中心に教えてもらうと、その違いは雲泥の差である。セミナーに出てよかったと、つくづく思う。

→AKA:アレクサンダー・テクニーク・アソシエイツ

→陽気堂はり治療室のHP:よい姿勢=上に伸びる

« アレクサンダー・テクニーク | トップページ | えっ、これ袖? »

コメント

こういう経緯があったのですね。
それは先生はお喜びだったでしょうね。
やはり、これは実技体験が一番身につくように
思います。
姿勢が悪いとろくなことがありませんね。
五本指の靴下には笑えました。

投稿: ミモザ | 2007.12.17 23:20

★ミモザさん、
そうなんです。30年ぶりの出会いなのです。
別れ際には "Oh, my sisiter. Thank God" と
言って、かたくハグをしましたよ。

みなさんも、これからは何をするときでも
「頭を肩から浮かす」ように意識してくださいね。
そうすれば、神経系統も循環器系統も活性化して
より健康な毎日を過ごすことができますよ。(^-^)

投稿: ripple | 2007.12.18 08:58

分かりました。努力の末に体得されたコツを
分け与えて下さって感謝します。
夫が一番恩恵を頂く事になるでしょう。

投稿: ミモザ | 2007.12.18 10:08

★ミモザさん、
姿勢が上に伸びると、精神的にも積極的になります。
落ち込んでいるときは、からだも心も、文字通り、
落ち込んでいます。心とからだは一つ。
当たり前のことですが、しかし面白いですよね。

投稿: ripple | 2007.12.18 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アレクサンダー・テクニーク | トップページ | えっ、これ袖? »