« 公孫樹の黄落 | トップページ | 野川の鳥たち »

2007.12.02

野川初冬

きょうから12月。治療室では患者さんにタオルを配り始めた。治療室の電話番号を染め抜いてあるから宣伝用ではあるが、いちばん質のいいタオルなのでみんなに喜んでもらえるのがいい。力仕事をする人には二枚あげたりしている。

午後2時ごろ、久しぶりに野川に出かけた。ニコンD300に望遠ズーム80㎜-400㎜VR(手振れ補正付)をつけるとけっこう重いが、これぐらいまでなら三脚を持たなくてもすむから文句は言えない。400㎜までもっていくと、さすがに手ブレが多くなるが、たくさん撮ればたまにはいいのも撮れる。

野川は両岸の桜がきれいに紅葉していたが、半分以上はすでに散っていた。どうだんツツジの紅葉がみごとである。葦も枯れて、ススキの穂が棉アメ状態になって揺れている。ここでは野川の景色だけを載せ、野鳥は別の項にしてアップしよう。ここの写真は広角なので、ぜんぶパナソニックのLUMIX-FZ30で撮影したもの。

Shotou1
野川、喜多見側

Shotou2
ドウダンツツジが真っ赤

Shotou3
両岸の桜の紅葉

Shotou4
飛んでいるのはユリカモメ

Shotou5
野川、成城側

Shotou6
小田急線喜多見駅


« 公孫樹の黄落 | トップページ | 野川の鳥たち »

コメント

何だか嬉しいですね。
全部何処を写されたか解るのですから・・・
今日は日曜日で土手にも人が出ておられたのですね。
目の前と言うのに、、こうして見せて頂くのも
また楽しいことです。有難う御座いました。

投稿: sakura | 2007.12.02 19:24

奥行き有る写真ですね、季節感もありますね、秋は本当に良い季節です、全てが成就し、種をつけ、次世代に残す、季節、申し分無い季節ですね、駅のホーム人がいないのは、珍しいですね、綱島は、日に8-10万人程、乗り降りするので、絶えず人がいます、私の治療室では、小さなカレンダー配りました、そういえば、以前先生の広告の品、カナケンのカタログでみました、カードのようでしたね、

投稿: 10月のマルコ | 2007.12.02 21:27

かもめは海辺にしかいないのかと思ってました。
写真季節を感じられてすごく素敵です( ^▽^)

投稿: うさ | 2007.12.02 23:52

タオルを配る?
手ぬぐいぐらいがうれしい持ち歩くのに荷物になるから
さてこの風景撮影の瞬間がいい気持ちですねいってみたい

投稿: みちこ | 2007.12.03 07:32

野川の全景?が見られました。そんなに大きくないけど
美しく保たれていますね。
ここだったら鳥さんも喜んで来るだろうと感じました。
年末は患者さんにタオルを配っていらっしゃるのですね。
夫が通っている鍼灸医さんのところはないですよ~^m^


投稿: ミモザ | 2007.12.03 08:26

★sakuraさん、
野川も晩秋から初冬に入り、だいぶ景色が変わってきましたね。
久しぶりに行ったので、その光景におどろきました。きたみ
ふれあい公園でも、たくさんの人が遊んでいました。

★10月のマルコさん、
これも広角で撮りました。あとで野鳥の写真を載せますね。
ちょうど電車が行ったおとだったこと、それに寒いので他の
お客さんは待合室に入っていたようです。
ああ、あれね、あれはレンズカードです。カードのように薄い
拡大鏡でした。

★うささん、
多摩川にもたくさんいますよ。飛行範囲なのでしょうね。
セグロカモメもときどき見られます。

★みちこさん、
手ぬぐいね、考えて見ます。
絶え間なく落ち葉が散って、すこし寂しいですね。

★ミモザさん、
そうなんです、あまり大きな川でないので野鳥の写真を
撮るのにいいのです。多摩川のように広い場所だと
いったん逃げた野鳥を追うのはたいへんなのです。
タオルは感謝のしるし、というか宣伝です。(^-^)

投稿: ripple | 2007.12.03 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公孫樹の黄落 | トップページ | 野川の鳥たち »